卓球日本女子リオ五輪のメンバーは?メダルの可能性はある?

いつの間にかリオ五輪が近づいてきました。

まだまだずっと先と思っていたら、あと半年後にはリオ五輪が始まるのです。

そこで今回は卓球日本女子のオリンピック出場メンバーの予想や、彼女達にメダル獲得の可能性はどの位あるのかなどを、考察してみました。

卓球日本女子代表にはベテランもいますが、若手の進出が著しいので、その点でもフレッシュであり、また期待も持てるところです。

さて、誰が選ばれてどんな活躍を見せるのか、それを思うとわくわくしてきますね。

それでは詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

女子卓球 リオ五輪について

卓球日本女子代表のメンバー予想を語る前に、リオ五輪の女子卓球について少しばかり見ていきたいと思います。

まず種目ですがリオ五輪では、「男子シングルス」「女子シングルス」「男子団体」「女子団体」の4種目が行われます。

卓球日本女子は2012年ロンドンオリンピックで女子団体が銀メダルとなっていますので、今回のリオ五輪でも活躍が期待されるところです。

リオオリンピックでの卓球の日程は、以下のようになっています。

男子シングルス
予選:2016年8月6日-8日
準々決勝:2016年8月9日
準決勝:2016年8月11日午前
決勝:2016年8月11日午後

女子シングルス
予選:2016年8月6日-8日
準々決勝:2016年8月9日
準決勝:2016年8月10日午前
決勝:2016年8月10日午後

男子団体
予選:2016年8月12日-13日
準々決勝:2016年8月14日
準決勝:2016年8月15日
決勝:2016年8月17日

女子団体
予選:2016年8月12日
準々決勝:2016年8月13日
準決勝:2016年8月14日
決勝:2016年8月16日

という日程になっています。
ぜひ日本の卓球を応援しましょう♪

卓球日本女子リオ五輪の出場メンバーの予想

卓球日本女子リオ五輪の出場メンバーの予想ですが、これが案外あっけない選出方法となっているんです。

実はリオオリンピックに出場する卓球日本女子選手の選考基準は、世界ランキングでの日本人上位2名がシングルス要員となり、3位の選手が団体要員として選ばれると決まっているのです。

2016年1月発表の日本人女子卓球世界ランキングは、このようなものでした。  (カッコ内は年齢です。)

4位 福原愛(27)
7位 石川佳純(22)
12位 伊藤美誠(15)

18位 平野美宇(15)
24位 若宮三紗子(25)
33位 石垣優香(26)
36位 平野早矢香(30)

この順位については、選考基準はかなり堅苦しい考え方のようで、上位2名は個人にも団体にも出場できるが、3位の選手は団体にしか出場できないとなっています。

こうして見ると福原選手の頑張りが目立ちますね。
愛ちゃんもいつの間にか27歳、はや「ベテラン」と言われる年齢になってきました。
jhjkhjk
それでも中国での人気は未だ絶大なものがあるようです。

勿論日本でも大の人気者ですが・・・

それでは2015年9月19日に行われた、日本卓球協会の理事会での発表をここで紹介しましょう。

リオデジャネイロ五輪女子卓球日本代表として、シングルスに石川佳純選手と福原愛選手、団体のメンバーとしては伊藤美誠選手を選出したのです。

世界ランキングの順位通りの順当な選出でした。

現在注目されているのが、15歳の伊藤美誠選手です。


これは2004年のアテネ五輪に15歳で出場した福原と同年齢での出場となります。

しかもそのすぐ下の順位には、同じ15歳の平野美宇も控えています。

このような若々しい有望選手が輩出しているということは、実に頼もしく嬉しいことですね。

卓球日本女子のメダルの可能性はあるか?

これはかなり期待しても良いのではないかと思います。

前回のロンドンオリンピックでも、女子団体では銀メダルを獲得していますし、今回はその時のメンバーに若手有望選手が加わり、相当強力なチームとなっています。

中国女子卓球チームの監督も、日本の卓球がこのところ急速に力をつけてきたことを認めています。

特に日本の若手選手の実力は、高く評価しているようで、「これらの選手が順調に成長すれば、東京五輪では中国を超える可能性がある。」とまで言っています。

有望種目としては、やはり前回オリンピック同様に女子団体ということになります。

シングルスでも福原選手の復調と、若手の伊藤選手の成長いかんでは、メダルの期待は十分持てるでしょう。

まとめ

こうしてリオ五輪の紹介、卓球日本女子リオ五輪のメンバー予想、卓球日本女子のメダルの可能性はあるかなど書いてきました。

2015年9月の日本卓球協会の理事会にて、リオ五輪の出場選手も決定しましました。

石川佳純選手と福原愛選手、団体のメンバーとして伊藤美誠選手という順当なものでした。

ベテランの復調や若手の台頭など、卓球日本女子にとっては嬉しい話題も多くあります。

こと卓球日本女子に関しては、かなり明るい展望が持てるようですね。

リオオリンピックでの活躍を期待しつつ、この記事を終わります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする