おおきく振りかぶって29巻発売日予想とネタバレ!西浦反撃!?

おおきく振りかぶって28巻が発売されましたね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おおきく振りかぶって(28) (アフタヌーンKC) [ ひぐち アサ ]
価格:648円(税込、送料無料) (2017/10/4時点)

 

作者がまた産休で休載をしていたのであまりアフタヌーンの方を読んでいなかったのですが、連載再開して新刊を出してくれたのは嬉しいですね。

現在ニコニコ生放送で期間限定おおきく振りかぶってのアニメを4話ごとくらい無料で見られたりしていて、久しぶりに見たらやっぱりおお振り面白いっすわ(笑)

止めようとしても止まらない止まらない(笑)

そして予想はしてましたがおおきく振りかぶっての舞台化もあるということで、舞台が好きだという人はそちらもチェックしましょう。

長くなりましたが今回もおおきく振りかぶって次の29巻の発売日がいつになるのか予想、そして内容のネタバレをしていきますので気になって29巻発売日まで待てないという人はぜひ見て行ってください。

スポンサーリンク

おおきく振りかぶって29巻の発売日予想

前回は作者さんが産休ということで連載していなかったので発売日の予想が大きく外れちゃいましたね。

気が付いたら発売していたという感じになっちゃいました。

ですがこの次からはいつも通りのペースに戻るのではないかと思います。

ある程度は連載してストックを残しつつ29巻を出すという形ですね。

28巻が132話まで収録されていますので、29巻は133話からです。

だいたいですが次の巻の発売日は原作のストックを4つくらい先に残してから発売するのではないかと思っています。

28巻は127話から6話分を収録していますので、現在136話まで連載していて29巻も同じだと考えれば今から順調に連載が続けば半年後以降という計算になりますね。

ですが作者の育児などもありますしもうちょっと遅くなると予想。

おそらく29巻の発売日は2018年の5月あたりではないかと思います。

おおきく振りかぶって29巻のネタバレ

ここからは今現在連載されている137話までのネタバレを書いていこうと思います。

29巻が発売されてから内容を知りたいという人はここでブラウザバックをするようにしてくださいね。

それでは書いていこうと思います。

崎玉の佐倉にホームランを打たれた西浦ですが、崎玉は1、2、3番で走者をためてから4、5番で点を取るというスタンスです。そのために次の5番の石浪とは走者なしで当たれました。

そんな石浪は外はボール球でも手を出すのに内側は手を出しません。

これで内好きと決め付けるのもどうかと内側に放ると見事に右中間のツーベースを打たれ、やはり内好きなのだと阿部は確信します。

次にバントで1死3塁とピンチ。
そして続いてピッチャーの市原に三橋がなぜか今までストレートを使ってこず、スクイズさせたくないなら内角のシュートしかないと狙いを見事に的中されて2点目を献上します。

このあたりは以前に対戦した経験則の差が出ています。
前は阿部の配球で打者を打ち取っていたのでランナーが出てからの崎玉の戦略を西浦は知らなかったのですが、逆に崎玉の打者は三橋が自分に何を投げて来ていたのか知っているんです。

この差は結構大きいです。

石浪のアドバイスにより、自分の得意な球を放らせようとスタンスを変えて来たりする崎玉。

外狙いではなく内に踏み込んで打つぞと足をベースに対してクロスさせて打席に立ちます。

ですがなんとか狙いのゲッツーにさせることでこの回をしのぎます。

そして次は西浦の攻撃は花井から。

ですが佐倉のバッテリーは西浦の四番は要注意だと、カウントを悪くするとスクリューを活かせないと先にストライクを取るという戦略が見事にハマります。

今回ミートポイントを後ろにズラし、それでも全打席ホームランを狙うことを意識している花井。

残念ながらカットしそこなってファーストゴロでアウトになってしまいました。

次の田島にも同じくカウントを取りに行こうとする崎玉ですが、それは田島には通用しませんでした。

見事に右中間の2ベース。
そして単独の三盗を決行し、前にあれだけ牽制球を投げていたのに今回は配球で手一杯な崎玉はこれを防げません。

1死三塁で6番栄口なら当然スクイズ警戒。
なのに栄口はいきなりバントの構えを見せます。

盗塁の際にストライクが入っているので、スクイズするならここしかないと佐倉は読みますがピッチャーの市原は疑います。

外したボールに栄口はバットを引きます。
これで1-1で、まだスクイズできます。

続いても外して1-2、次はストライクで2-2。そして栄口はバットを引きます。

前に大きく外したボールも栄口はスクイズを決めていたのを知っていた崎玉はスクイズを警戒し、打つのも当たれるのも難しい球ということでスクリューを選択。

ですが揺さぶった栄口はこれを読んでいて、当てるだけでいいんだと見事にスクイズを決めて田島がホームを踏んで1点を返します。

それを見ていた石浪は見事にストライクを放らされたこっちの読み負けだと心の中で思っており、栄口に対して勝負する必要はなかったと思っていました。

石浪はさらに深いところを読んでいるようです。
そのうち石浪がキャッチャーになるという伏線にも見えますね。
本人は佐倉の成長を願っているようですが。

西浦の攻撃は終わり、次の回の崎玉も三橋が見事に安定感を取り戻して3人で抑え、続いての西浦の回ですがこちらもきっちり3人で終わってしまいました。

そして佐倉との2度目の対戦が来ます。
完全にまっすぐを待っていた佐倉、中学から野球を始めた佐倉に三橋のストレートは通用しません。

今回もまっすぐを待っているのかどうかの見極めからスタートします。

なんと2球ともボール球をファールとスイングで2ストライク。

次はタイミングを外すためにカーブを投げようというところ、ネクストサークルの石浪も見ていられず声を出します。

「ストレートはもう打っただろ!」

その言葉にハッとした佐倉は開いていた体を引き、見事に右中間の2ベースとコンパクトに打ち返しました。

続いて無死2塁で石浪はバントの構え。
バントならバントさせろとカーブを投げるとバントはファール。

続いては石浪がバットを引いて阿部がボールを取る体勢を崩したところを佐倉が見逃さずに三盗。

ここで西浦はタイム。
石浪にスクイズはない、そして石浪を歩かせずに1点覚悟で今後のために勝負をすることを決めます。

バントの構えで配球を迷わせたかったのですが、内側はボール球しか来ないことを読んだ石浪は外角のみに絞ります。

そして三橋のコントロールが少し乱れて3ボール、それを見て内角に放らせようとベースぎりぎりに立った石浪がその内角を体をコンパクトにしてセンター前ヒットで3点目を崎玉に献上。

3点目を入れられた西浦。
なんとか1点を返していますが三橋のコントロールに少し乱れがある中で、今後攻撃でしっかりと攻められるかどうかが重要になりそうですね。

今後の展開に期待しましょう。

最後に

おおきく振りかぶって29巻の発売日の予想とネタバレでした。

この崎玉のあたりまででアニメ3期欲しいですねぇやるかはわかりません見たいですねアニメ3期。

原作の方はこれから作者さんが順調に連載していってくれることをただただ願うしかないので、子育ても連載も頑張ってもらうしかありませんね。

おおきく振りかぶってのような野球漫画は私は見たことがないので、ぜひこのまま続いていって欲しいと思っています。

甲子園にいつ行けるんだろうかと思ってしまいますけどね(笑)

29巻が出るまでにアニメや漫画を読み返したり、アニメ3期の情報がないのかなどをチェックしましょう。

シロップ
最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ漫画ゲーム大好きで、いろいろな人が気になっているんじゃないかという話題を取り上げています。参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。