極主夫道13話のあらすじネタバレと感想!雅の部屋訪問?

続いて極主夫道13話のあらすじのネタバレと感想です。

まだまだタツの専業主夫を極める道は続いて行きます。

前回は初のフリーマーケットで主夫を極めるために買ったり作ったりしてしまったものを売ろうとしたところでヤクザがやってきて一悶着あったという形ですが見事にタツが収めましたね(笑)

今回はどのような話になるのかというと改めて舎弟となった雅の部屋にタツが行くようです。

どんな話なのか気になるという人のためにあらすじのネタバレと感想を書いていきたいと思いますのでもう読んだという人も良ければ見ていってください。

それとebookjapanという電子書籍ストアをご存知ですか?

今なら初回購入で最大5000円分の電子書籍が購入できるキャンペーンをやっていて、無料で読める漫画も9000タイトルあり、無料会員登録で300円分のポイントももらえます。

⇒ebookjapanについて

極主夫道1巻も売っていますので知らないという人はチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

極主夫道13話のあらすじのネタバレ

それでは極主夫道13話のあらすじのネタバレです。

雅の部屋へタツが訪れると、雅は何かをやらしていたのかタツに問い詰められます。

「おい…雅お前これどういうことや」
「す…すんまへん兄貴」
「やってもうたんはしゃーない」

いったい何をやらかしたでしょうか?

それは、部屋が洗濯物でぐしゃぐしゃだったのでした。

もう一気に洗濯機に全部つっこんで洗ってしまえばいいのではないかと雅が洗濯機に服を入れようとするとタツがいつものビンタをします。

「素人がぁ」
「っす」
「白いモンと色柄モンとシマ分けんかい!!」

色移りをなめるなと怒ります。

さらに雅はカレーうどんを飛ばした服、ジュースこぼした服、アイスつけた服、泥つけた服と散々服を汚していました。

ですがタツはそれをすべて手を出すなと1人で汚れをあらかじめ酸素系漂白剤を作って落としていきます。

そして洗って干して綺麗になったと満足していたのですが、綺麗になった洗濯物が飛んでいってしまい道路に落ちてしまい、2人はそれを真顔で見続けているのでした(笑)

ここまでが極主夫道13話のあらすじのネタバレです。

極主夫道13話の感想

このかんばったのに台無しになって真顔になるという経験はよくわかりますね。

毎回終わり方がシュールすぎます(笑)
今回は特にシュールでした。
え?これで終わり?みたいな感じです。

結局雅とも仲良くやれているということで良かったなという感じですが、雅のバカっぷりは留まるところを知らないという感じですね。

雅とタツのコンビはピッタリかもしれません。

今回のヤクザネタとしては洗濯でシマを分けろということでしたが、またベタな感じで良かったですね。

続きを早く読みたいですね。

最後に

極主夫道13話のネタバレと感想でした。

日々クラゲバンチというサイトで更新されていて最新話周辺ならばいつでも無料で見られますのでぜひ読んでみてはどうかと思います。

そして単行本も発売されていて、すでにPVで声優さんが声をあてているのでアニメかなども期待できますね。

アニメかをやる場合は短い感じになると思いますが見てみたいですね。

そして続きを楽しみにしたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする