フルーツバスケットアナザー4.5話の感想!あらすじやネタバレも

スポンサーリンク




4話からしばらく空いてようやくフルーツバスケットアナザーが更新されていました。

見てみるとなんと4.5話ということで続きの5話ではありませんでしたが、少し話が急だったのでその詳しい説明などがされるのかなと期待して読みました。

続きの5話は来週にでも読めるのかなと思ったのですが、5話の連載は結局11月6日を予定していることがわかりました。

そして4話を振り返ると、
生徒会メンバーに知らないうちに選出されてしまった彩葉が事情を聞きに生徒会室に行くとはじめがいて、改めて自己紹介をされました。

そして結局彩葉は生徒会メンバーとして頑張る決心をするのですが、これからどうなるのかという感じです。
⇒フルーツバスケットアナザー4話の感想!あらすじやネタバレも

ここからは4.5話のあらすじやネタバレを書いていきます。
まだ読んでいないという人はご注意ください。

フルーツバスケットアナザー4.5話さっそく行ってみましょう。

フルーツバスケットアナザー4.5話のあらすじやネタバレ

今回は幕間劇ということで、
読者が気になっているであろうことを説明してくれるような回になりました。

【睦生という人】
4話では生徒会を訪ねても睦生がおらず、代わりにはじめが応対しました。

今回改めて彩葉がなぜ自分を生徒会メンバーに選んだのか聞いているようです。
jjljl
運命…かな?

運命なんだそうです(笑)

「朝、君と出会ったあの時に運命は決定付けられた だからこれは自然なことなんだ」

と少しはぐらかされているような気もするんですが、はじめ曰く「だからいつも言ってるだろ」とどうやら睦生は本当にいつもこのノリで物事を判断しているようです。

「あれぇ…胡散臭い詐欺にあいかけてるかもって気づいたみたいな顔してるよ!」
「自分で胡散臭いとか言うなや」
と睦生とはじめがとても仲が良いというのがわかりました。

【はじめという人】
ll
はじめだって顔を踏まれるなんて運命的な出会いではないかと睦生に言われ、
彩葉がなぜ寝ていたのかと尋ねるとはじめは雨の日に調子を崩しがちなんだそうです。

まるで猫みたいですねという彩葉に少し2人は驚きました。
ですが、
「俺は猫じゃないし抱きつかれても変身はしない」
と言います。

論より証拠だと彩葉を押して抱きつかせ睦生はその姿を写真で撮っていました(笑)

どうやら十二支の呪いでの変身はしないのは本当のようですが、まだ呪いはあるようです。

【花島先生という人】
花島先生から生徒会で困ったときがあったら言ってくれと言われます。

「困ったときには言ってくれれば 呪いを……」
「なーんちゃって…先生だからしないしない……」

どうやら本当に花島咲の弟なのは間違いないようです。

今回は本当に読者の気になるところや登場キャラの紹介という感じでした。

ここでフルーツバスケットアナザー4.5話のあらすじやネタバレは終わりです。

フルーツバスケットアナザーの感想

コメントで花島咲の弟が先生なのではないかと教えていただきましたが、本当に当たりでしたね♪
さすがですねみなさん♪

そして今回で十二支の呪いは消えてはいるようですがまだ存在しているのがわかります。

さらには睦生とはじめは年も1歳違うのですがとても仲が良いのを見ると、子供のころから一緒に育ってきたのだと思います。

夾と由希の子供なのではないかと思いますが子供たちが仲良くしているのは微笑ましいですね。

十二支の呪いが問題ないのか弱まっているだけなのかはまだ分かりませんが、
このお話では彩葉が出会った人たちとドタバタやっていくという話が中心になるのかもしれませんね。

それだったらが出てきても全然OKだと思うので、大人になった彼女が今何をしているのかすごく気になりますので登場して欲しいというのが感想ですかね♪

最後に

フルーツバスケットアナザー4.5話は登場人物の紹介みたいな感じでしたね。

元は月刊の漫画でしたしさすがに毎週連続連載というのは難しかったようです。
5話は11月6日予定ということでまた少し間が空きますが楽しみにしたいと思います。

良ければ次も読んでくださいね♪
続きの5話はこちら。
⇒フルーツバスケットアナザー5話の感想!あらすじやネタバレも

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする