ロシアW杯決勝の乱入した警察官4人は誰で目的は?動画あり!

ロシアW杯の決勝戦でクロアチア対フランスの試合が行われ、見事フランスが勝利しました。

ですがそのロシアW杯の決勝の最中に4人の警察官が乱入してきて取り押さえるという騒ぎになりました。

この乱入してきた4人の警察官は誰で何が目的だったのでしょうか?

試合は問題なく終わってはいるのですが、乱入した警察官4人の目的について気になったので動画なども含めてちょっと紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ロシアW杯決勝に乱入してきた警察官4人は誰?

このロシアW杯の決勝で乱入してきた警察官4人は結局誰だったのでしょうか?

よく動画やアップされている画像を見ると警察官のコスプレをしているだけのマナーのない観客のようにも見えます。

実際はこの4人はプッシー・ライオット(Pussy Riot)というロシアのパンクバンドのメンバーでした。

普段は許可を取らずにモスクワ地下鉄や赤の広場で即興演奏をしていて有名な人たちでした。

なぜ警察官のコスプレをしているのかという点ですが、それがこの乱入の目的を表していたというわけです。

乱入した目的は?

ではなぜロシアW杯の決勝で警察官の服を着てこのプッシー・ライオットが乱入したのか目的についてです。
出典:http://rollingstonejapan.com/articles/detail/28675

それはデモが目的でした。

この日は、ロシアの詩人ドミトリー・プリゴフの11年目の命日にあたるんだそうです。

理想的な警察官は神と以心伝心である一方、世俗的な警察官はデモ行進を解散させようと待ち構えているなどドミトリー・プリゴフはロシアの理想的な警察官についてや権力を批判したりしていた人です。

彼らが乱入して伝えたかった目的としては、
1. 全ての政治犯を解放すること
2. 「いいね」の罪で拘束しないこと
3. デモ行進中に不法に逮捕しないこと
4. 国内での自由な政治競争を容認すること
5. 罪状をでっちあげ、理由なく収監しないこと
6. 世俗的な警察官を、理想的な警察官に変えること

これらはすべてプッシー・ライオットが犯行声明を出している中で話していたものです。

プーチン大統領が再選された大統領選挙への抗議活動の一環として2012年3月、ロシア正教会がプーチン大統領と「癒着」しているとしてモスクワにあるロシア正教会の大聖堂に目出し帽姿でゲリラ演奏をするなどして抗議したりもしていました。

このロシアW杯の決勝もプーチン大統領が観戦に来ていたために狙われたというわけですね。

今回の乱入は弾圧などに対してのデモというわけですね。

乱入した罪はどれくらい?

そしてロシアW杯決勝に乱入した4人ですが、ロシアの裁判所は16日、4人に15日間の禁錮刑を言い渡しました。

さらには3年間のスポーツイベント入場も禁止という判決になりました。

たったそれだけなのかと思ったのですが、
どうやらこれでもサッカーの試合などに乱入した事件では1番重い判決だったみたいですね。

乱入などで選手が危ないなどの可能性を考えればもっと重い罪を課さないと抑止力にならないように思うのですが、これではプーチン大統領が観戦していればまたやるということになると思いますし罪が軽いなら自分も乱入したいという人も出てくるんじゃないかと心配になりましたね。

この乱入に関しての感想

日本人にとってはサッカーの試合に乱入なんて考えられないような事件ですよね。

これについてみなさんどう思いますか?

プッシー・ライオットがやったことは、彼らからすると殺されてもしょうがないという思いで行った乱入でした。

それでもメッセージを伝えたいという気持ちがあり、ロシアW杯の決勝はここしかないという場面だったんですよね。

当然ですがその乱入を快く思わない人たちも大勢いました。


しょうがないから許すというわけにもいかないと思います。

実際にこの決勝での乱入にクロアチアのDFであるロブレン選手は「僕たちはいいプレーをしていたから本当に腹が立った」と試合後に話していたそうですが、乱入者であるプッシー・ライオットのメンバーの胸ぐらをつかんで外に出そうとしていました。

タイミングとしてもクロアチアが流れを作ろうとしていた後半7分というなぜそこでというような場面でした。

自分たちの思いや決意もわかりますが、やはり関係ない人の思いを踏みにじっているのも確かなことです。

プッシー・ライオットがそのことについてどう思っているのかもわかりませんので何も言えませんけどね。


戦っている選手には何の関係もなく迷惑な乱入でした。

しょうがないんだから許そうと簡単に言えることではないと思いますし、そのサッカーに命を懸けてプレーしている人もいるのも確かなことです。

人権よりもサッカーが好きだからプッシー・ライオットを叩いているわけでもないし、プッシー・ライオットを称賛している人たちも本当は関係ない人たちに迷惑をかけたことを理解しているはずです。

私は日本人で平和に生きてきてそれぞれの立場などもわかりませんし、それぞれの思いもあると思うので今回の乱入はいろいろとモヤモヤしましたね。

最後に

ロシアW杯の決勝で乱入したのは誰なのかやその目的や動画についてでした。

それぞれの立場が分かっている人もそうでない人も今回の乱入にはいろんな思いを抱いたんじゃないかと思います。

プッシー・ライオットの乱入もここしかないという場所でしたが、乱入したタイミングがなぜそこなんだよと怒る人がいてもしかたないと思いますしその人の気持ちもよくわかりますよね。

今回の乱入は、日本人は日本人として今の日本はどうしていくべきなのか考えることへのきっかけにしていけるのではないかと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする