柏原史陽がドラフト2017で指名漏れだった理由は?今後はどう?

JX-ENEOSの谷田成吾選手について書いたのですが、同じチームに所属している柏原史陽選手もドラフト候補として名前が挙がっていましたが今年2017年で指名漏れになっていたので気になりました。

柏原史陽選手は高校から硬球を握ったにも関わらず桐光学園高校で1年冬にピッチャーに転向し、3年にはエースの座を獲得しましたが甲子園には残念ながら届かずドラフトにも指名されませんでした。

その後同志社大学の野球部に進学されて、最速149キロの剛腕ピッチャーまでになりますが4年目で不調となりここでもドラフトで声がかかりませんでした。

そして社会人に進み、独特な躍動感あるフォームから繰り出される151キロのストレートを武器にした本格派速球投手となりました。

今年2017年はドラフト指名解禁という年でしたが残念ながら柏原史陽選手の指名はありませんでした。

その指名漏れについての理由はなんだったんでしょうか?

そして今後まだドラフトで指名がある可能性はあるのでしょうか?

ちょっと紹介したいと思います。
わからない部分も多々ありますので良ければコメントなどで教えていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

柏原史陽がドラフト2017で指名漏れだった理由は?

2017年ドラフト候補として、もしかしたら上位指名もあるのではないかと言われているくらいでしたが残念ながら指名漏れとなってしまいました。

実際に評価していた球団は多く、
JX-ENEOSでは先発救援として1年目から公式戦に出場しており、制球力には難がありますが速球派でワインドアップからためを作って上体を傾けて重心を下げて投げる独特のフォームの持ち味です。

 

現在では151キロがMaxです。

2017年5月30日の都市対抗野球西関東地区予選では、球団のスカウト11人が見守る中で7回途中1失点と踏ん張るなど力を見せて高評価を得ていました。

ヤクルトの小川スカウト部長からは「真っすぐの質がいい。キレを感じる」、日本ハム・大渕スカウト部長からは「投球フォームに躍動感がある」と高評価でした。

そしてドラフト直前の10月9日の横浜スタジアムでDeNAとの対戦では、そこでも4球団のスカウトが来ていました。

そして5回5安打1失点という内容でしたが柏原史陽選手自身はやりたいことはできたと納得しているとインタビューに答えていました。

広島の高山スカウトは「実戦的に投げられる。大崩れしない」と柏原史陽選手を評価していました。

ですが結局ドラフト2017では指名漏れでした。

広島ではドラフト指名5位に遠藤淳志投手(霞ケ浦高)、6位に平岡敬人投手(中部学院大)が指名されていました。

遠藤淳志投手はMaxは142キロしかありませんが、
186cmと長身で長い手足から繰り出される角度のある投げ下ろしが魅力の投手で、高校の3年間で球速を20キロ伸ばす急成長を遂げており、落ち着いていて将来性が高い素材として評価されての指名。

平岡敬人投手はMaxが柏原史陽選手と近いですがこちらも長身で185cmからの投げ下ろしが魅力的な投手。

ケガはありましたが復帰しスカウトからの評価もポテンシャルの高さが感じられるし伸びしろを感じるということでした。

もしかしたらこの6人目に柏原史陽選手が入った可能性があるのではないかと思われますが、どちらも高校生と大学生と伸びしろの部分を比べられての指名漏れとなったようです。

身長も柏原史陽選手は175cmでタイプの違う投手ですからね。

広島に限らず指名した選手と柏原史陽選手を比べて成長性があるのはどちらかという点での違いが指名漏れへと繋がったのではないかと思います。

柏原史陽選手も社会人で現在では24歳でほぼ完成している状態と見られるわけですので、もう1押し何かが必要だったということだと思います。

まだドラフト指名される可能性はある?

2017年にドラフト候補として有力視されていたのに指名漏れとなった柏原史陽選手ですが、今後もう指名がまったく可能性がないのかと言われるとそうではないと思います。
出典:https://live-sports.yahoo.co.jp

実際にドラフト指名解禁になった年に指名されなかったけどその後に指名されたという選手はたくさんいます。

今年2017年でも、
社会人3年目の谷川昌希投手も遅咲きで話題でしたし、福田周平選手も社会人3年目です。

他には誰かいたかな?
ちょっと詳しく確認していませんが、まだまだ可能性があるということです。

今現在スカウトの評価では安定していて大崩れしないところが評価されているので、その安定をさらに磨くために制球力を身に付け柏原史陽選手自身が掲げる狙って三振が取れる投手となっていけばドラフトで指名がかかる可能性は十分にあるのではないかと思います。

来年またドラフト候補になるかが気になるところですね。

最後に

柏原史陽選手が2017年ドラフトの指名漏れになってしまったことについてや今後まだ指名される可能性があるのかについてでした。

同じくドラフト候補として同じチームで登板していた斎藤俊介投手はDeNAで3位指名でしたね。

今年は確かに指名漏れとなりましたが、ドラフト直前の試合にも4球団が気にしていたという事実がありますし来年がどうなるのかが気になるところです。

全然指名される可能性はあると思いますので今後に期待ですね。

⇒谷田成吾がドラフト2017で指名漏れした理由は素行が悪いから?

シロップ

最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ漫画ゲーム大好きで、いろいろな人が気になっているんじゃないかという話題を取り上げています。参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。