背筋をピン!と62話のあらすじやネタバレは?読んだ感想も

背筋をピン!と62話です。

ついに必殺技を出した土屋たち。
しっかりと猛者たちの前でも決めることができて、御木たちのとの約束もありますし本当に決勝戦へと足を進めることができるのではないかと期待が持てました。

今回でその結果がわかります。

ここではあらすじをネタバレで書いていきます。
ネタバレが嫌いだという人はご注意ください。
感想なども書いていますので良ければ読んでいってください。

背筋をピン!と62話「それまでとっておく」。
さっそく行ってみましょう。

スポンサーリンク

背筋をピン!と62話のあらすじやネタバレ

最終種目であるクイックステップまで踊り切った土屋たち。

二次予選まで生き残り、そして次へ進めるかの結果発表を待ちます。

必殺技も見事決めることができて、その後の演技も完璧にこなすことができました。

ダンスを始めて4ヶ月という土屋たちがもしこの二次予選を突破して準決勝まで進むことができればそれは快挙です。

ですがそれくらい期待しても良いのではないかと思えました。

ひらりんもなんとか踊り切って、足がもたついて倒れそうになるのを八巻が支えます。

ひらりんと八巻組も二次予選が突破できるのか期待です。

まず1位タイ(満点)通過。
これはなんと五組いました。

部長たち、金龍院組、宮大工組、御木組、そしてチャンピオン咲本組です。

続いて350番であるアイドルグループですが、
残念ながら21位でここで敗退となります。

なんとなくわかっていたと言う御木の姉の恵ですが、悔しくて泣いてしまいます。

そして45番、46番の土屋亘理組と八巻藤田組
jkhjjhk
こちらも残念ですが、どちらも点数届かず二次予選敗退となりました。

ひらりんが足を引っ張ったと泣きそうになるのですが、八巻が次はリベンジだと正式なリーダーが見つかるまでは付き合ってもらうからなとひらりんを慰めます。

土屋もたった4ヶ月。
始めてから4ヶ月で、残れる方がすごいとはわかっているのですがものすごく悔しいです。

次は絶対もっと上手くなって頑張って頑張って昔からやっている人たちに追いついて、みんなと同じくらい打ち込んだと思えるくらいになるまで涙はとっておこうと思うのでした。

そんな土屋たちにチャンピオンの咲本が声をかけます。

「キミらの次に期待しているよ」
と言ってもらえます。

残ったのは土井垣と綾辻組。
前とは同じ結果にしないと誓う二人は果たして優勝できるのでしょうか?

ここまでが背筋をピン!と62話のあらすじのネタバレです。

背筋をピン!と62話の感想

やっぱりというかやはり土屋たちは落ちてしまいましたね。

八巻がいる分ですがひらりんたちの方が結構点数が上でした。ということはやはりまだまだ土屋たちのレベルは低いということになるので、これからの頑張りに期待ですね。

そしてやはり今回の主役は土屋たちではなく、土井垣とリオです。

二人で踊るのが最後になる大会で優勝できるのか
そして本当に優勝しても最後になってしまうのか
そのあたりが気になるところですよね。

土屋たちの戦いは終わりましたが、2人がどうやって優勝するために頑張るのかに注目です。

そしてリオには体力面で土井垣には劣りますので、果たして体力が持つのかも気になります。

背筋をピン!と62話の感想でした。

最後に

土屋たち、そしてひらりん、アイドルグループの花園たちもこの二次予選で姿を消すことになりました。

始めた期間は短いですが、努力をして頑張ってきただけに悔しいという思いはしっかりとありました。

これからもっと頑張って次は準決勝などと言わず決勝戦へ進めるように頑張るだろうと思います。

そして土井垣組は一度も果たせなかった優勝をできるのか。

続きを楽しみにしましょう。

シロップ

最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ漫画ゲーム大好きで、いろいろな人が気になっているんじゃないかという話題を取り上げています。参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。