スマートEXで領収書を出すには?駅で買うよりも割引って本当?

なんとついに新幹線がチケットいらずで今現在使っている交通系ICカードをかざすだけで乗れるという「スマートEX」のサービスが9月30日から開始ということで注目が集まっていますね。

以前から一応新幹線をネットで予約することができる「エクスプレス予約」はあったんですが、こちらは年会費がかかったり専用のICカードがないと乗れないなどたくさん利用するという人でないとメリットがあまりないものでした。

ですが今回のスマートEXでは年に数回という人や、今度利用することになったという人でも登録しておけば駅でキップを買う手間もいりませんし、それよりもスマートEXの方が割引で安くなるというのだから使わない手はありませんよね。

そして気になるのが駅でキップを買うわけではなくなるので、領収書ってどうやって出すんだろうと気にしている人も多いのではないでしょうか?

普通は窓口やキップ販売機で普通に領収書が出せますからね。

今回また気になったのでスマートEXが始まる前にエクスプレス予約で領収書をどうやって出していたのかなどで予習し、予測したいと思います。

さらにはスマートEXが駅で普通に買うよりどれだけ割引なのかも簡単に説明しようと思います。

スポンサーリンク

スマートEXで領収書は出せるの?


実際にはスマートEXで領収書はどうやって出すかの言及はまだされていないみたいなのですが、問題なくスマートEXでもエクスプレス予約と同様に領収書が出せると思います。

エクスプレス予約の場合は、
e特急券などを受け取るときに領収書を切符受取機で発行したりしていましたが、スマートEXでは改札を交通系ICカードをかざすだけですのでちょっと違いますね。

他にはエクスプレス予約の会員画面で印刷を行って領収書を発行できていました。

予約した際の画面から利用履歴を選んで「Web領収書」という形で自分で宛名を後日入力して印刷します。

この場合はパソコンと印刷機が必要になりますね。
ですが考えらえるとしたら一番有力なのはこの方法です。

あとはもう普通に窓口などで手書きで領収書を書いてもらうこともやっていました。

この場合は乗車する特急券、乗車券を窓口で提示する必要がありました。

なのでスマートEXでは利用履歴などを参照し、それを確認してもらいながら領収書を書いてもらうという形になるのではないでしょうか?

言えば専用のオリジナルの領収書に手書きで書いてもらうこともできますので、スマートEXで領収書がもらえないということはないと思います。

何人か分をまとめて購入した場合など領収書を指定人数分という形の場合も対応してくれます。

今後まだその点についてはスマートEXはどうするのか発表されていませんが、もっといい形で領収書を発行できる可能性はあると思いますので今後のスマートEXの情報をチェックしていきましょう。

駅で買うよりも割引でお得になる?

駅で新幹線のキップを買うために並ぶのですが、おそろしく並んでいるときもありますし待つのは嫌だという人も多いと思います。

ですが今回スマートEXは待つ時間を短縮できるという利点だけではなく、なんと駅で普通にチケットを買うよりも割引で買えるというのです。

スマートEXはエクスプレス予約とは違い年会費もいらず無料ですから、これはもう当然スマートEXに登録しておいて損はないでしょう♪

登録したクレジットカードからの決済になるのですが、
スマートEXの新幹線の料金は、駅で買うよりも200円ほど割引されて安くなります。

それだけではありません。

スマートEXでは早く予約すればその分さらに割引される可能性があります。

具体的には乗車の3日前や21日前までに予約すると、早特制度が適用されるのです。

EX早特
長距離の「のぞみ」普通車指定席・グリーン車が割引対象

EX早特21
朝6時台、昼11~15時台に出発する直通の「のぞみ」普通車指定席が対象で3週間前に予約するとかなり割引される制度

EXグリーン早特
3日前までの早朝の「のぞみ」終日の「ひかり」のグリーン車が割引対象

EXこだまグリーン早特
3日前までの「こだま」グリーン車予約が割引対象

EXのぞみファミリー早特
3日前までの2名以上での土休日の「のぞみ」利用で割引対象(子供も対象になります)

EXこだまファミリー早特
3日前までの2名以上での「こだま」利用で割引対象(子供も対象になります)

という感じでわかっているだけでもこれだけの割引があります。

今後さらに割引が増える可能性がありますので、チェックしていきましょう。

最後に

予約ができて交通系ICカードだけで新幹線を気軽に利用できるスマートEXでの領収書の発行方法予測とスマートEXが駅でキップを買うよりも割引になるという情報でした。

駅で急いでいるのに並んでわざわざチケットを買う必要もないですし、改札もさらにスムーズに進むことが予想できますので素晴らしいサービスになるのではないでしょうか?

今後さらに詳しい領収書の発行方法や割引対象追加の可能性もあると思いますので、今後のスマートEXの情報をしっかりとチェックしていきましょう。

詳しいスマートEXの登録方法はこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする