カット野菜の消費期限切れはいつまで食べれる?加熱すれば良い?

カット野菜を買ったり注文したりしたけど結局食べてなくて消費期限切れになってしまったという経験をある人は多いんじゃないかと思います。

もともとカット野菜を頼む人は食材配達とかでメニューと違ったものを作ったり、余ってしまうということが多いですからね。

そしてカット野菜と言えば当然普通の野菜とは違ってすでにカットしてあるものですから、消費期限切れは食べていいのかどうかと心配になりますよね。

ではカット野菜は消費期限が切れてしまったら食べれないのかというとそうではないです。

実際にカット野菜の消費期限切れはいつまで食べれるのかと言うことと、加熱すれば食べてもお腹を壊さないのかどうかについても紹介したいと思います。

スポンサーリンク

カット野菜は消費期限が切れても食べられるの?

カット野菜は普通の野菜とは違ってすでにカットしてあって日持ちするような工夫がされているので、消費期限が切れてしまったものは危ないんじゃないかという意識は誰にもあるのではないかと思います。
出典:http://www.atari-ya.co.jp/contents/works/cut/

実際にカット野菜の消費期限が切れても食べられるのかというと、食べられます。


ツイッターなどで見ていると1週間前に消費期限を切れたカット野菜でも炒めたりして加熱して食べたという人もいました。

ではどんなカット野菜も消費期限が切れても食べられるのかというとそうではなくて、そのカット野菜が痛んでいないかどうかを見極めなければいけないんです。

当然カット野菜はカットしたところから傷みやすいのですが、袋から開けてそのまま冷蔵庫に入れっぱなしで消費期限切れというものはちょっと危ないです。

判断基準としては、臭いと色です。

これから食べようと思うカット野菜から明らかに異臭がしたり、変色を起こしているものはもう諦めて捨てましょう。

さらには怪しいと思うものは無理せず食べずに、一度口に入れてみてやばいと思ったら吐き戻しましょう。

口に入れる分にはお腹は痛くなりませんので、飲み込まずに変な味や苦みを感じたらもう食べるのはやめましょう。

さらにはミックス野菜サラダ系やお肉が入っているものは問答無用で消費期限切れは捨てましょう。

製造工程で細菌が入りやすいですので、消費期限が切れたらもうあきらめましょう。

加熱すればカット野菜はお腹を壊さない?

それではカット野菜は消費期限切れのものでも茹でたりして加熱すればお腹を壊さないで食べられるのかについてです。

それについても痛んでいるカット野菜をいくら美味しく調理しても、やっぱりお腹は壊します。


加熱したから大丈夫だと思ったのにお腹を壊して、この人は12時間以上お腹がずっと痛いという状況になったということです。

やっぱりそんなことにはなりたくないですよね?


大事なのはやはりそのカット野菜が傷んでいるかどうかをしっかりと見極めることが重要です。

消費期限が切れていなくてもカット野菜は傷みやすいですので、しっかりと食べられる状態なのかどうかを確認してから食べるようにしましょう。

消費期限切れはせめて生ではなく加熱してから食べるようにしましょう。

最後に

カット野菜の消費期限切れが食べられるのかどうかということと、加熱してもお腹を壊すものは壊すのでしっかりと傷んでいないか確認しましょうというお話でした。

実際カット野菜を買っているという人は増えてきましたね。

危険ではないのかとよく言われますが、確かに栄養は少し下がりますが普通の野菜と変わらず美味しく食べられます。

それでもやはり普通の野菜よりは傷みやすいのでできるだけ消費期限が切れる前に食べるようにしましょう。

カット野菜を冷蔵庫で保存するならどこかという話や冷凍できる野菜についても紹介していますのでぜひ。

⇒カット野菜を日持ちさせる冷蔵庫保存場所は?冷凍できる野菜は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする