極主夫道6話のあらすじネタバレと感想!新しい家族判明?

はーいそれでは極主夫道6話のあらすじのネタバレと感想です。

前回は奥さんのとタツのエピソードが初めて描かれましたが、今回はどのようなエピソードになるのかまたヤクザのネタを交えてのエピソードになるのではないかということでヤクザだったのに今は専業主夫というギャップを楽しんでいきたいですね。

そして今回はいきなりネタバレとしては、
新しい家族がいることが読んでわかっています!

いったいどのような新しい家族なのかまたネタバレで紹介したいと思いますので良ければ見ていってくださいね。

それとebookjapanという電子書籍ストアをご存知ですか?

今なら初回購入で5000円分の電子書籍が購入できるキャンペーンをやっていて、無料で読める漫画も9000タイトルあり、無料会員登録で300円分のポイントももらえます。

⇒ebookjapanについて

この極主夫道の1巻も売っていますので知らないという人はチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

極主夫道6話のあらすじのネタバレ

それでは極主夫道6話のあらすじのネタバレです。

タツが料理をしていると電話が来ます。

「会長が来る?時間は…」

会長が誰かわかりませんが、会長が来る前に掃除をしないといけないようです。

そこで一仕事やってもらおうと誰かに掃除を頼んでいますね。

「えらい腕を買われとるみたいやけど…俺はまだ認めてへんぞ」

と丸い円盤の上のボタンをポチっと押すと「ウイイイン」と動き出します。

お掃除ロボットでお馴染みのルンバですね(笑)

床に顔を這わせてルンバが通ったところの汚れを確認し、そっちのシマはお前に任せたと言った束の間、ルンバは隅のコードを避けて掃除していきます。

「もっと角ん所カチコまんかい!!」

隅が一番汚れがたまっているんだと説明しながら掃除を実演するのですが、ルンバは話を聞かずにそのままどこかへ行ってしまいます。

「所詮は結婚式でもうてきた素人やの」

と主夫をなめるなと自分はたとえ血でも足跡指紋でもどんな痕跡でも綺麗に掃除できるとやっていると、猫が邪魔してくるのであっちに行っときと厄介払いするのですがその猫がルンバに尻尾を吸われてびっくりして暴れまわります。

コードに引っ掛かり炊飯器を落とし、飛び掛かって棚上のワインを落とし、それが駆け付けたタツの顔面にヒットします(笑)

そこへ婦人会の会長がちょうどやってきて、物音を聞きつけてドアを開けるとそこには血だらけのタツと静かに掃除を続けるルンバが(笑)

「すんまへん会長…ヘタこきましたわ…」

カチコまれたんでしょうか?(笑)

「いやぁね…生意気な若いのが入ってきたもんで…」

どうしたのかと聞かれて答えている間に、ルンバは静かに役目を終えて充電器に戻っていくのでした(笑)

ここまでが極主夫道6話のあらすじのネタバレです。

極主夫道6話の感想

というわけで新しく家族となったのはお掃除ロボットのルンバくんですね(笑)

猫は1話くらいから確かいましたよね。

その猫とは相性が悪くて、新しい家族がやらしてくれたというようなお話でした。

会長というのが婦人会の会長で、ワインが割れて血まみれになって「ヘタこきましたわ…」は面白かったですね(笑)

またワインが血に見えるなんてベタ中のベタなの持ってきたなと思いましたが王道という感じですよね。

新しい家族のルンバがこれからまた活躍があるのかについても期待したいですね。

こんな大惨事になるなら普通はもう使わないかもしれないですけどね…。

今回も面白かったです。

最後に

新しく家族になったのは奥さんが結婚式でもらったきたルンバでした。

引き出物でルンバなら大当たりですけどね(笑)

一緒に飼っている猫と合わせて今回はエピソードが見られて良かったなと思いました。

まだまだタツの専業主夫エピソードの続きが見たくなりましたね。

気になるという人はぜひ本編を見てみましょう。

⇒7話ネタバレと感想

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする