傷物語のネタバレや内容のあらすじ!阿良々木と忍の出会い!

スポンサーリンク




傷物語が3部構成となって映画化するということで待っていたファンも大勢いるのではないかと思います。

出るぞやるぞと言われておきながらまったくアニメ化しなかった傷物語がついになんと劇場版アニメとなってしかも3部作で公開されるということで気になって仕方がないという人も多いと思います。

そして原作を読んでいないという人やアニメで好きになったという人は、どんな内容になっているのか知っておきたいという人も多いのではないでしょうか?

傷物語が3部作なので、1部だけ見ても次が気になって仕方がないという状態になってしまうと思うので先にどんな内容なのかあらすじやネタバレなども紹介しますね♪

実際には3部作をどのように区切るかも公開されてみないとわかりませんので、結末までだいたいの流れを説明します。

ネタバレされたくないという人はご注意ください。

傷物語のネタバレや内容のあらすじ

まず今回の傷物語ですが、
化物語よりも前の話で阿良々木が高校三年生になる前の春休みの出来事が描かれています。

今まで羽川とそのような話を何度もアニメの中でもしていましたが、どんな内容なのかは詳しく明かされていませんでしたからね。

気になっていましたよね?

冒頭は阿良々木が羽川に会ったあとにとある理由で本屋に寄ります。

その帰りの夜道でキスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード(後の忍野忍)と出会うんです。

ですがなんと四肢がないんです。
このときは大人の姿でした。
ですが今回の傷物語では忍はその後に小さな姿で登場します。
afafdafa

しかも腕も足もあります。

それはなぜかというと、
阿良々木が血をあげて助けてあげたからです。

偶然出会った四肢のない吸血鬼の美女。
助けてほしいから血を全部くれと頼まれた阿良々木はさすがに命はあげられないと一度は断ります。

当然ですよね。
たとえどんなお人好しでも自分の命まで差し出して誰かを助けようとは思いません。

ですが結局、忍の命乞いに阿良々木は血をあげてしまうんです。

自分は死ぬものだと思っていた阿良々木ですが、
実は生きていて忍もなんとか自分の姿を8~10歳くらいの幼女の体にすることで生きていました。

ですが阿良々木は吸血鬼の眷属となってしまい、日光を浴びることができない体になってしまいました。

治して欲しければ自分を殺そうとした3人のヴァンパイアハンターたちから四肢を奪い返して来いと言うのです。

そして阿良々木は3人のヴァンパイアハンターと戦わなければいけなくなります。

いずれも怪異の専門家で、
忍が負けた相手です。

阿良々木が勝てるわけもなく3人に負けそうになったところを助けに来たのが忍野メメでした。
jhggjhjhgh

忍野忍との出会いと共に忍野メメとの出会いの話でもあるんですね。

そして阿良々木は忍野に「公平な戦場」を依頼し自身で一人一人を校庭のグラウンドで戦います。

危険を承知で阿良々木の力になろうとする羽川の知恵を借りたりとなんとか3人を倒します。

そうして忍の全身を取り返すことに成功します。

これが前半部分のあらすじです。

忍が勝てなかったのに阿良々木君はなぜ勝てたのか?

最強の吸血鬼であるはずの忍が負けた相手になぜ阿良々木が勝てたのかが疑問ですよね。

それは忍が万全の状態ではなかったからです。

実は専門家3人が倒す前に忍野メメが忍を殺そうとしていたのです。

忍の心臓を抜き取り、それによって忍は専門家たち3人に敗れて四肢をもがれ後は死ぬのを待つ状態だったのです。
jgjhgjgjh
それを助けた信じられない存在・阿良々木暦。

忍野メメは阿良々木にその結末を託したのです。

阿良々木が忍に戦いを挑む

jjkkhjkjh
忍は吸血鬼です。
これからも人を襲い続けます。

阿良々木は吸血鬼を助けるという意味をしっかりと理解していませんでした。

阿良々木は忍が倒した専門家たちを襲っているところを目撃します。

つまり食べていたんです。

その衝撃的なシーンを見てしまった阿良々木は羽川と相談し悩んだ末に忍に勝負を挑みます。
ghghghlll
それは首がなくなろうと四肢がもげようとすぐに再生する吸血鬼の終わりのない戦いでした。

勝負の行方は?

阿良々木はこのまま忍が人を襲い続けるのは黙って見過ごせません。

なので戦いを挑んだのですが、
途中で気付きます。

忍は阿良々木を元に戻すと約束していましたが、
どうやって戻すつもりだったのでしょうか?

戦いを引き受けた忍ですが、
実は阿良々木に負けて死ぬつもりだったのです。

吸血鬼になってしまった阿良々木を元に戻すには自分が死んで眷属を解除するしかなかったのです。

それに阿良々木は気付いてしまいます。
阿良々木は忍を殺せなくなってしまいます。

なぜなら忍の生きたいという思いを出会った時に知っているからです。
kjhjgjgjhjhk
忍が生きたいと願ったから助けたのです。

ですが忍も自分を助けてくれた阿良々木の為に死ぬつもりだったのでした。

忍野メメが忍を助ける側に回った理由が明らかに

そして結局殺すはずだったのに忍を助けた忍野メメ。

その理由は簡単です。
結局忍が死ぬ結末は変わらないからでした。

だから阿良々木を助けたのです。
阿良々木と忍の戦いもずっと見届けていました。

阿良々木は忍野に問います。
「…みんなが幸せになる方法を教えてほしい」

そんなものは当然ですがありません。

ですが忍野は、
みんなが不幸になる方法ならある
そう言います。

その提案は本当にみんなが不幸になるものでした。

そして忍野忍が生まれる

hhjkkhjkjkj
その提案とは、
阿良々木が忍の血をギリギリまで吸い尽くすことでした。

つまり忍の吸血鬼の力を奪ってしまうのです。

そうすれば名前も力も、人間を食べることさえできない体になります。

忍は当然そんな生き方はごめんです。
そんな体になるくらいなら死んだ方がマシです。

そして阿良々木も人間の体には戻れません。

なぜなら結局忍が生きてるままで吸血鬼の眷属のままだからです。

人間に近づくことはできても半分吸血鬼みたいなものです。

「生きていて欲しい」
自分の体も人間に戻れない。
しかも忍に定期的に血を与えないと死んでしまうので一生お世話をすることになります。

「僕はお前を、助けない」
それでも阿良々木は忍を助ける選択をしました。

それが忍にとって不幸なことでも。

そうして吸血鬼でもなくなった名もない少女は後に忍野忍と呼ばれるようになり、阿良々木と共に生き続けるようになるのです。

最後に

以上がネタバレです。

少し違っている部分もあるかもしれませんがだいたいの流れを説明できたと思います。

最高のお人好し。
それが阿良々木暦ですよね。

ヒロインとして羽川が登場し、友達を拒み続けていた阿良々木が友達になりたいと思った初めての人物です。

忍や忍野メメとの出会いも必見ですが、羽川との絡みも最高に見どころとなりますので映画を楽しみに待ちましょう。

今回3部構成ということでものすごくどんな作品になるのか気になりますね。

なぜ羽川を見たことで阿良々木が本屋に行くことになったのかは映画や原作をぜひ見てみてください♪

予告を見ただけでも楽しみが倍増しました。
果たして忍がどのように描かれているのでしょうか。

以上傷物語の内容のあらすじやネタバレでした。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする