極主夫道4話のあらすじネタバレと感想!現役ヤクザとバーゲン?

スポンサーリンク




続いて極主夫道4話のあらすじネタバレと感想です。

3話ではついにタツがヤクザをどうのようにやめて専業主夫になったのかに迫る話として、舎弟だった雅との再会が描かれていましたね。

そしてそのまま雅との話しが続くと思われたのですが、実は違うんですよね(笑)

これからさらにどのような話になっていくのか気になるところなのですが、なんと今度は現役ヤクザとまたしても再会してしていざこざに巻き込まれます。

果たして今回はどのような話なのか、あらすじをネタバレと感想を紹介したいと思います。

それとebookjapanという電子書籍ストアをご存知ですか?

今なら初回購入で5000円分の電子書籍が購入できるキャンペーンをやっていて、無料で読める漫画も9000タイトルあり、無料会員登録で300円分のポイントももらえます。

⇒ebookjapanについてはこちら

極主夫道1巻も売っていますので知らないという人はチェックしましょう。

極主夫道4話のあらすじネタバレ

それでは極主夫道4話のあらすじのネタバレです。

部屋でカーテンを閉めてタツが一人で何やら考えこんでいます。

(ターゲットは決まっている…時間もルートも確認済み…あとはやるだけや)

と何かの作戦を確認しているようです。

そして場面変わって国巴組のヤクザがタツを知り合いが見かけたという噂があるという話をしていました。

国巴組はタツに潰された恨みがあり、命を狙っているやつもいると話しているといきなり自転車で車の窓ガラスに顔だけ突っ込んできます。

タツでした(笑)

「…あれお前国巴組の…」

と偶然にも出会った憎いタツを捕まえようとする国巴組ですが、タツは時間をくっている場合ではないと自転車を捨てて走り出したのでそれを追います。

追いかけた先はなんとデパートで、回り込んでタツを捕まえようとすると振り返ったタツが「お前はあっちだ!!」と指示を出してきます。

何のことかわからない国巴組のヤクザでしたがそれに思わず従うと、そこはバーゲンセールをやっていた会場でした。

持っておけと言われたものを言われた通りに持っていたのですが、戦利品はトレーナー1枚に靴下1足と手袋だけでした。

「バーゲンは戦場や主夫なめとったらあかんぞ」
とめちゃくちゃタツに怒られる国巴組のヤクザはようやく正気に戻ります。

「こんな主夫がいるかぁ」と銃をつきつけて誰の差し金だと問い詰めようとするのですが、タツはそれを華麗に捌いて戦利品の手袋を着けてあげるのでした。

「これから寒くなるからな」

昔、貧乏だからこんなものしか買えないけど…と母親がくれた手袋のことを思い出して、国巴組のヤクザは泣き崩れてしまうのでした。

というわけでタツは国巴組のヤクザとのいざこざをこうして無事に回避したのでした(笑)

ここまでが極主夫道4話のあらすじのネタバレです。

極主夫道4話の感想

今度もやめたヤクザとの絡みとなりましたが、正直今回は全然進展なしという感じですね(笑)

こんな主夫がいるかぁとようやく突っ込みが入って安心しています。

主婦と言えばやはりバーゲンということで、目ぼしいところをどんどんタツが制覇していっているように感じますが果たして次は何がくるのかもう楽しみになってきました。

顔を車の窓ガラス突き破るくらいのことをしてもとくにケガなしなのを見ると、不死身の龍という悪名からも想像できる通りものすごく体が強いんでしょうね。

専業主夫ですがそろそろ白熱のバトル展開もあるんでしょうか?

続きはどうなるのか楽しみですね。

最後に

極主夫道4話のあらすじのネタバレと感想でした。

車の窓ガラスぶち割っといてバーゲンの方を優先というまだまだ常識がおかしいという部分を残しつつそれでも専業主夫を頑張っているという感じなのですが、果たして今後タツは専業主夫を続けていけるのでしょうか?

これで抗争相手だった国巴組とは和解なのでしょうか(笑)?

続きがまだまだ気になるので読んでいきたいと思います。

⇒5話のネタバレと感想

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする