Apple Watch Series 3価格や機能は?バッテリー持続時間も紹介

AppleはiPhoneだけではなく、第3世代となるスマートウォッチ「Apple Watch Series 3」を発表しました。

スマートウォッチを検討している人は多いと思います。

仕事や運動をするにもiPhoneをポケットなどに入れておくと、しゃがむのも邪魔だし痛いし何より重いですよね。

さらには着信が来ていることが全然わかりません。

音が聞こえなかったり、バイブレーションでもポケットに入れていてはわかりません。

いちいち着信が来ていないかチェックするわけにもいかないし、腕時計のようにつけられる「Apple Watch Series 3」はその役割をしっかりと果たしてくれると思います。

気になるのが価格やどんな機能があるのか、さらにはバッテリーはどれだけ持続するのかや通話時間についてですよね。

「Apple Watch Series 3」が9月22日が発売日ということで、気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

Apple Watch Series 3の機能は?

まずApple Watch Series 3の機能から紹介したいと思います。

スマートウォッチという位置づけで、今まではセルラー通信やWi-Fiでのネット接続をBluetoothを介して利用できるようになっていましたが今回のApple Watch Series 3はセルラー通信に対応したモデルとなっています。

BluetoothペアリングやWi-Fiネットワークへの接続が解除されると自動的にセルラー通信でApple Watchを接続するということで、iPhoneを家に置いてあっても出掛けたりしていても通話など問題なくできる機能ということです。

SMSやLINEなどもできる機能ということで気兼ねなく出掛けられますね。

ジョギングではあると便利なGPS機能を内蔵し、心拍数アプリで安静時、歩行時などしっかりと計測しさらには音楽も4000万曲をストリーミングできるということです。

さらに気圧高度計機能も内蔵し階段をどれだけ上がったかなんてこともわかります。

そして防水機能も万全でサーフィンをしていても激しく泳いでも問題ありません。

Siriにも対応していて、今まではセルラー通信がないと喋りませんでしたがこれからは喋ってくれますしさらに賢くなっています。

いつでも賢く対応してくれますので、アシスタントして最高ですね。

そしてApple Watch Series 3は動作の高速化を実現していて、初代から比べると70%高速化されるなど機能を存分に発揮できます。

Apple Payにも対応しているので、
Suicaなどを登録しておけばちょっとした移動にもApple Watch Series 3だけで問題ありません。

本当にiPhoneいらずといった感じで、腕時計のような小ささと軽さですしこの機能の多様さは本当に便利だと思います。

問題は価格とバッテリーや通話の持続時間ですね。

価格と通話やバッテリーの持続時間は?

そして一番の問題となるApple Watch Series 3の価格とバッテリー問題についてです。

まず価格から説明すると、
Apple Watch Series 3の「GPS + Cellularモデル」は45,800円から、「GPSモデル」は36,800円からとなっています。
出典:https://gori.me/apple-watch/series3/99245

ちょっと高い腕時計と考えればいいのかもしれませんが、価格はちょっと高いというイメージがあるかもしれませんね。

Series 1で良ければの価格は27,800円くらいで買えます。

そしてバッテリーの持続時間は18時間となります。

このバッテリーの18時間という数字は、
90回の時刻チェック、90回の通知、45分間のアプリケーション使用、Apple WatchからBluetooth経由で音楽を再生しながらの30分間のワークアウトを行った場合においての時間ということみたいです。

これだけ聞くと出掛ける分には長く感じるかもしれませんが、単体での通話時間での限界が約1時間となっています。

iPhoneを経由してなら3時間通話が可能です。

ですのでバッテリーが18時間持続すると言っても、アプリや通話を長くしていてはすぐにバッテリーが切れてしまうということですね。

なので通話を長くする可能性があるなら最初からiPhoneを持っていかなければならないというわけです。

バッテリーが切れてしまってSuicaなどが使えないという状態になってしまう可能性だって十分にありますから。

音楽だけ聴くという感じでBluetooth経由で音楽を再生だけなら10時間バッテリーは持ちます。

充電が切れてしまった場合は、
2時間で充電が完了しますのでそれを考慮しながらという形になりますね。

最後に

Apple Watch Series 3の性能、さらには価格やバッテリーの持続時間についてでした。

単体での通話が1時間しか持たないということですが、遠出をするわけでもないなら問題ないように思いますしバッテリーは2時間充電すればまた満タンになって使えるということですので使い勝手がとても良さそうだという印象ですね。

問題は価格がちょっと高いことですかね。
やっぱり高い腕時計というイメージがありますが、機能性を考えれば腕時計よりももっと素晴らしいものですので実用性を考えて検討してみてはどうかと思いました。

iPhone10の記事も書いていますので良ければ読んでいってください♪
⇒iPhone10周年モデルのauドコモソフトバンク3種予約方法!
⇒iPhone10もイヤホンジャックなし?廃止した理由についても
⇒iPhone10防水防塵機能はどこまで大丈夫?お風呂や海は?
⇒iPhone10ワイヤレス充電器AirPowerマットの発売日や価格は?
⇒iPhone10の手帳型ケースでAppleブランド登場!値段や色は?

シロップ

最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ漫画ゲーム大好きで、いろいろな人が気になっているんじゃないかという話題を取り上げています。参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。