銀魂連載終了の理由は何なの?いつ終了かや読者の声も紹介!

銀魂2の映画も絶賛公開中なのに原作漫画を連載中の週刊少年ジャンプではいきなり最終回を迎えることを発表しました。

今かなり話題になっていて原作漫画としても、週刊少年ジャンプの看板となって15年間続いてきたのにいきなり連載終了と言い出したのには何か理由があるんでしょうか?

その理由についてちょっと考えてみました。

そしていつ終了なのかやそれに対する読者の声などもまとめてみました。

スポンサーリンク

銀魂連載終了はいつ?

まず銀魂連載終了となるのはいつになるかについてです。

週刊少年ジャンプでいきなりドドーンと最終回を迎えることを発表した銀魂。

いつ連載終了するかについてですが、あと5話ということです。

このままいけば銀魂終了は9月15日発売の週刊少年ジャンプ42号で完結を迎えるということですね。

それはいったいなぜなのでしょうか?

銀魂連載終了理由について

そして銀魂が連載終了理由についてですが、

原作者コメントのところを見ると、
「表紙の小栗銀時のポーズをトレースしていて驚愕。本物の銀時より、2次元より足長い」とまったく連載終了についてはコメントしていませんでした。

ですがその上の編集者コメントでは、
「本当の本当にクライマックス巻頭カラー」
と書かれており本当に最終回なのではと思わせられる書き方をしています。

一番の理由について言われているのがやはりギャグのネタがなくなっていることですよね。

銀河文明が導入された江戸のかぶき町を舞台にした日常ギャグ漫画としてギャグ中心に描かれてきたのですが、今ではシリアス多めの宇宙戦争へと突入していきました。

もともとは1話完結のギャグ漫画の路線だったんですよね。

全面戦争が始まったことで銀魂の最終回へと近づいているのを危惧していた人もいたのではないでしょうか?

そして全面戦争から内容もグダっていきました。


映画もアニメも絶好調でこれからさらに期待される作品なのになぜ連載終了なのかと。

アニメがまだやっているのに原作の漫画が連載終了というのは別に珍しいことでもなく、映画に関しては話があったからやってみたらすごいヒットしたという感じなのではないかと思います。

実際に銀魂2の映画の監督である福田雄一監督もツイッターで「ウソだろ。マジで聞いてなかったんですけど。また、詐欺であることを祈るしかない」と発言しており連載終了になることを一切知らなかったようです。

ということを加味すると、
銀魂はこの全面戦争で連載終了にすることを決めていたということが予想できますね。

別に続けようと思えば続けられると思いますので、今まで大人気漫画は原作者の意図とは関係なく続けて欲しいと編集者の方から言われて無理に続けているという現実が多くあるのをご存知だと思います。

描くネタがないということで全面戦争をして最終回にしようという話し合いになったのではないかと思います。

映画がこれだけのヒットをしているためになぜ連載終了するのかと不思議に思う人も多くなるでしょうね。

最終回詐欺の可能性もある?

そして銀魂が最終回というのは嘘という可能性も十分にあります。

全く原作者から最終回や連載終了の話が出てこないので、もしかしたら最終回詐欺の可能性もあります。


同じく週刊少年ジャンプで連載していたこち亀も最終回詐欺のように終わると言っておきながら連載をしていましたし、銀魂もその可能性は多いにあるのではないかと思います。

最終回ということそれさえもネタにして続けるという展開も十分に考えられるので、今後の最終回にも注目が集まりますね。

銀魂連載終了について読者の声

そして長く続いてきた銀魂連載終了についての読者の声です。

まず銀魂が最終回しないもしくは最終回詐欺ではないかと思っている人も多いようです。


実際原作者コメントでは最終回や連載終了に関してコメントで触れていませんのでその可能性も十分にありますよね。


15年間の連載ということで当初から読んでいた人にとっては悲しいという人も多いですよね。


銀魂の原作者が終わるタイミングを模索していたのではないかと考えている人もいるということですね。


そうなんですよねこれだけ話題になっていて本当に終わるのかと不思議に思えてきてしょうがないです。

ということで連載終了に驚きと悲しみの声、さらには15年という月日を懐かしんでいる人、どうせ最終回詐欺だろうと期待している声などがありました。

最後に

銀魂の連載終了がいつなのかやその理由についてでした。

調べてみても銀魂が最終回になる理由については出てきませんので、今後の連載や最終回がどうなるかについて注目が集まりそうですね。

同じようにノアズノーツという漫画も連載終了しており、銀魂最終回に関しても区切りとして新たな連載陣を迎えたいということがあるのかもしれません。

今のジャンプはちょっと勢いがないというか面白い作品が少ないのでもっと毎週楽しみに読みたいと思えるような作品をこれからどんどん出てくることを期待したいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする