夫が子供っぽいからうんざり?ガキ夫の特徴や対処法は何かある?

結婚をして子供も生まれて大きくなってきているのに、夫がわがままというか子供っぽいからうんざりしているという悩みを抱えている奥さんは多いようです。

いわゆるガキ夫と呼ばれているんですが妻としてどうやって対処したらいいんでしょうか?

ガキ夫の特徴にもいろいろありますが、
・とにかく子供のためにも何とかしたいし離婚もしたくない
・子供がもう一人増えたみたいで毎日がうんざり
・私がこのまま夫のわがままに付き合うなんてうんざり
など先が見えない不安を多く抱えています。

結婚して子供を生む前に気付けなかったのかと言われても、もうそんなことを今さら言われてもしかたないですよね。

ガキ夫も子供っぽいですが体は大人です。
今から性格や環境を変えたところでそれが対処法になるとは限りません。

私の周りでも離婚を考えているという人が非常に多いです。

なぜそうなってしまうのかと疑問に思う一方で、話を聞いていると人と人が一緒に暮らすということは難しいことなのだから当然なんだなということもわかってきました。

ガキ夫の特徴や対処法についてもちょっと調べてみました。
夫が子供っぽいからうんざりしているという人はこれからどうしたら良いのか、私なりの考えなどを書いてみましたので良ければ見て行ってください。

スポンサーリンク

ガキ夫の特徴は?

ガキ夫にもたくさんの種類というか、とにかくいろんな人がいますからね。

とにかく言うことを全く聞いてくれないしわがままなのが特徴ではありますね。

2015年NHKの「あさイチ」が行なったアンケート調査によれば、8割の女性が自分の夫が「ガキ夫」だと回答し、半数以上の女性が悩んでいると話しています。

少年みたいな夫ではないです。
そんな綺麗なものではなく、とにかく子供っぽいというだけで何度注意しても言うことを聞かないし、しまいには話し合おうとしても逃げたり無視したり、子供にまで暴力を振るったり嫌味を言ったり、自分の事ばかりで家族をかえりみることもしない。

ガキ夫にはたくさんの特徴があり、他にもたくさんの特徴がありますがすべてガキ夫ですね。

一緒に暮らして子供が生まれて自分が母親になったと実感して、夫にもちゃんと父親としての自覚を持ってほしいのにこのままで良いのかと悩んでいる人は多いです。

実は日本だけではなく世界でも全く同じことで悩んでいます。

子供に愛情が向くことに嫉妬する夫だっているんです。

とにかくあなたの夫がガキ夫ではないのかと悩みを抱えている人の夫はすべてガキ夫だと思います。

今後その夫とどう付き合っていけばいいのかが問題となりますが、まずは自分の夫だけがそうしたガキ夫ではないというのを理解しておきましょう。

ガキ夫への対処法はないの?

夫が子供っぽいからうんざりしているから離婚したいと、簡単にできれば苦労はありませんしやはり対処法を考えて少しでも改善の道を見つけていかないといけません。

1つ例を挙げると、
夫が子育てから逃げるくせに、私には甘えてくるという状態。

子供は夫と一緒に育てていきたいと思っていたのに、子供に妻を取られたと思っているのか夫はまったく子供には関心を示さず、そのくせ自分に対しては甘えてくるという子供っぽいガキ夫。

典型的な子供に妻を取られたと思っているガキ夫ですね。

これはGoogleの悩み相談に載っていた内容です。
⇒子供っぽい夫にうんざりしています。なんとかならないでしょうか?

この人の場合は子供に対してガキ夫が拒絶までしている状態のようで、休日になるとげんこつで殴ったり小言を言ったりして泣かせているようです。

総じてガキ夫は、子供っぽいですが実は自分が一番だという自惚れがあります。

つまり自分は一家の大黒柱であり、人に何かを言われる筋合いなどないと無駄にプライドが高いです。

当然ですがそれはなかなか対処法が難しい問題です。

本当は子供と仲良くして、頼もしい父親になって欲しかったのに現実はそう上手くいきません。

ですがこれから少しずつでも改善を図っていきましょう。

ここで対処法というか注意点ですが、
いきなりガキ夫を怒ってはいけません。

子供っぽい夫でうんざりしているのはわかりますが、いきなりガキ夫がやったことを怒ってはいけません。

ガキ夫は大人ですが子供です。
プライドが高くて自分が1番だと思っているのですから、いきなり怒ったら自分を否定されたと思って逆切れしてきたり無視してきたりします。

そうしてしまったら話し合いの機会がなくなります。

ほんの小さな頼み事をしましょう。
何でも良いです。
本当に小さなことでも構いませんすぐにできることで。

「でかけるなら牛乳を買ってきてくれない?」

子供に関心のない夫でも自分も飲むものですし、これくらいなら買ってきてくれるのではないでしょうか?

そして買ってきてくれたら、しっかりと褒めましょう。

おつかいができた子供を褒めるのとおんなじです。

「ありがとう。助かったわ♪」
と笑顔で言ってあげるだけでも十分です。

ちょっとした頼み事を少しずつしてそれをクリアしていってくれるようにしましょう。

慣れてくれば段々と子育てに関してのことだってしてくれるかもしれませんよ。

忘れていても怒っちゃだめです。
「そう。また次でいいわ、よろしくね」
と笑顔で言っておきます。

ちょっとずつガキ夫がおつかいができるようにするのです。

やらされているという意識ではなく、頼られているという意識を持たせないとだめです。

そうしないと次も動きません。

そして同じく対処法として、
できる限り褒めましょう。

直接的な褒め方は効果が薄いです。
なぜなら妻は自分より下の存在だとガキ夫は思っているからです。

他人が褒めていたのを教えてもらえると嬉しいですよね。

ガキ夫も一緒です。
「〇〇の奥さんがあなたのことを褒めていたわよ」
と他人がガキ夫のことを褒めていたと教えます。

プライドが高いガキ夫ですから、周りからどう見られているかはとっても重要です。

自分で直接褒めるのではなく、誰かが褒めていたとか、そうした褒め方の方が喜んで機嫌を良くします。

前にお使いを頼んだのならそのことを誰かが褒めていたとか言って、さらに私も嬉しかったと改めて感謝の気持ちを伝えるのも良いでしょう。

嫌われていると思っていたのに頼られているのかと思ってもらえれば、もっと頼られたいと思うかもしれませんよ。

子供っぽい夫はうんざりだけど我慢するしかない?

いきなり怒らないようにして、さらにはできる限り褒めることを対処法として話しましたが、ようは我慢するしかないということです。

自分が我慢できないボーダーラインがあります。

夫がどう考えても自分の常識ではありえないことを平気でしてくる場合。

ガキ夫が水を床にこぼしてもそのままにしていたので、私が踏んで怒って喧嘩になったとか。

ガキ夫としては、
床に水をこぼしても勝手に乾くから問題ないだろうと気にしていません。

ですが妻としては、
床に水をこぼしたら拭いてちゃんと自分で拭いて欲しいし、現にそれを踏んだことで足の裏がびしょ濡れになってしまったじゃないかとなります。

つまりはお互いが我慢できるボーダーラインを考えることが必要です。

私の友人には、
「トイレの蓋が開いていることが我慢できない!」
と彼女がそれを守れないから別れたという潔癖症の人もいました。

自分の我慢できない部分をガキ夫に具体的にしっかりと伝えて、それを守ってもらえないかとお願いすることが肝要です。

ただただ怒っているだけでは、
(あぁ、また怒りだしたよ)
と聞く耳を持ちませんし、逆切れしたりしてきます。

それは今後何か大事な話をするときでも、ガキ夫は同じようにするでしょう。

それが例え別居の話だろうが、離婚の話だろうがきっと同じです。

ガキ夫は変わりません。

ですので守ってもらえるボーダーラインを確保していくことを考えましょう。

守ってもらえないようならもう我慢するしかありません。

子供の為だと思って自分の許せるボーダーラインを下げましょう。

それは人と人が付き合うには誰にでも必要なことです。

これもあなただけが必要なことではありません。みんなそうして生きています。

逆に許して欲しいボーダーラインがないかガキ夫に聞いて、それを守ってあげるのも大切です。

そうしてお互いにルールを作りましょう。
もともと何も決めていないからガキ夫が生まれたと言っても過言じゃないです。

今からでもルールやボーダーラインをお互いに決めていきましょう。

シロップ
最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ漫画ゲーム大好きで、いろいろな人が気になっているんじゃないかという話題を取り上げています。参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。