能年玲奈がのんに改名した理由は?本名が使えなくなったのはなぜ?

NHKの連続テレビ小説『あまちゃん』のヒロインとして、人気の高い能年玲奈さんが、突然芸名を改名しました。

「のん」という芸名なのですが、これはこれでかわいいので改名としては良さそうですけどね。

しかし、名前そのものよりその改名した理由がショッキングなのです。

能年玲奈さんは本名が実はそのままの能年玲奈で、つまり芸名が本名なのですが、なぜその本名である芸名を改名しなければならなかったのか、そのあたりが疑問だったので調べてみました。

改名した理由はなんだったのでしょうか?

スポンサーリンク

能年玲奈がのんに改名した理由は?

能年玲奈さんが名前を「のん」に改名した理由は、すばり所属プロダクションからの通知(要は命令)があったからでした。

所属の事務所「レプロエンタテインメント」が、「能年玲奈」使用に関する通知文書(警告書)を送っていたのです。

能年玲奈さんとレプロとの契約は、本年6月末でが満了することになっていました。

レプロは6月下旬に、昨年4月から行っていた能年さんとの話し合いが進まないため、仕事を入れられなかったとという理由で、15カ月分の契約延長を求める文書を送付したのです。

その文書には、「契約が終了した場合でも、『能年玲奈』を芸名として使用する時は、レプロの許可が必要」と書いていたのです。

この警告書ついては、レプロは次のように言っています。

「弊社と能年氏との間の交渉では、双方共に代理人を通じての交渉をしているので、その件には回答を差し控えさせていただきます」

同様に、本名の「能年玲奈」を使用することについても許可が必要とする根拠には、
「契約の内容の問題なので、回答は差し控えるさせていただきます。しかし、一般論としては、その旨の契約が締結されている場合には、当事者はその契約に拘束されると考えております」とのことでした。

また、能年玲奈さんの代理人である弁護士は、改名の理由として、「能年玲奈の名前で契約していた所属事務所との関係を考慮しました」と言っていました。

これが能年玲奈さんが「のん」に改名した理由なのですね。

しかし、本名なのにそれを名乗ることができないというのは、どう考えてもおかしいですよね。

実際、ある弁護士は、「契約終了後に本名であっても許可なしでは名乗れないというのは、裁判になれば公序良俗違反で契約条項は無効になるでしょう」と言っています。

この会社、「株式会社レプロエンタテインメント」は、1991年2月、東京都目黒区中目黒にレヴィプロダクションズとして設立されました。

代表取締役は本間憲氏(引退した俳優の本間優二の弟)です。

2006年には社名をレヴィプロダクションズから「レプロエンタテインメント」に変更しました。

業務の内容は、芸能事務所として俳優、歌手、モデルなどのジャンルにとらわれないマルチなタレントの育成をはかっているとのことです。

以下は能年玲奈さんのプロフィールです。
jjhgjhg
能年玲奈(のうねんれな)
本名同じ
生年月日 1993年7月13日
出身 兵庫県神崎郡神河町
職業 女優 ファッションモデル
所属 レプロエンタテインメント

2006年 第10回ニコラモデルオーディションに応募してグランプリとなる
2010年 映画『告白』で生徒役として女優デビュー
2013年 NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」に主演

以下はこの事件に対するネットの反応です。

・「この表現だと能年玲奈を商標登録してるわけではないのかな? あるいは申請してるけど登録はまだの状態かな?」

・「商標登録はしてないらしい  ただ登録出願中の可能性はあるかも」

・「芸名なら登録商標できるだろうが、本名は無理だろ  単なる嫌がらせじゃん これ裁判すれば当然勝つだろうな」

・「本名を拘束するのは人権侵害だよ」

・「本名なのにそれを名乗れないというのは、変な事務所すぎて怖いね」

・「さすがに本名の使用を止めることはできないと思うよ」

能年玲奈さんはのんに改名したということですが、今後は本当に本名を芸名と使わずにのんとしてやっていくのでしょうか?

能年玲奈はこれから再起できるのか

能年玲奈さんは、これからも仕事を続けられるのでしょうか?

そしてまたあまちゃんで大ブレイクしたようにテレビでいつも見られるような再起はあるのでしょうか?それも気になるところですよね。
main
ある人が特許庁の商標を確認したところ、「能年玲奈」は商標登録には存在しなかったそうなので、商標登録はされていない模様です。

つまり「能年里菜」の芸名は、商標上は使用可能ということになります。

しかし、契約の条項に「契約が終了した場合でも、『能年玲奈』を芸名として使用する時は、レプロの許可が必要」とある場合は、少し状況は変わってきます。

とはいえ、「契約終了後に本名であっても許可なしでは名乗れないというのは、裁判になれば公序良俗違反で、契約条項は無効になるでしょう」と言っている弁護士さんもいるので、これも不可能ではなさそうです。

「のん」という芸名は、かわいくはありますが、今までの「能年玲奈」とは知名度がまるで違います。

芸能人の場合、芸名の知名度はその人の生命線でしょう。
なので今後「のん」で活動していって再起することは難しいのではないかと思っています。

なぜ能年玲奈が芸能界からいなくなったのかや現在何をしているのか知りたい人はこちら⇒能年玲奈が干された理由

場合によっては、「能年玲奈」ではなく「能年レナ」とする手もあります。

せっかくここまで知られた芸名を、まるで別のものにする必要はないのではないでしょうか?

それとは別にまた今後の起用で今回の騒動を吹き飛ばすような話題を起こせばまたテレビやドラマにも使ってもらえて再起できる可能性は十分にあります。

のんに改名してもネームバリューもありますし商品考案や違う道を歩むことも十分に考えられますよね。

今後どうするのかは能年玲奈さん、改名してのんさんの動きに注目ですね。

まとめ

今回は、能年玲奈がのんに改名した理由は?本名が使えなくなったのはなぜ?として、その理由や原因などを見てきました。

今回の「能年玲奈」芸名騒動は、芸能界の華やかさの裏の陰惨さを感じさせる騒動で、いろいろと調べてみてもあまり後味の良いものではありませんでした。

それにしても、本名を使うなという芸能事務所があるとはちょっと驚きましたよね。

今後のんと改名した能年玲奈さんが芸能界で再起できるのか気になるので今後の動きに注目したいと思います。

シロップ

最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ漫画ゲーム大好きで、いろいろな人が気になっているんじゃないかという話題を取り上げています。参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    精神科行っていない星人の皆様。
    大天使ミカエル様が降臨します。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。