暗殺教室160話のあらすじやネタバレは?読んだ感想も

スポンサーリンク




暗殺教室160話がやってきました。

159話を振り返ると、
バレンタイン第2ラウンドの話でE組の恋愛事情が明白になってきて、さらに茅野が渚にチョコレートを渡しながら告白までいくのかと期待したんですが、
halkalkalal

残念ながら渚が進路へまっすぐ進めるように応援したいからということで、告白はありませんでした。
⇒暗殺教室159話のあらすじやネタバレは?読んだ感想も

ここからはあらすじやネタバレになります。
まだ本編160話を読んでいないという人はご注意ください。

暗殺教室160話「バレンタインの時間・放課後」。
さっそく行ってみましょう。

暗殺教室160話のあらすじやネタバレ

バレンタインの日にイリーナが烏丸を食事に誘っていました。

イリーナは暗殺はまだ続くんじゃないかと烏丸に聞き、烏丸も話しておこうと思っていたと暗殺コンビとはまた違う超国家間で暗殺プロジェクトが進められていることがわかりました。

そんな中、雪村先生の写真で骨抜きになっている殺せんせーのところに理事長がやってきます。
雪村先生は亡くすに惜しい存在だったと言います。

助かる可能性があるなら彼女の意思を継いで教師を続けないかと誘われます。

ですが殺せんせーは教師は今年限りと決めているようです。
理事長と戦うことができて楽しかったとお礼を言いました。

理事長も自分の本当の理想は、
自分が上から支配し殺せんせーや雪村先生が下から支えることだったのかもしれないなと思いました。
2人でチョコを食べながら雑談をしていました。

そしてイリーナはE組の生徒にとって地球が滅んだ方がいいことだってあるのではないかと言い出します。

殺せなかったら殺せなかったで挫折や喪失感を味わう、国家の暗殺チームに殺せんせーが殺されてしまったら無力さやトラウマが子供たちの将来を歪めてしまうじゃないかと。

無邪気な子供たちが歪んだ心の大人になってほしくないと。

烏丸はそれを聞いてイリーナに暗殺者をやめるように言います。
これ以上続けてもつらくなるだけだろうと。

イリーナは自分が暗殺者として歩んできた自分が陽のあたる場所に戻る資格はないと言います。
ですが烏丸は防衛省で働けといいます。
そして子供たちも暗殺を通した経験を糧にして自分たちの答えを見つけるだろうから心配ないと。

過去を不問する諜報部があるのでそこで殺した以上の人を救えと言います。

「殺した人には毎朝神社に寄って祈れ それでいい」
「神社…って私クリスチャンなんだけど」
「わからないか?俺の家の近所に教会はないぞ」

口元に指をあてて少し考えるイリーナ。
そして、ようやく気付きました。
gokhkhk

口元にあてていた指を口に突っ込みながら驚いています。
一緒に住もうという実質的なプロポーズだと思います。

生徒だけではなく教師も今後の進路を考える季節になりました。

卒業まであと1ヵ月どうなっていくのでしょうか?
ここで暗殺教室160話のあらすじやネタバレは終わりです。

暗殺教室160話の感想

イリーナはいつでも可愛いですね♪
渚と茅野は決着しませんでしたが、烏丸とイリーナは無事決着と。

そして卒業まで残り1ヶ月となり、暗殺コンビとは別に超国家間での暗殺プロジェクトがスタートしたということで休息も束の間、これから波乱が待ち受けていそうです。

生徒たちも暗殺がどうこう言っている場合ではなく殺せんせーを助ける動きになっていくでしょう。
まずはどんな形でその脅威をE組がどうやって知っていくのかが気になるところです。

これからもまだまだ続きそうですね。

最後に

卒業へ少しずつ進んでいくのですが、その前にまた大きな波乱が待ち受けています。

すべての決着を付けるとともに、殺せんせーが助かるのかどうかも地球がなくなってバッドエンドだって考えられる事態になってきました。

まあでも暗殺教室はハッピーエンドしか似合いませんので、どうやって殺せんせーたちが困難を乗り越えていくのかに注目しましょう。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする