【WW2ゾンビ謎解き】岩塩坑の扉を開けるための電源の場所紹介

はいどうもシロップです。
前回は序盤村に入って、電源を付けて司令室へ入れるところまでを紹介しました。

これから狭い道などの施設に入っていくので謎解きしながらだと、ゾンビたちとの戦いが難しくなってきます。

今回の謎解き紹介は施設内へ入っていって、真ん中にある岩塩坑というところの扉を開けるためにまた電源を付けないといけなくなります。

その電源は2つあるのですが、それがどこにあるのかをまた説明したいと思います。

その岩塩坑道への扉を開けるとさらにまたいろいろとやらないことが増えるのですが、とりあえずは開けるための電源2つの紹介です。

良ければ見て行って下さい。

スポンサーリンク

死体安置所での電源の場所

まず司令室へ入っていって、ずっと岩塩坑への扉の奥にある道へとお金を払って進むと死体安置所となります。

そこにある電源を付けないといけないのですが、その部分の電源の場所はもう一つよりもずっとわかりやすいです。

入っていってとにかく右へ進んでまっすぐ行くとあります。

これは普通にうろうろしていてもわかると思うので、先に死体安置所の方の扉から入って電源を見つけた方がわかりやすいかもしれません。

その機械の前で□長押しでメーターの針を動かします。

赤から緑に変わります。
そうすれば電源を付けたことになります。

ですが実はこれタイマー式で時間が経つとまた針が戻ってしまいます。

急いで次の場所のもう一つの電源を付けないといけません。

研究所の電源の場所

そしてもう一つの電源の場所についてです。

司令室へ入ってすぐ左の扉を開けて進める場所が研究室ですね。

入っていって開けられない扉があるので、そこは諦めて右へ曲がってまっすぐ進んでいって、リロードが早くなるパークが売っている機械の前を左折すると「M1941」の壁武器が売っている前に階段がありますのでそこを上ってまっすぐ行きます。

するとその奥にもう一つの電源があります。

こっちの方がわかりにくいので、時間に間に合わないかもしれませんが何度でもチャレンジできますのでこちらを動かしてから死体安置所の電源を付ければ岩塩坑の扉が開けるようになりますのでゆっくり探しましょう。

そして岩塩坑の扉を開くと、今度は爆弾を持ったゾンビを背負った自爆ゾンビが何体も出てきますので近づかれる前に倒せるように準備しておきましょう。

その奥へと進むと謎解きの一番重要なところとも言える「皇帝の部屋」へといくことができます。

その皇帝の部屋の一番奥にある剣が刺さっているところの機械を作動させましょう。

今回はここまでです。

最後に

初見ではこの電源の位置がわからず、というか何をすればいいのかちゃんと謎解きの説明を見ていないとよくわかりませんでしたね。

しかもこの施設内は狭いので数人でやっているとだいぶきついです。

電源を探すにもゾンビにすぐに囲まれてしまうので、しっかりとゾンビと距離を取りつつ電源を付けていきましょう。

続いての説明もまたしますので良ければ見てください。

シロップ

最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ漫画ゲーム大好きで、いろいろな人が気になっているんじゃないかという話題を取り上げています。参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。