スリーバイスリー(バスケ)のルールや観戦できる会場はどこ?

「スリーバイスリー(3×3)」とはバスケットボールの一種です。

公園などでよく行われている3人制のストリートバスケが「スリーオンスリー(3on3)」と呼ばれており、その「スリーオンスリー」にFIBA(国際バスケットボール連盟)が正式なルールを作ってはじめられたのが「スリーバイスリー」となります。

「スリーバイスリー」は場所を選ばずプレーできて、都市におけるナンバー1スポーツとして2020年夏に開催される東京オリンピックでも正式種目に追加され今とても注目を集めているスポーツのひとつです。

その注目されるスリーバイスリーの基本ルールと迫力あるプレーが観戦できる会場がどこにあるのかについても軽く紹介します。

スポンサーリンク

スリーバイスリーのルールは普通のバスケとは違うの?

プレーに関してはボールを持って歩けるのは2歩までなど、基本はバスケットボールを一緒です。

5人制との違いはプレヤーの人数、コートの大きさといった試合を進行するルールが違います。

文字通りスリーバイスリーは3人対3人で試合を行います(登録は4名)。コートの広さは5人制の横15m×縦28mのコートに対し、横15m×縦11mの約半分のコートで試合を行います。

試合時間は10分の1ピリオドで終了です。ただし10分を待たずに21以上を得点した時点で試合終了となります(ノックアウト勝利)。

得点はアークライン(スリーポイントライン)の内側で1点、外側で2点、フリースローは1点で加点されていきます。

攻撃可能時間(ショットクロック)は5人制の24秒に対し、半分の12秒となるためスピード感あふれる試合が展開されます。

そのスピード感がスリーバイスリーの最大の魅力です。

その他の違いとして、守備側がリバウンドした場合は1度アークラインの外まで運んで攻撃開始となります。交代におきましても5人制は交代者が交代を申し出るのに対し、スリーバイスリーは申告なしに交代できます。

5人制と比較し随所にストリート感が残るようなルール設定となっており、観客も一体となって興奮できる試合環境です。

スリーバイスリーを観戦できる会場はどこ?

スリーバイスリーにも5人制バスケの「Bリーグ」のようなリーグ戦が日本各地で開催されています。

それが「3×3.EXE PREMIER」というリーグです。

⇒ホームページはこちら

男子が6地区(北日本、関東北、関東南、中部、西日本、九州・沖縄)に別れて36チームが全454試合の熱戦を繰り広げています。

関東地域では、東京品川の大森ベルポートや東京立川市の立川立飛アリーナ、栃木宇都宮市オリオンスクエアなどで開催されています。

その他宮城、静岡、愛知、岡山、兵庫、佐賀、鹿児島などで開催されてきました。

現地で生観戦することをおすすめいたしますが、どうしても現地観戦できない方は「3×3.EXE」の公式ホームページで動画配信も行っているのでそこで観戦できます。

会場での観戦はコート周辺のエキサイティングシートとその外側の立ち見席があります。

立見席は無料で観戦できます。

エキサイティングシートはオフィシャルグッズを3,000円以上購入することでチケットがもらえます。

まずは無料で立ち見観戦することをおすすめします。

また、PUREMIERとは別に一般参加ができる大会も開催されているのも嬉しいですね。

最後に

スリーバイスリーの最大の魅力は「スピード感」です。
5人制バスケと比較してもボールが止まることがないので見ている観客も飽きることがありません。

3人対3人であるためスペースを活かすことができ、華麗なドリブルテクニックや1対1の駆け引きも魅力のひとつです。

また、他の球技にはない「ノックアウト勝利」というのも魅力です。

一般的にバスケは身長の高いチームが有利と言われておりますが、スピードがあってシュート力があれば、小柄なチームでも勝利する可能性が大きくなります。

バスケでは「ダンクシュート」という花形プレーが観客を魅了する定番プレーでありますが、実は「小人が巨人を倒す」というのもそれに匹敵する魅力です。

スリーバイスリーはバスケを魅了するすべての要素が詰まっている新たなカテゴリーであることは間違いありません。

チームを運営していく上でも5人制では12名以上抱える必要がありますが、スリーバイスリーは4名以上で良いので比較的運営しやすくなりプロチームが増えて行く可能性を秘めた球技です。

「3×3.EXE」リーグが5人制の「Bリーグ」と匹敵する観客動員数となる日もそう遠い未来ではないかもしれません。ぜひスピード感溢れる興奮する「スリーバイスリー」を体験してください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする