フルーツバスケットアナザー14話の感想!あらすじやネタバレも

更新はしてないと思っていたのですが更新されていたんですね。またコメントで教えていただきましたありがとうございます♪

フルーツバスケットアナザーの14話目ですが、
花LaLa onlineでは第6話(2)となっていますのでご注意ください。

ここでは14話を簡単にあらすじなどを書いてネタバレをしていきますので、ネタバレが嫌いだという人はぜひ本編の方を読みにいってみてくださいね。

感想も書いていますので良ければ見て行ってください。

スポンサーリンク

フルーツバスケットアナザー14話のあらすじのネタバレ

結局彩葉は志岐をはじめたちの家まで送り届けて、畑から帰ってくるのを待っていたところでしたね。
jkgkgk
そして睦生たちが帰ってきたところからスタートです。

睦生の父親つまりは由希が育てていた家庭菜園を睦生が引き継いでいて、その野菜を使っての昼食をごちそうしてくれることになりました。

どこかにいく途中だったのなら迷惑じゃないかと志岐が言い、服を買いに行くつもりだったことを彩葉が言うとはじめが2階に山程あるから借りて行っていいぞと言います。

それは親戚がよく泊まりに来て服を置いていくし、さらに睦生の伯父である綾女が洋裁をやっていることもあって貸し衣装屋のように服が溜まっていってしまったからでした。

普段ならそんな図々しいことはできないと断る彩葉ですが、家庭の事情というかお金もないのでできることならお金は使いたくないということで「貸していただけるのなら」と借りれるなら借りたいと正直に言って借りることにしました。

結局彩葉はご飯もごちそうになって、服も借りてから帰りました。

ですが志岐が自分のことを何に似ていると思ったのかを聞くのを忘れてしまったのを思いだしますが、また会えるだろうとあまり気にしないのでした。

そして帛姉が彩葉に志岐が当主の一粒種だということを話したかという話をしていますので、間違いなく慊人の子供なのは確定しました。

さらにさらに彩葉がバイトをしたいと話していたからと、睦生が綾女の店のバイトを勧めようと考えているようで、そのお店にはまた新たな登場人物がいました。

果たして誰なのでしょうか?
そして彩葉はそこでバイトをするのでしょうか?

ここまでがフルーツバスケットアナザー14話のあらすじのネタバレです。

フルーツバスケットアナザー14話の感想

やはり志岐は紫呉と慊人の子供で確定しましたね。

彩葉がどんどん草摩の一族と関わっていく姿が描かれていますが、これからどうなるのでしょうか?

彩葉自身も草摩家の人たちと関わり合うことで、ふわふわして楽しいだけではなく、さらに何かが胸の奥に触れてくると感じるようになったと話していて、その変化も気になるところです。

とりあえず綾女の店にいた、おそらく女の子だと思うのですが誰の子供なのかが気になります。

綾女の店にいるということは、綾女の子供なのかなとも思いますがまだわかりませんね。ちょっと雰囲気が違うような気もしますからね。

これからもどんどん色んな草摩家の子供たちが見れるのではないかと思いますのでそこは楽しみです。

フルーツバスケットアナザー14話の感想でした。

最後に

最近更新されているのに気付かないこともありますが、のんびり更新していこうと思いますので良かったら見て行ってください。

逆にコメントでこうなんじゃないかとか、情報なども教えてもらえると嬉しいです。

本編自体ものんびりなのでゆっくり見ていきたいですね。

続きを楽しみにしましょう。

シロップ
最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ漫画ゲーム大好きで、いろいろな人が気になっているんじゃないかという話題を取り上げています。参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。