iPhone10の手帳型ケースでAppleブランド登場!値段や色は?

スポンサーリンク




iPhone10とiPhone8の話題で持ち切りで、買おうかどうか悩んでいるという人も多いですね。

そしてすでに買おうか悩んでいる人はケースなども、今後何が発売されるかと気にしている人が多いはずです。

まだiPhone10は予約開始すらしていませんが、
みなさんはどんなケースを使いたいと思いますか?

私はやっぱり手帳型のケースがいいと思いますね。
出典:http://www.appbank.net/2014/08/16/goods-books/872912.php

画面を傷付けることもあまりないですし、開いて本当に手帳を見ているかのようにiPhoneを触れるというのはなんていうか自然だし普通にiPhoneを触っているよりも知的に見えると思います(笑)

そんな手帳型のケースは今までいろんなブランドのものが出てきましたが、今まで手帳型ケースを出してきていなかったApple自身がそのブランド力を拡大しようと手帳型ケースにも参戦です。

そして実はApple自社ブランドだけあって、iPhone10専用手帳型ケースにさらにこのケースにしかできない機能まで付けたというのです。

汚い…これは汚いぞApple!!

どんな機能なのかも紹介したいと思いますし、値段や色の種類も紹介したいと思いますので良ければ見て行ってください。

Aplleブランドの手帳型ケースの機能は?

今は手帳型ケースを使っているという人が多いように思いますが、その人気ぶりを見てこれは自社ブランドを作らないともったいないだろうという感じでAppleが参戦ですね。

というか今まで出していなかったんでしょうか?
ちょっと私はよく知らないですね。それはもったいない。

ということで今回iPhone10で使えるApple純正の手帳型ケースを発売ということで、iPhone10向けに作れたのが商品名「iPhoneXレザーフォリオケース」です。

自社ブランドということもあり、iPhone10のサイズにぴったりと収納できるということは当たり前。

高級感のあるヨーロピアンレザーで、ケースのフタ部分には数枚のカードや紙幣などを入れられる大きめのポケットが付いていますので通勤に使う交通系ICカードやクレジットカード、ちょっとした紙幣を入れて財布を持たずに出かけたりというのにも向いていますね。

そしてそして気になる便利機能ですが、

なんとiphone10の自社ブランドだからできる機能として、なんと手帳型ケースのフタを開けるだけでスリープから起動し、閉じるとスリープに戻るというiPhone10での顔認証を行うことなく、iphone10をすぐに操作できるというのです。

これはちょっと便利機能すぎませんかね?

セキュリティの面で顔認証はかなりのすごいことはわかっていますが、さらにそこに機能性としても便利さを加えてくるあたりさすがAppleという感じですね。

他のブランドの手帳型ケースではできない機能を付けることで差別化を図って、堂々と勝算を持ってブランドとして参戦してきたわけですね。

そして気になるのが値段や色の種類ですよね。

Apple手帳型ケースの値段や色の種類は?

iPhone10では本体の色がシルバーとスペースグレイの2種類と、いつもよりも選べる色が少ないことでも話題になっていましたよね。

iPhone10の色はどちらが人気なのかや追加される可能性についてはこちら⇒iPhone10の色の2種類で人気なのはどっち?追加の可能性は?

それを補うというか手帳型ケースでiPhone10を着飾るという意味合いもあるので、手帳型ケースはぜひ欲しいところです。

そして今回のAppleブランドの手帳型ケースの値段は、1万800円(税別)となっています。

ブランドとしては妥当な線を行っているとは思いますが、やはりケースですから高く感じる人も多いかもしれませんね。

この値段で売れていくのかどうかも気になるところです。

そして色の種類も発表されていて、
コスモスブルー、トープ、ブラック、ベリーの4種類となっています。

本体の2種類に比べれば4種類なら多いですね。

ブルーコスモスがこんな感じの色?
出典:https://car.autoprove.net

トープがこんな感じ?
出典:http://blog.goo.ne.jp/niwaleathers/e/719bb76fcc21e69d8e9de556551d2ed3

ブラックはそのまま黒色という感じで、ベリーは果実のあの色ということで鮮やかな赤色という感じだと思います。

どうですか?
欲しい色はありますか?

最後に

iPhone10の手帳型ケースについにAppleブランドが参戦です。

自社だからこそできる便利機能を追加で差別化を図り、手帳型ケースでありながら新しく機能を付けるためのケースをイメージさせますよね。

値段はちょっと1万800円(税別)と高いというイメージがあるかもしれませんが、欲しい色があるなら思い切って購入してみてはどうかと思いますね。

発売後はさらに手帳型ケースが出てくると思いますので、他にもいろいろとチェックしていきましょう。

iPhone10関連の他の記事はこちら
⇒iPhone10周年モデルのauドコモソフトバンク3種予約方法!
⇒iPhone10防水防塵機能はどこまで大丈夫?お風呂や海は?
⇒iPhone10もイヤホンジャックなし?廃止した理由についても
⇒iPhone10ワイヤレス充電器AirPowerマットの発売日や価格は?
⇒iPhone10の色の2種類で人気なのはどっち?追加の可能性は?

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする