フルーツバスケットアナザー15話の感想!あらすじやネタバレも

全話である14話が更新されてからもう2ヶ月が経過していたんですね。

みなさんお元気にしていましたか?
管理人のシロップです。

いつ更新されるのかわからずに花LaLa onlineの方も全然チェックしていなかったのですが、今度はコメントではなく問い合わせフォームから教えてくれる優しい方がいらっしゃり、気付くことができました。

いつもコメントしてくれていた方ですね。
いつも読んでいただきありがとうございます♪

フルーツバスケットアナザー第7話(2)を掲載数を数えて15話としてあらすじやネタバレ、そして感想などを書いていきますので良ければ読んでいってください。

コメントで感想や今後の展開予想なども書きたいことあればぜひ書いていってくださいね。

スポンサーリンク

フルーツバスケットアナザー15話のあらすじやネタバレ

生徒会も順調で充実した生活を送っている彩葉。

そんな彩葉がバイトを探しているのを知った睦生が、早速今日からバイトしてみないかと綾女の店を紹介するところからスタートです。

その話をすると生徒会室のみんなは不穏な感じに表情を曇らせます。

彩葉のことをちゃんと考えているのかと訊かれて、綾女夫婦は結婚記念日で旅行に行っていて居ないから大丈夫だと、いないから大丈夫だと言い出してしまう始末でした。

それでもバイトに行くことに決めた彩葉は、睦生が行けないからということで昊と陸が同行して綾女の店に行くことになりました。

陸からは「…ついていないと泣かされるかも」とまた物騒なことを言われて少し不安になる彩葉。

まず到着して可愛いお店なのですが、看板が飲み屋のお店みたいな看板をしていて、彩葉はずっと近所の飲み屋の看板だと勘違いをしていたようです。

昊がまだ店の入り口が開いてなかったので、バンバン叩いて呼ぶと怒って出て来たのが綾女の息子である千弦でした。

「ふざけんな親父ならいねえよとっとと帰れ」

と扉を叩いていたのは昊なのですが、彩葉が叩いていたのではないかと思って目の前にいる彩葉に罵声を浴びせます。

それを陸が怒って、落ち着かせます。

本当は千弦の姉の響歌も店にいたのですが、おとといの朝にいきなり「やっとわかった」と親の旅行から閃いてなぜかいきなりパリに出かけてしまっていませんでした。

店の二号店の開店準備があるにも関わらず、店主である綾女は結婚記念日に旅行、長女は思い立って旅行、と残されたのが千弦だけとなってしまってイライラもしていたようです。

普通開店前の店を子供に任せるという発想が出てくるか?という話を千弦がするのですが、昊が綾女のことを普通じゃないと言うと千弦はそれを聞いて落ち込んでしまうのでした。

とにかく人手は欲しかったので、彩葉は開店前の店のお手伝いをするバイトを開始するのでした。

以上、フルーツバスケットアナザー15話のあらすじのネタバレでした。

フルーツバスケットアナザー15話の感想

綾女の長女である響歌が旅行を閃いたときに「えうれーかー」と叫んでいましたが、何のことでしょうか?(笑)

響歌はとっても綾女の長女だとしっかりとわかるのですが、それに振り回されている千弦はあまり綾女の息子とはちょっとイメージが違う感じがしますね。

というか最初は女の子だと思っていました(笑)

睦生に紹介されたんだからと、罵声を浴びせられても頑張って挨拶をする彩葉がガタガタ震えるのも仕方がないように思います。

まだどんな子なのかわかりませんが、これから彩葉と仲良くなれるのが気になるところですね。

フルーツバスケットアナザー15話の感想でした。

最後に

ようやく更新されていてまったく気付いていませんでしたが、最近あまり更新できておらず久しぶりの更新となりました。

またフルーツバスケットアナザーが更新された際にはあらすじと感想は更新していこうと思いますので、良ければ次話が出たらまた教えてくださいね(笑)

今後フルーツバスケットアナザーがどうなっていくのかが気になるところです。

続きを楽しみにしましょう。

シロップ
最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ漫画ゲーム大好きで、いろいろな人が気になっているんじゃないかという話題を取り上げています。参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。