トリプルファイヤー吉田は大喜利が得意!歌詞やラップもすごい?

トリプルファイヤーというバンドを知っていますか?
私は最初お笑い芸人のコンビ名かと思いました。

それはトリプルファイヤーのボーカルを担当している吉田さんがあまりにも芸人顔負けの発想力や雰囲気を出しているからです。

実は曲の歌詞がすごいことでも有名で、
劇団ひとりさんやキリン川島さんなどからも評価されているアーティストなんですよね。

そんなトリプルファイヤー吉田さんは大喜利が得意だったりします。

そしてラップではフリースタイルダンジョンというラップの番組で大人気の呂布カルマさんと対決したことでも話題になっていました。

大喜利や歌詞やラップについて紹介していきますので、トリプルファイヤーのボーカル吉田さんがどんな人なのか気になるという人はぜひ見て行ってください。

トリプリファイヤー吉田は大喜利が得意!


今流行の塩顔と言えば星野源さんですよね。

トリプルファイヤー吉田さんもそれに続く…かないかもしれませんが(笑)、私は吉田さんの才能はそのうち評価されてテレビなどでは引っ張りだこになるんじゃないかなと思っています。

まず大喜利がすごく面白いんですよね。
これは曲の歌詞などでもその才能を発揮しているんですが、大喜利やラップなどの即興こそ本当の力を発揮しているように思います。

ちょっと紹介すると、
毎年正月に放送される「共感百景」という番組で、あるあるを詩にするというお題方式での回答でトリプルファイヤー吉田さんが魅せて評価されていました。

「思春期」というお題で、
「塾での俺が 本当の俺」
出典:https://matome.naver.jp/odai/2146421758801844001

「中学校」というお題で、
「先生の話で 絶対に笑わない 美学」
「肩パンをやめさせるために パンチ力をほめた」

「スマホ」というお題で、
「おれの話には パズドラをやめさせる 力がない」

「ああ ああ」と相槌をうちながらパズドラをしている友達などに自分の話ではやめさせられないあるあるなど、見ている人にとってわかりやすいイメージが湧いて来る面白い発想でした。

などなど番組を見ている人はそのあるあるな詩がとってもよく分かると、トリプルファイヤー吉田さんの大喜利のすごさを褒めていました。

今後も大喜利系の番組に出てトリプルファイヤー吉田さんのすごさが話題になるかもしれませんね。

ラップでも話題?

ラップでのタイマンでのMCバトルにも出演して勝ち進み、神に一番近いラッパーとも言われるラッパーでも最強クラスの呂布カルマさんとも対戦して話題になりました。

 

どうですか?

まあ確かにラップは下手かもしれませんけど、言葉選びとか発想力とかがすごいですよね。

「俺はまだ収穫できるほど育ってねえぜ」
など発想が面白く、最強クラスのラッパーを相手にすごかったと思います。

ラップでの活躍も今後期待できそうですね。

曲の歌詞もすごい?

曲の歌詞もそうなんですが、曲も独特ですごいんですよね。

ライブではさらにトリプルファイヤー吉田さんの独特さで歌うのでさらにすごいです。

私が初めて聞いた曲がこちら「スキルアップ

 

どうですか?
すごいですよね曲の歌詞もメロディも(笑)

「奥に進むと一際目立った これだっていうレバーがあるから」って(笑)

他の曲で、「パチンコがやめられない」とか「おばあちゃん」とか「次やったら殴る」とか本当に曲名も他ではありえないようなものばかりですし歌詞もめちゃくちゃですがどこかセンスが感じられます。

センスがあるのかただ面白いだけなのか、何かを連想させるというかイメージさせますよね。

面白い曲ばかりなのでぜひ他にも聞いてみてくださいね。

最後に

トリプルファイヤー吉田さんについてでした。
大喜利やラップでも活躍を見せていて、10月13日にタモリ倶楽部にも出演していて話題になっていました。

今後もバンドとしても吉田さん単体としてもテレビなどで話題になっていくと思いますので注目したいですね。

気になるという人は曲を聞いてみましょう。

シロップ

最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ漫画ゲーム大好きで、いろいろな人が気になっているんじゃないかという話題を取り上げています。参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。