食戟のソーマ154話のあらすじやネタバレは?読んだ感想も

スポンサーリンク




食戟のソーマ154話です。

153話を振り返ると、
創真たちが行った偵察で十傑メンバーきってのパティシエの茜ヶ久保や、あらたにセントラルのメンバーとして選出された面々が登場してきて食戟を挑んできた研究会を次から次へと倒していました。
kjjlklk⇒食戟のソーマ153話のあらすじやネタバレは?読んだ感想も

今回は偵察だけだったはずなのに創真のとタクミはそのセントラルの新メンバーの発言に聞き捨てならないと首を突っ込んでしまうのでした。

果たしてセントラルのメンバーの実力はどのくらいなのでしょうか?

ここからはあらすじをネタバレで書いていきますので、まだ本編154話を読んでいないという人は本誌の方で読んできてくださいね。

食戟のソーマ154話「牙を剥く」。
さっそく言ってみましょう。

食戟のソーマ154話のあらすじやネタバレ

研究会の存続を賭けた食戟は3会場で行われていて、緋沙子が偵察にいったC会場では遠月第六席の紀ノ国寧々などすべての食戟を勝利で収めていました。

そのころセントラルの新メンバーの発言が気に入らなくてちょっとかいを出した創真とタクミですが、その新メンバー・楠連太郎は自分は選ばれたエリートなんだからあんまり逆らわない方がいいと言います。

ですがそれをタクミは、
エリートという言葉で自分を飾り立てずにはいられないのではないかと言い返します。

その挑発に乗ってその新メンバーは「ここでぶっ潰す」と発言してしまうのですが、他のメンバーが彼を強引に連れ去ってしまい衝突することはありませんでした。

そしてその新メンバーはまだ最後の食戟が残っていて、その最後の戦いをするためにやってきた研究会のメンバーはなんと薙切アリスと黒木場でした。
iii
以前にアリスは最先端料理研究会と食戟をして部室と機材をすべて奪ったのですが、なんとその研究会をそのままアリスが引き継ぐという形で継続していたのでした。

なので書類上ではアリスが研究会の主将となっていたのです。

アリスの料理がまた見られるのかと期待した創真でしたが、戦うのは黒木場の方でした。

アリスはもう薙切薊の思い通りにはさせないという強い意志もあるようです。

果たしてどちらが勝つのでしょうか?
これでセントラルのメンバーの実力も分かると思います。

ここまでが食戟のソーマ154話のあらすじやネタバレです。

食戟のソーマ154話の感想

タクミも言っていたようにこの楠連太郎というチャラ男からはあまり実力があるようには感じられませんね。

ですがセントラルに選ばれた実力があるわけですから、どのように選ばれたなどの話が今回明らかになりそうですね。

私の予想では勝つのは黒木場です。
肉魅たちの前にアリスたちが出てきたのは驚きですが面白い展開ですね。

黒木場も創真たちと同様遠月の新体制をひっくり返す主力としてもここで負けるわけがないだろうという私の勝手な予想です。

この楠連太郎は噛ませ犬なんだろうと思っているのですが、果たして本当に勝つことができるのかは続きを見て行かないとわかりませんので楽しみですね。

それにしても描かれているアリスがとても大人っぽくなっていて良いですね♪

絵が本当に素晴らしいですのでぜひ確認してみてください。

最後に

セントラルの新メンバーと戦うのはなんと黒木場でした。

創真と競り合った黒木場がセントラルの新メンバー相手にどれだけの戦いを見せるかでセントラルの実力がわかると思いますので、この戦いは注目ですね。

さらには他の会場でも研究会存続のために誰が戦うのかなどこれからまだまだ楽しみです。

続きを楽しみに待ちましょう。
⇒155話はこちら

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする