元木大介が日本代表監督になぜ選ばれたのか理由!世間の声は?

元巨人軍で野球評論家でバラエティなどでも大活躍していた元木大介さんがU12の日本代表監督になったことが明らかになりました。

日本代表監督と発表されたときに侍ジャパンの監督でオリンピックを戦うのかとびっくりしてしまいましたが、12歳以下の監督さんなんですね。

それはさすがにないですよねびっくりしました(笑)

元木大介選手と言えば、
みんな口を揃えて「クセ者」だと言いますよね。

このクセ者っていう表現を悪い表現ではなく、良い方の表現で言われるのがこの元木大介選手でしたがなぜ日本代表監督に選ばれたのか理由を知りたいですよね。

さらにはそのことについて世間ではみんなどう思っているのかも気になります。

そのあたりを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

元木大介が日本代表監督に選ばれた理由は?

私は正直12歳以下の野球の世界大会で日本がどれだけの成績を残しているのかよく知らなかったんですが、U12日本代表は3大会連続の優勝を目指している最中だということでした。

つまり今現在連覇しているという状態で元木大介さんが日本代表監督になるということです。
出典:https://www.hochi.co.jp/entertainment/20170823-OHT1T50079.html

それはちょっと心配になってきましたね。
3連覇できなかったら何か言われそうで。

調べていると元巨人軍で不動の1番だった仁志敏久選手も現在U12の日本代表監督を務めているというのも初めて知りましたね。
出典:http://www.japan-baseball.jp/jp/profile/201301005.html

仁志選手がU12の監督をしているというのも知らなかったのでびっくりしました(笑)

どうやらU12はU12でも違う分野での日本代表監督を元木大介さんが務めるということのようです。

どう違うのかは私も詳しくわからないので、違いがわかる人いたらぜひともコメントで教えていただけたら嬉しいです。

今回務めるのはカル・リプケン12歳以下(U12)世界少年野球大会での日本代表監督で、5月8日にトライアウトなどを行って出場選手を絞り込んでいるという話もfacebookに載っていました。

⇒Team Hoshino/カル・リプケン少年野球世界大会日本代表

そして今回のカル・リプケン12歳以下(U12)世界少年野球大会での日本代表監督に元プロ野球選手が就任したのは初めてということですがなぜ元木大介さんが選ばれたのかです。

実は息子さんがその代表選手に選出されていて、その繋がりから監督にならないかと声がかかったからというのが理由みたいですね。

そしてこの2007年からボーイズリーグとヤングリーグで結成されたU12日本代表は今はもう亡くなっているんですが星野仙一さんが立ち上げた団体で、星野仙一さんからもやってみないかと声を掛けられたこともあったようです。

自分の息子がいるということもあり、今回日本代表監督を引き受けたということですね。

もともとは少年野球の監督さんが務めていたのかな?

それならば元プロ野球選手である元木大介さんが監督をいきなり務めるという話になってもおかしくはありませんよね。

2週間ではありますが、元木大介さんが日本代表監督として戦ってくるというわけですね。

元木大介監督への世間の声は?

それでは元木大介さんの日本代表監督に対してどう思っているんでしょうか?

まあそういうイメージがあるのでそう思われても仕方ないですよね(笑)

向いていると思う人も多いようですね。

やっぱりU12でも違うんでしょうか?
メンバーも見てみましたがそれぞれ全然違いましたね。
メンバーの集め方なども違うんでしょうか??

やっぱりみんな驚きますよね(笑)

というわけでコーチなどの経験のない元木大介さんが日本代表監督で大丈夫なのかという意見も多いですが、子供たちには元木大介さんが監督というのは明るい雰囲気などが合っているのではという人も多かったですね。

最後に

U12では仁志選手が現在ワールドカップクラスの監督を務めていて、今回の元木大介さんが勤めるのはカル・リプケン12歳以下(U12)世界少年野球大会での2週間だけの監督のようですね。

ですが日本は連覇していて3連覇がかかっているというところでの監督起用には、息子さんがメンバーとして選ばれているのが大きな理由だったということがわかりました。

息子を叱って周りにも厳しいアピールをしたいと話していましたが、12歳の息子さんは元木さんの現役時代を知らないですからね。

息子さんに自分を超えてみろと話したりしているそうですので、今12歳ですから6年後に甲子園などで名前が出てくるんじゃないかと今から楽しみです。

3連覇できるのかも気になるという人は結果にも注目しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする