極主夫道5話のあらすじネタバレと感想!嫁の職業判明?

極主夫道5話のあらすじのネタバレと感想です。

まぁわかっていたことなのですがヤクザが専業主夫になるというギャップを描く作品なのであまりバイオレンス要素よりはシュールなギャグ路線ということで今まで読んで来ました。

絵も迫力があって話のオチもなんかシュールで面白いんですが、そろそろ奥さんのことについてのお話が見たいなと思っていたところについに来ました。

奥さんと主人公タツの絡みが!!

というわけで今回は奥さんも登場するお話です。

今回もあらすじネタバレと感想を書いていきたいと思います。

それとebookjapanという電子書籍ストアをご存知ですか?

今なら初回購入で5000円分の電子書籍が購入できるキャンペーンをやっていて、無料で読める漫画も9000タイトルあり、無料会員登録で300円分のポイントももらえます。

⇒ebookjapanについて

この極主夫道の1巻も売っていますので知らないという人はチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

極主夫道5話のあらすじのネタバレ

それでは極主夫道5話のあらすじのネタバレです。

今日はどんな専業主夫の生活を垣間見せてくれるのかと楽しみですね。

とここで奥さんの職業が明らかになります。
奥さんはバリバリのキャリアウーマンでデザイナーさんだということです。

タツはそしてなぜかアニメランドというお店にいつものヤクザの恰好にエプロンという不格好な服装で来ていました。

お店の人はヤクザなのかと警戒しています(笑)

そしていつものお弁当などを入れるスーツケースをカウンターに置くと真剣な顔でこう言うのです。

「声は出すな目線も外せ」

店員が何を言われるのかとびっくりしていると、

「クライムキャッチポリキュア☆のブルーレイBOXはあるか?」
「ポリ…」

ヤクザからいきなりアニメのブルーレイBOXはあるかと言われてびっくりしますが、店員は思い出したかのようにポリキュアのブルーレイBOXについて語り出し、ブルーレイBOXにも何種類か種類があるのですがどれがいいのかなどを説明してくれます。

ですが、タツはそんな店員の喉をトンと叩いて喋るのやめさせ、

「金ならあるとっととブツを用意してくれ!袋はこちらで用意する」

と強引にブルーレイBOXを買って帰るのでした。
それほど買うのが恥ずかしかったのでしょうか?(笑)

そして家で奥さんが仕事が終わって帰ってくると、タツは全身をくまなく検査して安全を確認します。

部屋に入ると神々が祭られているかのような飾りつけに、三角帽を被ったタツがケーキを持って登場します。

「ハッピバースデートゥーユー…ハッピバースデートゥーユー…」

ろうそくで照らされて人相の悪いタツの顔はさらに怖い顔になっていました(笑)

ああ、なるほど奥さんの誕生日プレゼントをバレないように買いたかったんですね。

そしてプレゼントを渡すと奥さんはポリキュアをわざわざ買ってきてくれたことに驚くのですが、ですがそれはもうすでに奥さんが持っているやつでした(笑)

だから店員さんが種類などを説明してくれていたのに(笑)

しばらく2人の間で沈黙が流れます。

「けじめええええ」と叫んで包丁を取り出すタツを、奥さんが慌ててラリアットして窓ガラスを割るほどに吹き飛ばして止めたというお話でした(笑)

ここまでが極主夫道5話のあらすじのネタバレです。

極主夫道5話の感想

これで奥さんの美久さんの職業がわかりましたね。

そしてそれ以上に奥さんもメチャクチャ強いということも判明しましたね(笑)

同じくヤクザ関連という可能性はありますが、どちらかというとラリアットなのでプロレス関連、さらにはもともと2人は幼馴染で不良のヤンキーだったというようなエピソードが考えられますね。

奥さんの美久さんの方はヤンキーをやめてそのまま就職して、タツはヤクザとして続けていたのですが美久さんに惚れたのか惚れられたのかわかりませんが専業主夫としての道を選んだということなのではないかと思います。

実際はどうなのかわかりませんので、美久さんについてはまだまだ秘密がこれから増えていきそうですね。

とりあえずはタツのヤクザなのに専業主夫というシュールさの話が続くんじゃないかと思います。

どんどん読んでいきたいなという感じですね。

最後に

最凶ヤクザの奥さんもとっても強かったというお話でしたね(笑)

結局わかったのは奥さんはデザイナーでキャリアウーマンで、アニメが好きで強いということです。

毎回窓ガラスが割れないとダメなんですかねこの漫画(笑)

果たして次はどんな専業主夫の日常を送るのか期待したいですね。

⇒6話のネタバレと感想

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする