プレイステーションVR体験者の感想!重さや見える範囲についても

ついに来ましたプレイステーションVRの発売時期や価格の発表が!

発表されたプレイステーションVRの発売は10月頃、そして価格も399ドル、つまりは日本では4万4980円ということです。

これは意外にも安い!
間違いなく購入者続出でしょうね。

そんなプレイステーションVRですが、
話題になっているのを知ったというだけの人はおそらくこのゲームがどんなものなのかわからないという人も多いと思います。

実際につけるヘットセットの重さや見える範囲なども気になりますよね?

ですのでプレイステーションVRのすごさを実際に体験したことがある体験者の感想などを見て行きながら、どんなゲームになっているのかを改めて紹介したいと思いますので良ければ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

プレイステーションVRの体験者の感想は?

実際にはまだ発売されていないプレイステーションVRですが、去年の10月、11月ごろに開催された体験セッションが世界で行われて、日本でも「TOKYO GAME SHOW 2015」が開催されてプレイステーションVRを体験できました。

プレイステーションVRを実際に体験したという人の感想などを紹介していきたいと思います。


「全体360度見渡すことができる」
「どこを見てもちゃんと視覚が付いてくる」
「ゲームの中に自分が入り込んだみたい」

とまさにゲームの革命だと言わんばかりの感想でしたね。

プレイステーションVRは3次元的に表現された空間の中にまるで自分が入り込んでしまったような感覚になるということで、自分の視線を動かしてもそれが違和感なく360度反映されて見える範囲も現実世界と変わらないという驚きの内容。

本当に自分自身がゲームの世界に入り込んだ感覚になれるというのがプレイステーションVRです。

そのあまりのリアルさに、
思わず後ろを振り返ってしまう人や、びっくりして飛び上がってしまったり耳を塞ごうとしてしまう人など本当に感じる感覚が日常生活と変わりないものなのです。

ピントより先に見える背景の世界が実際に見える世界と同じように見えるので、ゲームなのか現実なのかわからなくなってしまうほどの世界を体験できるというわけです。

これが本当ならすごいですよね?
実際に早くプレイしてみたいですね。

実際のヘットセットの重さは?

そして気になるのがヘットセットなどの重さについてです。

ただでさえヘッドフォンなども邪魔だと思う人も多いと思いますし、重たい機械を長時間付けてプレイするなんて絶対嫌だという人も多いと思います。

実際にどれくらいの重さなのかという話も、
プレイステーションVRの体験者たちの感想から予測ができます。

プレイステーションVRを体験した記者さんの話だと、

全体的に軽く、またその重量もバランスよく分散されているせいか重さが一方に偏ったりということはありません。頭を振り回してもディスプレイがズレることはなく、眼鏡の上からでも柔らかなゴム素材のカバーが外界の光を完璧に遮断、ディスプレイの映像が完全に自分の視界

出典:百聞は1プレイに如かず!PlayStation VR体験レポート&『RIGS』開発者インタビュー

ということで重たくもなく、そして重さも偏りがないということで長時間のプレイするためにもちゃんと考えて作られているということです。

大きなメガネをしていても関係なくその上から装着することができて、さらにはベルトを後頭部に回して固定するということで頭を振っても問題なく違和感なくフィットしているということです。

多くの人があまりの楽しさに時間を忘れて没頭するでしょうから、ヘッドセットの重さはさらに発売から改良などもされていくでしょうね。

とりあえずは長時間プレイも問題ないほど軽いということは間違いないようです。

最後に

プレイステーションVRがついに発売時期や価格などが発表されました。

実際に体験したという人は間違いなく購入するでしょうし、そうではないという人も話題になっていて気になっているのではないかと思います。

実際に発売するゲームも発売日までに50種類のゲームが発売予定ということで、発売する前から何が発売されるのかもしっかりとチェックしておくことが必要ですね。

いったいどんな世界なのか、実際にプレイステーションVRを購入して体験してみましょう。

プレイステーションVRの予約情報はこちら。
⇒プレイステーションVRを予約するには?ゲームの種類も先行体験も

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする