食戟のソーマ14巻のあらすじやネタバレは?15巻の発売日は?

食戟のソーマ14巻が発売されました。
44444333

今回の表紙は四宮シェフです♪

それもそのはず単行本しか読んでいないという人はわからないと思いますが
今回は四宮シェフに関する内容が盛りだくさんだからです。

いったいどんな内容なのか気になりますよね?

食戟のソーマ14巻のあらすじやネタバレ、さらには次巻になる15巻の発売がいつになるのかを予想したいと思います。

まだ読んでいないという人は注意してくださいね。

食戟のソーマ14巻のあらすじやネタバレ

14巻は110話からの収録になります。

新戸と共にスタジエールを合格した幸平の新たな研修先になったのはなんと四宮シェフの開店予定をしている「SHINO’S TOKYO」。
2015-08-04 19.30.45
そこで働くことになった幸平ですがプロの厳しさを痛感することになります。

それぞれが役割を持ったチームとして動くため、幸平一人が遅れを取るだけで料理のフルコースを出すことができなくなります。

最初はお客に合わせてコースメニューを出すことや慣れないフレンチということもありミスをしてしまうこともありましたが幸平の上達をみんな認めていきます。

SHINO’S TOKYOプレオープン最終日には貸し切りのゲストとしてシャペル先生と日向子などかつての教え子たちを招きます。

そして四宮シェフは東京に店を出すにあたって田所恵と共に臨んだ食戟の回想でも出てきた四宮シェフの母親も招き、自分の店の料理を振る舞いました。

さらには店で出す新メニューを考える新作コンペに出品を許可された幸平は和食とフレンチの融合を考え「半熟卵と丸焼きのウズラ」を出しますが店で出すわけにはいかないと言われてしまいます。

ですがその料理は評価されたようで、四宮シェフからアドバイスをもらえることとなり幸平は四宮シェフのことを師匠と呼ぶようになりました。

幸平が「SHINO’S TOKYO」を去った後、こっそりなのか分かりませんがお店で幸平の新作コンペの料理をオススメとして出していました。

名前は「うずらの詰め物 リゾットと卵ー生意気小僧風ー」です。

そうしてスタジエールを終えます。

そして新たな行事である「紅葉狩り会」が行われ、十傑メンバーが勢揃いすることとなります。

ここまでが14巻のあらすじやネタバレです。

なぜ四宮シェフが東京に店を出店しようと思ったのか、幸平の新作コンペで出した料理がどんなものなのか気になるという人はぜひ単行本を読んでみてくださいね♪

単行本15巻の発売日はいつ?

そして現在の最高権力を持つ十傑メンバーすべてが登場する食戟のソーマ15巻の発売日がいつになるかです。

食戟のソーマの単行本はだいたい2ヶ月か3ヶ月の頻度で単行本が発売されています。

なので次巻である15巻は2ヶ月後、もしくは3ヶ月の上旬に発売されると思います。

楽しみに待ちましょう。

【追記】

15巻の発売日は10月3日です。

最後に

幸平の研修先がまさかの四宮シェフのお店ということで、フレンチの知識があまりない幸平にとってまたとない学べる場所となりましたね。

このスタジエールで幸平が成長したというのが、髪の長さが伸び大人っぽさが出てきたのがわかります。

週刊少年ジャンプの方のネタバレもしていますので気になる方は見てみてください。

記事はこちら
⇒食戟のソーマ129話のあらすじやネタバレは?感想など【画像付き】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする