暗殺教室163話のあらすじやネタバレは?読んだ感想も

暗殺教室163です。

162話を振り返ると、
無事に第2志望までの進路にみんな受かり、卒業アルバムの写真を撮ろうと殺せんせーが言い出して最後には世界一周をして写真を撮りに行きました。kkokokop⇒暗殺教室162話のあらすじやネタバレは?読んだ感想も

ここからはあらすじやネタバレを書いていきます。
まだ本編163話を読んでいないと言う人はご注意ください。

暗殺教室163話「確定の時間」。
さっそく行ってみましょう。

スポンサーリンク

暗殺教室163話のあらすじやネタバレ

世界30ヵ国をたった1日で回って帰ってきました。

何万枚撮ったのかわからないほどで、撮っては移動を繰り返したようでみんなヘトヘトでした。

なぜそこまで卒業アルバムごときに頑張るのかについて殺せんせーは、

「楽しいからですよ 楽しいからこそ手間暇かけて工夫して力の限りで取り組めるんです」
hlhljjlkj
「まずは自分が楽しむことです 皆さんもそういう場所を見つけて下さい」

そう言われて渚は、
正しい刃の使い方はわからないけど教えている生徒の頑張っている顔が見られるなら、きっと僕は頑張れるし楽しいだろうと先生になることを決断します。

殺せんせーのような先生になりたいと。

渚も暗殺の才能は先生の仕事に必ず役に立つと、第2の刃に背負って第1の刃を磨いていくんだと悩みもなくなり先生を目指すために頑張る決意をしました。

烏丸先生は、
その姿を見て殺せんせーのおかげで多くのことを学んだことを認めます。

ですがそれと仕事は別です。

殺せんせーが校舎に残っているのを暗殺プロジェクトに報告します。

「最終暗殺」を今夜発動すると、
宇宙衛星のようなものからビームで校舎ごと打ち抜いてしまいます。

果たして殺せんせーはこれで殺せたのでしょうか?
そしてこれからさらに暗殺チームが動き出すのでしょうか?

暗殺教室163話のあらすじやネタバレはここで終わりです。

暗殺教室163話の感想

渚もついに先生になることの決心がついた回でしたね。

そして楽しかった生活にも終わりが告げられようとしています。

手始めに宇宙からのビーム攻撃ですね。
これはさすがに殺せんせーには効かないでしょう。
直撃すらしていないんじゃないでしょうか?
心配なのは卒アルの写真の方ですね。

これからは暗殺チームとのバトルに突入していくのでしょうか?

どのような展開になるのかも気になります。
今までずっと平和回だったのでギャップがすごそうですね。

最後に

ついに暗殺プロジェクトが動き出しました。
卒業前にさらなる波乱が巻き起こりそうです。

果たして殺せんせーは生き残れるのか、
E組の生徒たちはどうするのかが注目ですね。

⇒164話のネタバレや感想はこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする