なでしこジャパンリオ予選の日程やメンバーは?対戦相手考察も

なでしこジャパンは女子ワールドカップでは準優勝に終わりましたが、リオオリンピックでの活躍が大いに期待されております。

今回のオリンピック最終予選は、本大会出場の最後の関門です。

なので、「なでしこジャパンリオ予選の日程やメンバーは?対戦相手考察も」というタイトルで書いて見たいと思います。

タイトル通り、日程やメンバーの紹介、対戦相手の考察、それにまとめとして予選突破には何が必要かなどを書いてみました。

なでしこジャパンのリオオリンピックが気になっている人はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

なでしこジャパンリオ予選の日程

今回の女子オリンピック最終予選は、2月29日から3月9日にかけて日本の大阪で開催されます。

6カ国による総当たりリーグ戦形式で、上位2チームがリオデジャネイロオリンピック2016の本大会に出場出来ます。

男子よりは大分わかりやすいレギュレーション(当該大会での順位決め方式などのこと)となっております。

第1節 2016年2月29日

1 2016年2月29日 19:35
オーストラリア VS 日本  キンチョウスタジアム

2 2016年2月29日 16:35
中国 VS ベトナム  ヤンマースタジアム長居

3 2016年2月29日 19:35
朝鮮民主主義人民共和国 VS 韓国  ヤンマースタジアム長居

第2節 2016年3月2日

4 2016年3月2日 19:35
日本 VS 韓国  キンチョウスタジアム

5 2016年3月2日 19:35
朝鮮民主主義人民共和国 VS 中国 ヤンマースタジアム長居

6 2016年3月2日 16:35
オーストラリア VS ベトナム  ヤンマースタジアム長居

第3節 2016年3月4日

7 2016年3月4日 19:35
韓国 VS オーストラリア  ヤンマースタジアム長居

8 2016年3月4日 16:35
ベトナム VS 朝鮮民主主義人民共和国  ヤンマースタジアム長居

9 2016年3月4日 19:35
日本 VS 中国 キンチョウスタジアム

第4節 2016年3月7日

10 2016年3月7日 16:35
中国 VS 韓国 ヤンマースタジアム長居

11 2016年3月7日  19:35
ベトナム VS 日本  キンチョウスタジアム

12 2016年3月7日 19:35
朝鮮民主主義人民共和国 VS オーストラリア ヤンマースタジアム長居

第5節 2016年3月9日

13 2016年3月9日 16:35
韓国 VS ベトナム ヤンマースタジアム長居

14 2016年3月9日 9:35
オーストラリア VS 中国 ヤンマースタジアム長居

15 2016年3月9日 19:35
日本 VS 朝鮮民主主義人民共和国  キンチョウスタジアム

この日程を見て気付いたことは、これは無茶なスケジュールだということです。

中3日で週2回の試合でもきついのに、中1日で5連戦です。

なんでこんな無茶苦茶なスケジュールを組むのか、疑問を通り越して強い怒りを覚えます。

いったい選手のことをなんだと考えているのでしょうか。
サッカーの試合をするマシンだとでも思っているのでしょうか。

しかも選手枠はワールドカップの23人より少なく、たったの18名です。

前々日の試合から総取っ替えで次の試合をする、ということさえ出来ないのです。

これで中1日の5連戦をやるのはあまりにも厳しいと思うのですが、それでも決定してしまった日程のようですので、なでしこジャパンにはなんとか勝ち抜いて欲しいと願うばかりです。

なでしこジャパンのメンバー予想

なでしこジャパンの正式メンバーは、現状未だ発表されておりません。 よって想像予想妄想の域をでませんが、なでしこジャパンのメンバーを予想してみました。

正式メンバーは18名ですが、「サブ」として出場して欲しい選手も入れました。

GK 福元美穂 海堀あゆみ  サブ 山下杏也加

CB 岩清水梓 熊谷紗希 川村優理 サブ 人材不足

SB 有吉佐織 鮫島彩 近賀ゆかり サブ ここも不足気味

MF 宇津木瑠美 坂口夢穂 猶本光 宮間あや 川澄奈保美 田中明日菜 サブ 猶本光 上尾野辺めぐみ

FW 大儀見優季 岩渕真奈 京川舞 横山久美 サブ 菅澤優衣香 田中美南

スーパーウルトラハイパーオーバードライブサブ 澤穂希

試合には出なくても、「澤さんがベンチに座っているだけで心強い」と言ったなでしこの選手がおりましたもので・・・

選手としてではなく、アシスタントコーチというような形ででも、ベンチに入って貰うわけにはいかないのでしょうか。

今回も又サッカー女子日本代表の中心選手は宮間選手でしょう。
aaa
全盛時代の中村俊輔に匹敵すると言われた程の正確無比なパスは、世界的にも例を見ない素晴らしさです。

只、最近の試合を見ると、その正確性にやや陰りが見えているという感じがしますがリオ予選では頑張ってほしいですね。

攻撃の中心は大儀見選手で、強さとうまさを併せ持つタイプの選手は、日本にはそういません。

うまさ・技術の代表格である岩淵選手、京川選手にも期待はかかります。

又、東アジア大会で好守を見せたGKの山下選手も、もう一度見たいと思っております。

以上がなでしこジャパンのメンバー予想になります。

【追記】
GK海堀あゆみさんが現役引退を発表しました。
リオ予選には出場しないということですね。

リオ予選の対戦相手の考察

なでしこジャパンの対戦相手は、日程順にオーストラリア・韓国・中国・ベトナム・北朝鮮の5チームです。

FIFAランクは以下のようなものですが、女子に限らず男子でもこのランキングと実力はあまり関係ありません。

少なくともランクに比例して強いということはないと思います。

日本(FIFAランク:4位)
朝鮮民主主義人民共和国(FIFAランク:6位)
オーストラリア(FIFAランク:9位)
中国(FIFAランク:17位)
韓国(FIFAランク:18位)
ベトナム(FIFAランク:29位)

この中での最大の強敵は、やはり北朝鮮でしょう。
続いて最近躍進が目立つ韓国とオーストラリア、それに復権途中の中国などが怖い相手です。

なんだ、ほとんど全部じゃないかと仰る方もあるかと思いますが、その通り大半のチームが強敵なのです。

なにせこれはオリンピックのアジア最終予選なのですから、強敵揃いなのは当然でしょう。

少し前まではあまり強くなかった韓国やオーストラリアが、最近非常に力をつけてきています。

それに一時は沈滞気味だった中国も、最近はかなり復調してきているようです。

なでしこジャパンも、1.2年前のようにアジアでは楽勝というわけにはいきません。

強敵をなぎ倒すことが要求されているのです。

予選の結果予想とまとめ

今回の最終予選でもっとも不安な点は、なでしこジャパンとしての直前の対外試合が、全く組まれていないことです。

つまりぶっつけ本番の試合になってしまうのです。

それに加えて中1日の5連戦という超過激(過密を通り越しています)日程です。これで不安にならない人はよっぽど気楽な人だけでしょう。

もう一つの不安材料は澤不在ということです。
今までは試合には出なくても、ベンチには澤がおりました。
jkk
今回は試合中にベンチを見ても、そこには澤の姿はありません。

直接試合の中での戦力というだけでなく、視線の魔術とでもいいますか、彼女がそこにいるだけでなでしこの選手は力を得ていたと思います。

この状態の解決策としては、全員が一つの心としてまとまり、どのようなことがあろうともオリンピックに出て栄光を掴むのだという、強い意志を持つことでしょう。

逆に有利な点としては、なんといっても地元開催。
時差はゼロですし、食事やピッチも慣れ親しんだものばかり、全く心配はありません。

男子のように中東の慣れない芝生と慣れない食事という、デメリットはまるでないのです。

そのようなわけで、対戦相手の力を考えると楽勝とはいかないでしょうが、3位以下ということもあまり考えられません。

恐らくは1位通過、最悪でも2位でリオオリンピックに出られると確信しております。

尚、この最終予選での通過順位は、オリンピック本大会の組合せなどには影響しない為、1位でも2位でも通過しさえすればOKです。

以上、なでしこジャパンのリオ予選日程やメンバーについてでした。

ぜひリオオリンピックでも良い成績が残せることを祈っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする