食戟のソーマ155話のあらすじやネタバレは?読んだ感想も

食戟のソーマ155話です。

154話を振り返ると、
セントラルのエリートとして薙切薊に選ばれた一人である新メンバーの楠連太郎と最後に戦う相手として登場したのは、なんとアリスと黒木場でした。
iii⇒食戟のソーマ154話のあらすじやネタバレは?読んだ感想も

そして戦うのは黒木場です。
果たして黒木場は楠連太郎相手にどこまで戦えるのでしょうか?

ここからはあらすじをネタバレで書いていきます。
まだ本編155話を読んでいないという人はご注意ください。

食戟のソーマ155話「最大出力」。
さっそく行ってみましょう。

スポンサーリンク

食戟のソーマ155話のあらすじやネタバレ

ついに開始された黒木場対楠の対決。

今回のメイン食材は「鮭」に決定しています。
これはつまり黒木場の得意料理ということで、セントラルは一環して相手の得意料理での戦いを受けるという余裕を貫いています。

黒木場は得意料理ということもあって、鮭を捌くスピードも恐ろしく速いです。

田所恵は私はあんなに速く捌けないからすごいと言うのですが、
iioopp
なんとセントラル側も黒木場と同じくらいの速さで鮭を捌いていきます。

勝負を受けたことを後悔するなよと楠は言うのですが、
実はこの食戟をアリスは最初受けるつもりはありませんでした。

潰される最先端研がどうなっても問題なかったからです。

ですが薙切薊の繁栄を黙って見ていればいいと言われ、さらには雑魚料理人と言われたことで黒木場が怒り、そしてアリスが黒木場が勝負するというのを許可したから成立した食戟でした。

そして黒木場はその勝負で自分が作れる最大出力の料理をぶつけるつもりです。

鮭の小骨を抜いて、米を2種類、さらにパン生地も用意していて何を作るつもりなのかはわかりません。

そして楠は黒木場に挑発されて本気を出してやろうと言います。

持ってきたのはなんとアリスが使っていた最新鋭の料理機器でした。

楠はアリスの分野も使いこなして完全勝利を目指そうと言うのでしょうか?

ここまでが食戟のソーマ155話のあらすじやネタバレです。

食戟のソーマ155話の感想

楠は完全に噛ませ犬だと思っていたのですが、黒木場が最大出力だと言い出したことや、セントラルのメンバーが本気を出しても出さなくても勝つから放っておけと言っていたので少し不安になって来ました。

黒木場が負けるところは想像できないというか、ここで負けたらそれだけの主人公側と実力差があるということになってしまうので勝つと思っていたのですが、負けるんでしょうか?

負けて、それはそれで修行モードに入るというのも悪くはないかもしれませんので負けるのかも。

あぁ、つまりはどっちが勝つかわかりません(笑)
続きが楽しみです。

最後に

薙切薊政権との対決で1番乗りは黒木場でした。

果たしてセントラルメンバーとの実力差はどれだけあるのか、この戦いでどちらが勝つのかではっきりすると思います。

創真たちが見ている前なので、その実力もしっかりとわかるでしょう。

続きを楽しみに待ちましょう。
⇒156話はこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする