ワンピース81巻のネタバレや感想!サンジの身に何が起きたの?

ワンピースの81巻が4月4日に発売されます。
ワンピースの人気は衰えるところを知りませんね。

ルフィたちもついに同盟などを組んで海賊団としての絆や繋がりなども大きくなってきましたが、強い相手との対立や危険はさらに増して来ています。

そしてさらに81巻ではルフィたちがドレスローザで戦っていたのでしばらくサンジの出番がないことでも話題でしたね。

さらに80巻ではサンジの身に何か起きたのかもしれないという話もあって、どうなったのかと気になっている人も多いのではないかと思います。

今回81巻の内容をネタバレで紹介していきます。
ネタバレが嫌いだという人はご注意ください。
そしてその81巻の内容についての感想についても書いていこうと思いますので気になるという人はぜひ見て行ってください。

スポンサーリンク

ワンピース81巻のあらすじをネタバレ

onepiece081-thumb-137xauto-3438ONE PIECE 81 (ジャンプコミックス)

ワンピースの81巻は、
807話から10話ほどが収録されると思いますのでそのネタバレをあらすじで紹介していきたいと思います。

改めてネタバレが嫌だという人は81巻を実際に買って読みましょう。

右腹に死体があると言われて、
もしかして誰か死んだのかと心配になった80巻。

右腹にはナミやチョッパーたちが居て歓迎され、そして死体に関してですがサンジのことではなく、ブルックのことでした。

ブルックは骨なので、ミンク族たち(犬)からすればとても魅力的なんだそうです。

そしてようやくナミの口から、
この11日間の間に何が起こったのかを聞かされます。

ナミ達がドレスローザ近海でビッグマム海賊団に襲われ、なんとか逃げ切ってゾウに着いたころには国が崩壊していて、チョッパーが治療したことでミンク族が助かったのだと言います。

なぜミンク族の国が崩壊していたのかと言うと、
四皇のカイドウの手下である”旱害のジャック”がワノ国の武人である「雷ゾウを引き渡せ」と言って襲ってきたというのです。
gjhghghj
ミンク族は雷ゾウなど知らないと言うのですが、ジャックたちは言うことを聞かず戦いが始まります。

ミンク族の国の公爵である昼の王「イヌアラシ公爵」と夜の王「ネコマムシの旦那」が戦い、戦いは優勢だったのですがシーザーが開発した毒ガス兵器を持っていたジャックはそれを使い、ミンク族は壊滅的な被害を受けたのでした。

そこへナミたちがやってきて壊滅しそうだったミンク族たちを助けたわけですが、肝心のサンジとシーザーがどこへ消えたのかの話が出て来てません。

実はミンク族を助けた後、
ゾウの行き先を聞いていたビッグマム海賊団の手下にゾウ出身のミンク族であるぺコムズとカポネ・”ギャング”ベッジが後を追って来ていたのです。

ビッグマム海賊団の傘下に入っていたカポネは「シロシロの実」の能力者で城人間でした。
kjkjkl

実はある任務でやって来ていたのですが、
なんとそれはシーザーの回収とサンジを結婚式の相手として連れてこいという指令でした。

その結婚相手はビッグマムの娘です。
断ればサンジに関係のある人が死ぬと脅されます。

サンジは仲間を巻き込むわけにはいかないと、自分1人で決着を付けるために1人でビッグマムのところへ向かう決意をしたのでした。

そしてサンジは人殺しの一族の息子だったというのが後でわかります。

サンジが結婚するということは、
ビッグマムの傘下にルフィたちが入ることになるので、もしかしたらサンジは海賊団を抜けるつもりなんじゃないかと言われてルフィはサンジを連れ戻すことを決意します。

そんな話をしていると、
ミンク族が襲われるきっかけになった侍である錦えもんたちがゾウへと到着します。

このままもしミンク族たちに錦えもんたちが侍だとわかれば大惨事です。

ですがそれがついにミンク族たちにバレます。
イヌアラシ公爵とネコマムシの旦那が総出で探し回る中、なんとかナミたちが錦えもんを隠すことに成功するのですが錦えもんが喧嘩しているイヌアラシ公爵とネコマムシの旦那をわざわざ止めに入りに行こうとします。

見つかったら殺されるかもしれないのに、さらに堂々と雷ぞうを探しに来たと言い出したのです。

これはもうダメだと思ったナミたちですが、
なんとイヌアラシ公爵とネコマムシの旦那はいきなり頭を下げました。

「お待ちしていた…雷ゾウ殿は…ご無事です!!!」

驚いたことになんとミンク族たちは雷ぞうのことを国のみんなで匿っていたのでした。

果たしてミンク族と侍たちにはどんな関係があるのでしょうか?

ここまでがワンピース81巻のネタバレです。
詳しい部分が気になる人はぜひ81巻を購入して読みましょう。

ワンピース81巻の感想

そして81巻の内容の感想です。
なぜミンク族たちが襲われていたのかという謎やサンジの身に何が起こったのかなどの謎がわかる内容となりました。

そして一番の気になる内容として、
ミンク族と侍たちには親密な関係があったというのは、なるほどと納得してしまうほど驚きな点でしたね。

サンジの手配書がなぜ、”生け捕りのみ”なのかという謎もわかってさらに伏線を回収していました。

サンジの出生なども気になりますが、
これからルフィたちが四皇のカイドウとビッグマムと戦っていかないといけないということで、さらに緊迫感が増してきたという感じです。

世界にも大きな動きがあり、
これからどうなるのかと続きを早く読みたいというのが感想です。

サンジが死んだんじゃないかと言われて驚きましたが、本当にこのまま激戦となれば誰が死ぬんじゃないかと心配になって来ましたね。

果たしてこれからどんな展開になるのかも楽しみです。

最後に

ワンピースの81巻のネタバレや感想についてでした。

詳しい話が気になるという人はぜひ81巻を購入して読んでみてください。

ミンク族とジャックたちの死闘の回想や、
サンジがどんな思いで1人でビッグマムのところへ向かおうとしたのかなど描写がわかります。

そして早く続きが読みたいですね。
続きを楽しみに待ちましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする