食戟のソーマ142話のあらすじやネタバレは?読んだ感想

食戟のソーマ142話です。

141話を振り返ると、
唯一の救済措置になるはずの食戟さえも封じられてしまい極星寮からも退去しなくてはいけなくなった創真たち。

その中で負けるのがわかってるはずなのに創真は勝負を挑みます。
llp
果たして打開する手があるのでしょうか?

ここからはあらすじやネタバレを書いていきます。
まだ本編142話を読んでいないという人はご注意ください。

食戟のソーマ142話「卑劣極まれり」。
さっそく行ってみましょう。

スポンサーリンク

食戟のソーマ142話のあらすじやネタバレ

極星寮に書き置きを残して創真は一人食戟の場へ向かいます。

テレビでは食戟が受理されたことが報じられ、
テーマの食材は唐揚げ決戦の件もあるので鶏対決でケリを付けるのはどうかと創真から提案があったということで「さつま地鶏」がテーマ食材になりました。

負けるとわかっているはずの食戟なのに、
創真はいたって変わらない態度でした。

叡山先輩の話も聞かずに食材のチェックをして、
「叡山先輩のことだから…食材になんか卑怯な小細工でもしてるかもしんないっすからね!」
と食戟の勝利を諦めていないという感じです。

そこへ小林竜胆先輩がやってきます。

薙切薊の改革のせいで書類整理に追われているのに叡山先輩の分の仕事などを押し付けられて大変なんだぞと文句を言いに来たのでした。

どうやら久我先輩は未だにボイコットしているようです。

そして勝負は始まります。
hhjkhkhkhk

開始前に叡山先輩は創真に言い忘れていたとあることを伝えます。

「非常に気の毒なんだが極星寮の退去命令…本日これから謹んで行う

なんと伝えていた退去日よりも予定が早まったと、
創真が食戟をしている間に退去させてしまおうという叡山先輩の卑劣な考えでした。

「いい試合にしようぜ」
と創真をおちょくって来ます。

果たして本当に創真に打つ手はないのでしょうか?

ここで食戟のソーマ142話のあらすじやネタバレは終わりです。

食戟のソーマ142話の感想

本当に打つ手はないのか!?
創真が勝負前までひょうひょうとしているので何か手を打っていると思うんですが、全然わかりませんね。

相変わらず創真の冷たい表情は格好良いです。

旨そうな料理を作ったらみんな食べてくれるんじゃないかとかそんな話にはならなさそうだし、これからどうなるのかすごく気になりますね。

そしてボイコットを続ける久我先輩がいつ登場するのかも気になるところです。
早く味方についてほしいですね。

最後に

何も変わらない様子の創真に何か策はあるのでしょうか?

そして叡山先輩は創真の鼻っ柱を折るために極星寮の強制退去を実行します。

創真は食戟も負けて、居場所である極星寮も失ってしまうのでしょうか?

続きを楽しみにしましょう。
⇒143話のあらすじやネタバレはこちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする