ゲームのやりすぎで失明する時間はどのくらい?死亡した例も紹介

中国でゲームのやりすぎで失明したという女性がニュースでニュース記事になっていました。

ゲームをやりすぎると目が悪くなるとはよく言われますが失明までしてしまうなんて、どれくらいの時間ゲームをしていたというのでしょうか?

そしてさらにゲームのやりすぎで死亡したという例もいくつかあるようで、ゲームのやりすぎで死亡するなんて聞いたことがなかったので驚きです。

ゲームのやりすぎくらいで失明したり死亡するわけないだろうと、無茶をしてゲームをしないようにしないといけませんね。

今回ゲームのやりすぎで失明したという女性がどれくらいの時間ゲームをやっていたのかや、ゲームのやりすぎで死亡したという人の例もちょっと紹介したいと思いますので気になるという人は見て行ってください。

スポンサーリンク

ゲームのやりすぎで中国の女性が片目を失明

現在では家庭用の据え置きゲームよりもスマホなどでできるソシャゲなどが流行っていますが、スマホでゲームができるとなるともう本当にずっとゲームをやってしまいますよね。

今回の中国の片目を失明した女性もその一人で、ずっとスマホでゲームをしていたということです。

King of Glory」というダウンロード数2億を突破した大人気ゲームですね。
出典:https://www.youtube.com/watch?v=nF6FfUXtXJE

見た感じ白猫プロジェクトのような感じのゲームですね。

ミニマップもついていて使うキャラクターなども設定が多いように見えますね。

これは確かに面白そうです。

そして失明した女性がどれくらいゲームをやっていたのかについてですが、仕事中はパソコン帰ってもスマホゲームと目を休める暇などなく目を酷使していたということです。

「週末は朝6時に起きて朝食のあと夕方4時まで休みなくゲーム」という感じでずっとゲームばかりをしている日々が続いていたということです。

実際にはどれくらいの期間だったかはわかりませんが、ある日いきなり右目だけ見えなくなっているのに気付いて病院に行ったのですが右目が失明していて元には戻らなかったというのです。

病名は「網膜動脈閉塞症」でした。
原因は完全にゲームのやりすぎによる眼精疲労が原因です。

意外とこうしたゲームのやりすぎでの失明や失明寸前になったという話は多いです。

自分も気を付けたいと思いました。

ゲームのやりすぎで死亡した例

そしてゲームのやりすぎによって失明など目に関わることだけではなく、そのまま死亡してしまったという例もあるようです。

あるゲーム実況者の人が、
ボランディア団体「メイク・ア・ウィッシュ」に募金するための24時間に及ぶチャリティ配信に挑戦していました。

ゲームは「World of Tanks
出典:https://play.google.com/store/apps/details?id=net.wargaming.wot.blitz&hl=ja

こちらも有名なゲームですね。

状況を説明すると配信から22時間が経過しタバコを吸うために一服しに行った実況者さんですが、一向に戻って来ません。

そのまま寝落ちしてしまったのではないかと思われたのですが、後日オンラインになったのでクランの人が連絡を取ると返事をしたのは刑事の人でその実況者の人が亡くなったことが伝えられたということです。

普段ゲームをずっとやっていたのだと思いますが、24時間くらいゲームをぶっ続けでやっただけで死亡してしまうのかと驚きました。

今だと生放送などで24時間耐久などもありますし、実際に死亡した人もいるということできつくなってやめたくてもやめられないという状況が良くなかったんでしょうね。

生放送でずっと同じ場所で座り続けていたこともありエコノミー症候群の疑いもありました。

1日ずっとゲームをやっただけでも死亡してしまうんです気を付けましょうね。

インターネットカフェで短時間のゲームでも死亡説が

他にもずっとゲームをしていたわけでもなく短時間ゲームをしていたのに死亡したという例もあるようです。

インターネットカフェでは気軽にパソコンなども借りれて時間があれば好きなだけゲームもできます。

韓国では4時間しかインターネットカフェを利用していない高校生が倒れてそのまま死亡したという話もあります。

同様に香港では6時間だけのプレイで28歳の男性が亡くなったという話もあります。

もちろんこのインターネットカフェ以外でもたくさんゲームをやっていたのだと思いますがインターネットカフェでたったそれだけの時間で死亡してしまうことも十分にあるということですね。

原因としては極度の緊張状態で長時間ゲームを続けた過労とストレスによる突然死ではないかということです。

他にも12時間ずっと座ったままでゲームをしていた20歳の人も亡くなったという報告もあります。

というように長時間のゲームはそれだけ危険があるということですね。

最後に

ゲームのやりすぎで失明や死亡する人がいたというお話でした。

毎日ずっと目を酷使していたり、同じ体勢でずっとゲームをしていると本当に失明や死亡する危険性があるということがわかりました。

ゲームのやりすぎで失明したり死亡するなんて本当に嫌ですよね。

今後のゲームを控えめにしたり、無理をするのはやめましょう。

シロップ
最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ漫画ゲーム大好きで、いろいろな人が気になっているんじゃないかという話題を取り上げています。参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。