地獄楽2巻のあらすじネタバレや感想!他の死刑囚も続々登場?

それでは続いて地獄楽2巻のあらすじのネタバレと感想についてです。

毎週月曜にジャンプ+で連載しているということですので、これからどんどん連載されていけばまた話題になるかもしれませんね。

地獄楽2巻の内容を呼んでいないけど内容だけ知りたいという人向けにまたネタバレと感想を軽く書いていきたいと思います。

良ければみていってください。

それとebookjapanという電子書籍ストアをご存知ですか?

今なら初回購入で最大5000円分の電子書籍が購入できるキャンペーンをやっていて、無料で読める漫画も9000タイトルあり、無料会員登録で300円分のポイントももらえます。

⇒ebookjapanについて

この漫画の単行本も売っていますので知らないという人はチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

地獄楽2巻のあらすじネタバレ

それでは地獄楽2巻のあらすじのネタバレです。
出典:https://www.amazon.co.jp

画眉丸と佐切の前に現れたのは顔が魚になって腕がたくさんあるけど人間の体をした生き物でした。

手は祈りのポーズで数珠を付けていてどこかやはり人工的な感じ。

それでも危険だと本能が告げていると画眉丸は撃退します。

画眉丸は常軌を逸した修行を積んだことで体を発火させたりととにかく目の前の敵を排除することを考えますが、敵は湧いて出てくるようにいろんな化け物が出てきます。

佐切はあまりのことに気が遠くなりそうになり、画眉丸はとにかく集中して敵を倒そうとするのですがやはり佐切のことが気になって助けてその場から逃げ出します。

画眉丸が捕まりそうになったところを助けてくれた人がいました。

他の死刑囚とその付き添いの首切り役でした。

その死刑囚はくノ一の杠(ユズリハ)で画眉丸と同じ忍者で、協力しないかと持ち掛けられます。

情報を渡すから戦力になれと。
ここでは化け物よりも虫の方が危なくて刺されたら花になってしまうことも教えてくれます。

どうやって知ったのか、それは他の死刑囚を騙して実験したのです。

それほど危ない相手でしたが画眉丸は協力することを了承します。

そして他の死刑囚にも化け物が襲い掛かっていました。

盗賊亜左兄弟です。

その死刑囚2人は兄弟で、兄は状況をすぐに理解し飲み込むことで今までの人生を乗り越えてきました。

父親が打ち首になっても、母親が病死しても、野盗に襲われてもすぐに馴染んで仲間になって生き延びます。

侍の子が盗賊になって何が正しいのかわからないという弟に兄は、弱みを見せれば死ぬぞと自分が道しるべになるから俺を信じろと言い聞かせられ弟も今まで生きてきました。

化け物を退けながら、仙薬を見つけたら自分で飲み、もう誰にも自分たちの生き方に口出しさせないようにするんだと2人で決めます。

他にも島から出ようとする山の民ヌルガイと打ち首執行人。
打ち首執行人が死刑囚ヌルガイのことを死ぬべきではないと庇い、船で脱出しようとするのですが海流が島から出られないようになっていて、さらに化け物に襲われて船を壊されてしまいます。

ヌルガイは山の民で、独自の文化を築く種族としてヌルガイ以外すべて殺されてしまいました。

ヌルガイは生きるべきなのか自分が侍を連れて行ったことでみんな死んでしまった過去があり、償いとして死ぬべきなのか悩んでいましたが打ち首執行人の典坐は自分自身が行きたいかどうかだろうと助けます。

そしてヌルガイも生きたいと戦い、なんとか船は失いましたが生き残りまた島の探索をするのでした。

さらに備前のダイダラボッチと呼ばれる死刑囚は、
付き添いの打ち首処刑人を殺して画眉丸たちの前に現れます。

それは人間とは思えないほどの大きな体を持ち、つねに空腹でどんなものであろうと関係なく襲い掛かるまさに怪物でした。

画眉丸1人ではどうにもならなかったのですが佐切も協力し、備前のダイダラボッチを撃退します。

そしてなんと驚いたことに村を見つけます。

果たしてその村には誰かいるのでしょうか?

ここまでが地獄楽2巻のあらすじのネタバレです。

地獄楽2巻の感想

続々と生き残った死刑囚たちの過去についても触れられていきますね。

そして脱落していく死刑囚と打ち首執行人。

そして一番の気になる島の謎についても明かされていきますが、死刑囚たちがそれをどうやって乗り越えていくのか今後が楽しみです。

あまり打ち首執行人については描いていませんが、これがまた一癖も二癖もあるキャラばかりでこちらも見どころとなっています。

私が思ったのは備前のダイダラボッチにやられた打ち首執行人は佐切たちの言動からして一番の腕利きの人物でした。

それがやられた描写が1コマあるだけで終わっていましたが、もしかしたら本当は生きているのではないかと勝手に予想しています。

後々違う方面で謎を解き明かしているのではないかとか、本当は敵側だったりするのではないかと。

これも続きが気になる部分でもありますね。

最後に

地獄楽2巻のあらすじのネタバレと感想でした。

まだまだ謎が解き明かされてはいませんが生き残った死刑囚の過去や人柄について多く触れられており、今後島の謎と合わせてどのような展開になっていくのかが気になるところですね。

テンポも良くてどんどん謎に迫っていく感じが面白いです。

続きを楽しみにしましょう。

⇒3巻のネタバレ感想

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする