火ノ丸相撲7巻のあらすじやネタバレは?8巻の発売日はいつ?

火ノ丸相撲7巻が11月4日に発売されます。

これだけのクオリティの絵を週刊連載で描き続けるというのはすごいことだと思います。

そして火ノ丸相撲は記憶が正しければ休載はないです。

この漫画は絵の迫力なども見どころになっていますので、これからも力強いタッチの格好良い絵を期待していきたいですね。

単行本7巻はどんなあらすじやネタバレになるんだったかなと気になる人もいると思いますので紹介したいと思います。

そして次の8巻の発売日がいつになるのかも予想したいと思います。

スポンサーリンク

火ノ丸相撲7巻のあらすじやネタバレ

火ノ丸相撲7巻は、ついに始まったダチ高対石高のインターハイ予選決勝戦が描かれていきます。

収録としては54話から9話ほどが載せられていると思います。

先鋒の蛍が大会通じて道化を演じるも相手の冷静さな対処に惜しくも敗れてしまいダチ高が1敗を喫します。

そして続いての次鋒で登場が、
レスリング対柔道対決。
國崎対荒木です。

それぞれの王者が強さを求め、
相撲の舞台でも激突します。

荒木の内股を國崎が腰投げで返す中で、荒木は余計な思考を排除して”集中”することで誰にも成しえない速さで國崎の腰投げに反応し払い巻き込みで返そうとします。

荒木がすべてを削ぎ落として得た集中、
國崎は逆に走馬燈のような雑念が頭をよぎります。

相撲部での映像が頭に浮かぶんです。

自分が投げられるという最中で相撲部での責任や思いをすべて抱えたままでも勝つんだという執念がチームメイトの火ノ丸の記憶を呼び起こし「鬼車」で見事返して勝利をもぎとります。
hjhhklhklhkhjk

本当の仲間に巡り合えた國崎が自分の居場所を見つけ、力士として開花した瞬間でした。

これで勝敗は1対1に。

中堅は石高の主将・金森。
ダチ高は五條。

全国トップクラスとも言われる金森に対して、
五條は特訓した空手の突きで挑みます。

五條の突きで相手の体を起こして、さらに追い突きで勝負を優位に運ぶ狙いがありましたがなんと金森は五條の土俵である突き合いを挑んで五條の意表を突きます。

石高は不良のせいで試合出場停止になったこともあります。
今回の五條も不良の番格でした。

「邪魔をするな」という想いをぶつけてくる金森に出鼻をくじかれますが五條も空手の師匠の教えを守り、そして相撲部に迷惑をかけたことの責任を取るためにも負けるわけにはいかないと奮起します。

受けから攻めに転じる空手の真髄で捌いて、必殺の掛け突き「破城掌」を食らわせ手ごたえありでした。

ですが金森は突き合いの勝負では負けを認めますが、金森はその中ですぐに五條の腕を抱え込み片手で五條の体ごと投げ飛ばします。
fjgjgjgjg

五條にとって負けられない戦いでしたが、
金森にとっても石高の主将として全国へ導く責務があるんだというさらに強い思いがありました。

これで1勝2敗です。
次負ければ大将の火ノ丸の戦いを待たずしてダチ高の負けが決まります。

副将は部長の小関。
相手はこちらも全国トップクラスの真田。

真田は初対戦でありながら小関のことを知っていました。

真田は誰よりも相撲が好きで、
相撲部に火を放とうとした不良を一人で追い払って停学になるなど自らの力で相撲部を守り平和を勝ち取りました

それとは対照的に小関は不良に
追いやられて一人で練習していました。

ずっとです。
1人で続くわけがないと思っていた相撲部をずっと続けている小関を見て、新入生も期待できない中であんなに楽しそうに四股を踏めるだろうかと真田は相撲好きな自分でもあそこまで笑っていられるんだろうかと小関に恐怖すら覚えた過去がありました。

小関も耐えて今の相撲部を勝ち取ったのです。

真田は小関のことをずっと知っていて認めていました。

戦況も真田が活路を開こうと攻めて、小関が耐えるという展開になりました。

ですがついにお互いが組み合い、息を止めての我慢比べになると攻め続けていた真田が先に息があがってしまい小関がチャンスだと攻め込みます。

真田も負けじと渾身の力で”うっちゃり”を繰り出しますが、小関は真田よりも先に体が地面に触れてなるものかと必死にしがみつき勝利を収めます。
fjhgjgjh

相撲好きな2人の勝負は耐え忍んだ小関に分配があがりました。

そしてついに大将戦、
因縁の火ノ丸対沙田の再戦です。

中学時代の沙田にあったのは、
勝負の興奮と栄光と少しの退屈だけでした。

ですが今は背負うものが多ければ多いほど、負けられない理由が増えれば増えるほどそれを力に変えることができるんだと成長した沙田がそこにはいました。

そしてそれは火ノ丸も同じでした。

たった数十秒に青春のすべてを賭けた2人の戦いが今始まります。
fujgjgjgj

果たして火ノ丸は成長して帰ってきた沙田を相手に勝利することができるのでしょうか?

ここまでが単行本7巻の収録されている内容だと思います。
詳しい内容は7巻で確認してみてくださいね。

それぞれの想いや責任など描かれていてとても引き込まれる内容になっていますので。

次の8巻の発売日はいつ?

そしてさらに次の単行本8巻の発売日がいつになるかですが、

5巻が7月、6巻が9月、そして7巻が11月と2ヶ月置きに発売されています。

また2ヶ月後という可能性もあると思うんですが今回は3ヶ月後という可能性の方が高いのではないかなと思っています。

ですので発売日は早くて2ヶ月後の2016年1月の上旬、違えば2月の上旬という形になりますね。

詳しい発売日をチェックしましょう。

【追記】
発売日は2月4日になりました。

最後に

火ノ丸相撲7巻のあらすじやネタバレでした。

それぞれの青春や思いが交錯する回想などはどれも面白い内容ですし、そして臨場感や迫力のある絵はとても素晴らしいのでぜひ単行本を買いましょう♪

アニメ化して欲しいなと願うばかりです。
当分来ないんでしょうか?
BDの売り上げなどを考えると相撲では難しいんでしょうか?

作品としてはとても面白いので今後の展開にもすごく期待しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする