ワンピース834話のあらすじやネタバレは?読んだ感想も

ワンピース834話です。

サンジ奪還をすみやかに行いたいところなのですがルフィたちが迷いの森に入ってしまったり、抜け出したいサンジも腕に爆弾を付けられてしまうなどだんだんと雲行きが怪しくなってきました。

ここではあらすじをネタバレで書いていきます。
ネタバレが嫌いだという人はご注意ください。
感想なども書いていますので良ければ読んでいってください。

ワンピース834話「おれの夢」。
さっそく行ってみましょう。

スポンサーリンク

ワンピース834話のあらすじやネタバレ

サンジの腕には爆弾の腕輪が付けられてしまい、無理に壊そうとすれば爆発すると鍵で外す以外にないと言われます。

バラティエでお前の腕はケンカするために付いているのかと言われたことを思いだし、腕を爆破される爆弾を付けられてしまったことを悔しがるサンジ。

そのころジンベエがビッグマム海賊団を抜け出そうとしたことがニュースになっていました。

結局落とし前のダーツに関してはやらずに、願いも取り下げたと報じられているようですが本当のところはわかりません。

ポーネグリフを奪いに出たブルックとペドロがその話を聞いていたのですが、その近くにサンジの婚約者であるプリンがいました。

これではルフィたちと合流もしておらず、サンジに自分たちが来たことが伝わっていません。

さらにそこにいたタマゴ男爵の話から、すでにルフィたちが迷いの森で迷っているのも情報が筒抜けで、ぺコムズは失踪していてどこにいるのかわからないということでした。

結局ぺコムズはカポネが捕えていて殺そうと銃を撃って人食いサメの海へ落とします。

場面変わってビッグママとシーザーが話していました。
gkghk
ビッグママの夢は世界中のあらゆる人種が同じ目線で食卓を囲むことだと、家族を巨大化させてみんな自分と同じ大きさにすることが夢でした。

なのでシーザーに科学の力で人を巨大化させるために研究させていたのです。

ですがシーザーはそんなの無理だと研究費だけせがんで遊んでいました。

同じ研究室も作ったからとあと2週間で作れと言われてシーザーの命は残り2週間となっていまい、どうにかならないかとシーザーは考えていました。

そして森に入ったルフィですが、結局ナミたちが増殖したりずっと埋まった巨人の周りに戻ってきてしまうだけなど、まだまだ迷ったままでした。

ここまでがワンピース834話のあらすじのネタバレです。

ワンピース834話の感想

今回はいろいろと場面が平行していて話が進んだように感じられましたね。

今回わかったのはジンベエは落とし前のルーレットをやっておらず、ブルックたちが潜入している姿、ぺコムズはカポネに捕えられて殺されそうになっていて、シーザーもどうにか抜け出せないかと考えているところですね。

ジンベエは本当に落とし前をやめたのかが疑問、ぺコムズはカポネにまた撃たれますが生きているような気がしますし、シーザーが抜け出そうと考えているなどすべて伏線となりそうです。

サンジは爆弾を付けられるとは思ってなかったのか悔しがっていますが、もうちょっと警戒しておいてほしかったというのがありますね。

サンジが爆弾付けられたことでかなり奪還が面倒になりました。

とりあえずルフィたちが早く森から抜け出せるかどうかが問題ですね。まだまだかかりそうですが。

ワンピース834話の感想でした。

最後に

ルフィたちの動きはすべて筒抜けでビッグマム海賊団にはそれでも全然脅威だとは思われていないようです。

サンジはまだルフィたちが来たことを知りませんが、腕に爆弾を付けられて逃げられなくなってしまいました。

サンジを速やかに奪還ということが難しくなって来ましたが、ポーネグリフを奪うことと合わせてこれからどうすればいいのでしょうか?

続きを楽しみにしましょう。

シロップ

最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ漫画ゲーム大好きで、いろいろな人が気になっているんじゃないかという話題を取り上げています。参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。