虐殺器官が公開延期?製作見直し理由は前売り券払い戻し方法は?

スポンサーリンク




劇場アニメである「虐殺器官」が公開延期が発表されました。

虐殺器官は、
伊藤計劃さん原作によるアニメーション映画となっており、「Project Itoh」として他に「屍者の帝国」と「ハーモニー」と合わせて劇場アニメとして製作されて今年11月13日に公開予定となっていました。
20141211-gyakusatsukikan_v出典:http://www.cinra.net/news/20141211-gyakusatsukikan

ですが突如製作見直しということで公開が延期になりました。
いつ公開されるかの目処もたっていません。

伊藤計劃さんの小説も読んでいてすでにムビチケなどの前売り券を購入して公開を楽しみに待っていたという人もいると思いますが残念ながら映画は公開されません

なので前売り券の払い戻しが必要になります。

今回なぜ公開が延期になったのか知らない人もいると思いますので、その詳細と今後前売り券の払い戻しはどうしたら良いのかについてお伝えします。

アニメスタジオ「マングローブ」が破産

なぜ虐殺器官が公開延期になったのかと言うと、製作体制の見直しが必要になったからです。

というのも製作をしていたアニメスタジオ「マングローブ」が突如破産手続きを開始したからです。

マングローブはアニメーション制作を直接受注する元請け制作会社の一つで、今回破産することで製作していたはずの虐殺器官も製作を見直す必要が出てきたということです。

受け継ぐという形ができるのか、そもそも破産するつもりでまったく製作していなかった可能性もありますし今後の虐殺器官の製作ができたとしても公開はまだまだ先になりそうです。

虐殺器官の代わりにハーモニーが繰り上げ公開

そして虐殺器官が公開できないという状況になったので、代わりに12月に公開を予定していた「ハーモニー」を繰り上げて11月13日(金)に公開する予定にすると決定しました。
001出典:http://news.mynavi.jp/news/2015/04/09/645/

話が繋がっているわけではありませんが、時代背景は3作で繋がりがあったのでできれば虐殺器官の後にハーモニーを見たかったのにという原作ファンの方もいると思いますが仕方ないようです。

前売り券払い戻しはどうすれば?

そしてすでに前売り券を購入しているという人はどうしたら良いのでしょうか?

10月1日に「Project Itoh」が虐殺器官が公開できないという情報と前売り券の払い戻しを行うというのをホームページで発表しました。

そこで前売り券の払い戻し方法については、
後日作品公式サイトで告知すると発表しました。
⇒詳しくはこちら

なのですでに前売り券を購入しているという人は今後払い戻し情報をチェックしましょう。

最後に

アニメスタジオ「マングローブ」が破産したことで虐殺器官の公開延期が決定しました。

今後のアニメ業界には影響はないようですが、今回の虐殺器官を楽しみにしていたという人には悲報となりました。

しかも時代背景の繋がりのある3部作の2つ目ということで、原作を知っている人は気になっているという人もいるかもしれませんね。

払い戻しについては今後の発表を待ちましょう。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする