ものの歩17話のあらすじやネタバレは?読んだ感想も

ものの歩17話がやってきました。

16話のあらすじを振り返ると、
ついに都大会で蒼馬と藤川が再会し、さらには倒さなけばいけない相手として優勝候補の駒江第一や十歩のいる鎌谷商業などがいることがわかりました。
kkjjkkj⇒ものの歩16話のあらすじやネタバレは?読んだ感想も

そして信歩たちは1回戦をなんなく通過し2回戦へ進みます。

果たして決勝まで進むことができるのでしょうか?

ここからはあらすじやネタバレを書いていきます。
まだ本編17話を読んでいないという人はご注意ください。

ものの歩17話「拳」。
さっそく行ってみましょう。

スポンサーリンク

ものの歩17話のあらすじやネタバレ

次の対戦相手を見ておこうとする藤川ですが、
すでに対戦は終わっていました。

負けられない戦いなので、少しでも勝利の確率をあげるには当然相手がどんな将棋を指すのか知っておかないといけません。

「ちょっと高良くん?」
と声をかけられます。

誰かと思えば余所行きモードになったみなとと、もう一人は十歩のファンだった信歩の隣の席の能塚さんでした。

一緒の制服で会場にいたから連れてきたそうです。
「誰?あの女」
とみなとはちょっと怖い顔で信歩に聞きますが、十歩のファンだと聞いて「ならいいか」と少し安心したようです。

藤川はなりふり構っていられないとみなとに他校の棋譜を取ってきてくれないかと頼みます。

(…こんなヤツだったっけ?)
と必死に頼む藤川を見て、変わったのは信歩だけではないのをみなとは感じます。

次の対戦相手の棋譜はみなとが負けた他校の生徒に声をかけてもらってきていました。

次の信歩の対戦相手はオールラウンダーだとわかります。

矢倉の弱点である振り飛車として「四間飛車」を指してきます。

戦法でのぶつかり合いとしては、
相手はパーでけん制して来ているのですが、信歩はグーしか出せません。

たとえ不利であってもそのまま押し切るしかないんです。

固いはずの矢倉の弱点を突かれますが、
それでも信歩は落ち着いていました。

駒損で考えればどう考えても劣勢。
ですがそれは信歩は今まで何回も何回も想定して来た戦いで、矢倉の守りは厚みを失いませんでした。
kjllklk

自分の土俵に持ち込んだと思わせた対戦相手ですが逆でした。

圧倒的な劣勢をひっくり返して見事信歩が勝利を収めます。

そして3回戦はついに優勝候補の駒江第一か、
十歩のいる鎌谷商業にあたることになります。

どちらか勝った方と戦い、そして勝てば準決勝です。

果たしてどちらと戦うことになるんでしょうか?

ここまでがものの歩17話のあらすじやネタバレです。

ものの歩17話の感想

十歩のファンだから安心するというみなとの描写はあざといですなぁ。

作者さんはわかってますわ。
これからもお願いします(笑)

いつか信歩にデレるみなとが見てみたいですが、
それはいつの日になるかわかりませんね。

そしてついてきた能塚さんも信歩に惹かれそうですね。これはみなとさんが嫉妬するところもあるのか気になります。

さらにはついに十歩が登場。
大将とぶつかるようですので、大将になっているのかという問題は大丈夫ですね。

ですが戦いはチーム戦です。
十歩が勝っても後ろ2人が負けてしまえば意味がありません。

果たしてどのような経緯で編入したのかや十歩の思いが聞けそうなので、かなり期待しています。

そして相手の駒江第一の主将も強そうです。
十歩との戦いでどんな人なのかがはっきりわかりそうです。

期待しましょう。

最後に

見事2回戦も勝利した信歩たち。
次に当たるのは駒江第一か十歩かのどちらかになります。

果たしてどちらが勝ち進んでくるのでしょうか?

そして信歩たちは蒼馬が待つ決勝まで進んでいくことができるのでしょうか?

続きを楽しみに待ちましょう。
⇒18話のネタバレや感想はこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする