魅力度ランキング都道府県別の決め方には基準やポイントがある?

魅力度ランキングが今年2017年も発表されましたね。

自分が住んでいる都道府県がどれだけ魅力があるかということが発表されるわけですから、気にならないという人はいないでしょうしどのような評価を受けているのか気になりますよね。

2017年の魅力度ランキングの順位は、
1位: 北海道
2位: 京都府
3位: 東京都
4位: 沖縄県
5位: 神奈川県
6位: 奈良県
7位: 大阪府
8位: 福岡県
9位: 長野県
10位: 石川県
11位: 長崎県
12位: 兵庫県
13位: 宮城県
14位: 静岡県
15位: 愛知県
16位: 広島県
17位: 青森県
18位: 鹿児島県
19位: 千葉県
19位: 宮崎県
21位: 大分県
21位: 熊本県
23位: 富山県
24位: 秋田県
25位: 山梨県
26位: 新潟県
27位: 島根県
28位: 高知県
28位: 滋賀県
30位: 三重県
31位: 和歌山県
31位: 山口県
33位: 香川県
34位: 愛媛県
34位: 岩手県
34位: 福島県
37位: 岐阜県
38位: 山形県
39位: 福井県
40位: 岡山県
41位: 鳥取県
41位: 群馬県
43位: 栃木県
44位: 埼玉県
45位: 佐賀県
46位: 徳島県
47位: 茨城県
という結果になりました!

北海道はやっぱり今年も1位でしたね。
そして熾烈な最下位争いをしていますが今年もやっぱり茨城県が最下位でした。

イメージ通りだとは言われますが、実際にはこの魅力度ランキングはどのように都道府県で順位を分けているのかその決め方が気になりませんか?

誰が決めているかどうやってその基準を決めているのかも実際に知っているという人は少ないのではないかと思いますし、私もよく知りませんでした。

今回魅力度ランキングの決め方や都道府県別での評価の基準やポイント制などもあるのかなど調べてみましたので良ければ見て行ってください。

魅力度ランキングを発表しているところはどこ?

まずこの魅力度ランキングというのを発表しているところについて紹介です。

それすらも私は良くわかっていませんでしたが、「株式会社ブランド総合研究所」というところが毎年の魅力度ランキングを発表しているんですよね。

名前だけ見ると怪しい会社ですが、
地域ブランドおよび企業ブランドの研究とコンサルティングを行う専門企業です。

主に地域活性化、ブランド調査や現地調査やインタビュー、商品開発、さらにはギネス記録のサポートなども行っているという会社ですね。

今ではどこも差別化やPRの方法などが重要になって来ていますから、こうしたコンサルを専門にしている企業も多いですよね。

魅力度ランキングの決め方の基準は?

そして気になる魅力度ランキングの決め方なのですが、実は基準はポイント制だったりします。

「魅力度」、「認知度」、「情報接触度」、「各地域のイメージ」、「情報接触コンテンツ」、「観光意欲度」、「移住意欲度」「地域資源評価」「産品の購入意欲度」などのたくさんの基準でポイントを加算していく決め方です。

そしてさらには、
自己評価制を取り入れています。

これは自分の出身の都道府県に対して愛着度がどれだけあるかや評価できるポイントや自慢できるところはどこなのかなどを実際にインターネット調査などをしてさらに基準を増やしているというわけですね。

調査項目も78種類とたくさんあってそれをポイントに加算しているようです。

20~70代の消費者男女それぞれ同じ数を集計し、一定期間調査する決め方です。

2017年は6月23日~7月14日にインターネットで20~70代の男女3万745人が回答しています。

適当に決めているわけではないんですね♪

市区町村のランキングもある?

さらにはこの魅力度ランキングは都道府県別だけではなく、市区町村でのランキングもあるんですよね。

今年2017年の1位は、京都市でした。

「京都市は認知度なども高く、居住意欲や観光意欲などで高い評価を得ている」と発表されています。

京都は都道府県としては2位でしたね。

ちなみに2位以下は、
2位 函館市
3位 札幌市
4位 小樽市
5位 鎌倉市
6位 横浜市
7位 神戸市
8位 金沢市
9位 富良野市
10位 屋久島町
となっています。

魅力度ランキングは実際には地域ブランド調査と発表しており、都道府県だけではなく市区町村でも魅力ランキングが見られます。

その数は1000 の市区町村(全 791 市+東京 23 区+186 町村)とその魅力度を考慮して都道府県別の魅力度ランキングを決めているというわけです。

都道府県だけではなく市区町村のランキングも気になるという人はチェックしてみましょう。

最後に

魅力度ランキングの決め方の基準などについてでした。

実際には市区町村でのランキングをもとに都道府県のランキングが決めているという決め方だったんですね。

2006年から続けているというこの魅力度ランキングですが、自分たちが住んでいる都道府県の評価などがどれだけなのか気になる人は多いと思いますので今後も続けていって欲しいですよね。

今後も注目しましょう。

シロップ

最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ漫画ゲーム大好きで、いろいろな人が気になっているんじゃないかという話題を取り上げています。参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。