暗殺教室158話のあらすじやネタバレは?読んだ感想も

はいやってきました暗殺教室158話です。

157話では、
殺せんせーに復讐に燃えている2人が殺せんせーを殺そうと準備している姿が描かれていました。
62a77c8c-s出典:http://onepiece-jump-manga.com/archives/1041016211.html

⇒暗殺教室157話のあらすじやネタバレは?読んだ感想も

ここからはあらすじやネタバレを書いていきます。
まだ本編158話を読んでいないという人はご注意ください。

暗殺教室158話「バレンタインの時間」。
さっそく行ってみましょう。

スポンサーリンク

暗殺教室158話のあらすじやネタバレ

岡野が勇気を出して前原に一緒に帰ろうと誘いました。
その日は2月13日でバレンタイン前日です。

2人で帰ろうなんて言うのは珍しいなと前原は話していて岡野の気持ちには気付いていませんでした。

ですがその帰り道を殺せんせーが後を付けているのには気付きました。
殺せんせーは常に生徒の恋愛ネタを狙っているのです。

なのでそれをチャンスと見た前原は岡野をカラオケに誘い、さらには岡野に内緒で殺せんせーを暗殺しようと仲間を呼びます。

カラオケの最中にバレンタインのチョコを岡野が渡そうとしたときに殺せんせーとE組の生徒が乱入してきます。
殺せんせーを殺すためのダシに使われたと分かった岡野は怒ってチョコごと前原を蹴り飛ばして帰ってしまいました。

kjhhjkhl

乙女心を踏みにじったということでコミュニケーションが大事なんだと、
殺せんせーは前原に宿題を出しました。

明日中に岡野の機嫌を直し、改めて彼女からチョコをもらわないと内申書にチャラ男と書くと。
本命校の受験を残している前原はなんとかそれだけは避けなければいけません。

散々謝っても許さない岡野。
謝っても無駄だと言う岡野に、
お前のことならこの一年で全部知っていると前原は言います。

全体的にガサツで脳筋だと言って怒らせるのですが、
興味もない女のカラオケハモリ全曲覚えていないだろうと言うと
岡野さんもそれを認め仲直りしました。

そしてチョコを渡そうかと迷っている女の子がもう一人いました。

茅野です。

茅野は渚にチョコを渡すことができるのでしょうか?

ここで暗殺教室158話のあらすじやネタバレは終わりです。

暗殺教室158話の感想

ついにやってきましたか恋のお話が。
今回描かれたのは伏線などもあった前原と岡野ですね。

申し訳ないですが私にとっては前座です。
なぜなら茅野と渚がちゃんとくっつくかどうかの方が気になって仕方がないからです。

茅野が誰に渡すんだとカルマたちに言われてびっくりして赤面している顔は良かったですね。
渚に渡そうか迷ってソワソワする茅野とかすっごく期待です。

これは間違いなく次は神回ですね。

渚と茅野は絶対くっついて欲しいので告白まで行って欲しいのですが無理かなぁ?

男らしく渚が今回も自分からさりげなく告白して、赤面しながら茅野が頷くという感じのシーンを期待してます。

暗殺コンビが来るのは3月だと行っていましたし邪魔にはならないはずです。
思う存分ニヤニヤさせてもらいたいですね。

最後に

殺せんせーに復讐を誓う2人が襲ってくるという緊張感からE組の生徒たちの恋愛話になりました。

これには待ってましたという人も多いのではないでしょうか?

来週は茅野が渚にチョコをちゃんと渡せるのか、告白あるのかなど見所たくさんとなりそうです。

暗殺教室158話のあらすじやネタバレ、感想でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする