毒贄クッキング18話のあらすじの内容ネタバレと感想!

毒贄クッキング18話のあらすじ内容のネタバレと感想です。

ようやく新しくギャーさんが所属している魔物軍の正体が明らかになってくるのかなと思ったのですが、登場したでっかい擬人化した牛のミノ丸をぺポパが殴り合いで圧倒するなどなぜここまで強いのかなどさらに謎が出てきてしまいましたね。

これからどうなるのかなども気になってしかたないので、どんどん続きを読んでいきたいと思っています。

同じく内容をネタバレでもいいので知りたいという人のためにあらすじ内容と感想を書いていきたいと思いますので良ければ見ていってください。

それとebookjapanという電子書籍ストアをご存知ですか?

今なら初回購入で最大5000円分の電子書籍が購入できるキャンペーンをやっていて、無料で読める漫画も9000タイトルあり、無料会員登録で300円分のポイントももらえます。

⇒ebookjapanについて

この漫画の単行本も売っていますので知らないという人はチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

毒贄クッキング18話のあらすじ内容ネタバレ

それでは毒贄クッキング18話のあらすじ内容のネタバレです。

前回ミノ丸をボコボコにしたぺポパですが、格闘技などの話をしているとギャーさんから高級メロンをいきなり渡されます。

何かと思ったのですが、ボコボコにしたミノ丸のお見舞いに行けと言うのでした。

やりすぎだから謝ってこいということでしたが、ぺポパは高級メロンを食べたくて半分食べたメロンをお見舞いに渡すのでした(笑)

ミノ丸が治めている村はみんな見た目は奴隷のように働いているのですが、子供が生まれたという奴隷には育休を取って子供も抱かせろと言ったり、マメが潰れて石が持てないという奴隷には病院に行けと言い、何日も食べてないという奴隷には毎月手取り30万出してるのにどこに消えているんだと怒ります。

何が起こっているのかと思ったのですが、
実はミノ丸は悪さなどしておらず、奴隷として働いている人たちはみんないじめられたい変態な奴隷たちがわざわざミノ丸に仕えていたのでした(笑)

ミノ丸はちゃんとした侵略がしたいと涙するのを、ぺポパは関係なく「ステーキ食わせろ」と脅すのでした(笑)

やられっぱなしではいられないとまた戦おうとするミノ丸ですが、返り討ちにされて食べられそうになるのです奴隷たちが食べるなら自分たちをどうぞと言い出してぺポパもドン引きして逃げ出すのでした。

自分を食べてとか正気の沙汰ではないと言うのですが、ギャーさんからすればそれはそのままぺポパが自分にしていることと一緒なので、どれだけ嫌なのかわかったでしょとぺポパに言うのですが、ぺポパは何のことかわからないと寝てしまうのでした。

ここまでが毒贄クッキング18話のあらすじのネタバレです。

毒贄クッキング18話の感想

この世界にはまともな侵略をしている魔物はいないんだろうなというのが良くわかりましたね(笑)

ですが結局なぜぺポパが格闘で強いのかというのはよくわかりませんでしたが、手取り30万円で自分の趣味にあったお仕事なんて最高ですよね(笑)

手のマメが潰れたら休んでいいらしいので自分もその村で働きたいです…(切実)。

とりあえず今回は魔物軍の一人のミノ丸というキャラが登場したということで、これからもどんどん新キャラが出てくると良いなと思いましたね。

最後に

毒贄クッキング18話のあらすじ内容のネタバレと感想でした。

新たな魔物軍として登場したミノ丸ですが、侵略している村も奴隷で無理矢理働かせているわけでもなくむしろ従わされているような優しい魔物でしたね。

今後まだまだ新しいキャラの登場が期待されますので、今後に期待したいですね。

そしてギャーさんとぺポパの関係は進展があるのかについても続きを楽しみに読んでいきたいと思います。

⇒19話のネタバレと感想

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする