ものの歩最終回のあらすじやネタバレは?読んだ感想も

ものの歩が最終回です。
まさかこんなに早く最終回になるとは思っていなかったので驚きと悲しい気持ちになりました。

私自身将棋は好きでしたし、その将棋のプロになるために高校生が奨励会に入って頑張っていく姿が描かれているということでこれからもどんな話になるのか毎週楽しみでした。

あまりアンケートなどが良くなかったのでしょうか?

それともとりあえずここまでにしようという話があったのでしょうか?

どちらかはわかりませんが新しくキャラなども入れてこれからのように見えたので、最終回となるのは本当に残念です。

ここではあらすじをネタバレで書いていきます。
ネタバレが嫌いだという人はご注意ください。
感想なども書いていますので良ければ読んでいってください。

ものの歩最終回「二年後」。
さっそく行ってみましょう。

スポンサーリンク

ものの歩最終回のあらすじやネタバレ

二年後として描かれていたのは、
まずは「可愛すぎる女子高生棋士」としてみなとが紹介されていました。

世間では将棋関連の映画なども公開されていて将棋ブームが巻き起こっているようです。

そしてみなともすでに三段となっていて、プロになれる四段まであと一歩というところまで来ていました。

あれからさらにかやね荘は桂司が受け継いで継続していました。

そこに信歩と奨励会の試験で対戦したミッチーと明日美が入居し、泰金と銀雅が忙しいということでかやね荘を出て行っていました。

そしてテレビでは個人戦と団体戦ともに優勝を決めた十歩が、優勝すると奨励会1級になれるということで信歩が待っているからと奨励会に編入することを宣言していました。

そして主人公の信歩はまだ1級ですが着々と力を付けていて、すでに斑木は2段になっていて結局斑木世代と言われるようになってしまっていたのでした。
ggjkk
信歩と竜胆、そして斑木の3人でいつもつるんでいるようです。

さらにさらに一番気になるみなとと信歩の関係ですが、

みなとはテレビの取材で好きな男性について聞かれ、
決めた夢に向かって突っ走る人を傍で見ていたいと答えていました。

これは丸々信歩のことですね。
それを信歩にも見られてしまい、赤面しながら信歩を殴っていました。

さらには信歩の前では脱がなくなるなど恥じらいも出てきたようでした。

泰金がプロになってから二年でみんな変わったという話が描かれていて、これでものの歩は最終回でした。

これがものの歩最終回のあらすじやネタバレです。

ものの歩最終回の感想

正直もっともっと続いて欲しかったですねぇ。
将棋をテーマにした話で難しかったとは思いますがそれぞれ登場人物のエピソードは迫力のある絵などを入れて表現がとても良かったですし、もっと見ていたかったですね。

みなとも可愛いですし、2人の恋の進展なども気になっていましたがみなとがやはり完璧に信歩に落ちるという形になりましたね。

この作者さんの女の子は可愛いので次はニセコイのような恋愛漫画になりそうですね。今は週刊少年ジャンプの恋愛漫画は少ないように感じますし、ニセコイも最終回になりそうですからね。

今回打ち切りになった理由はわかりませんが、
まだまだ可能性を感じるというか次回作が楽しみな漫画家さんだなと思いました。

絵も好きですし次回作が来てくれることを楽しみにしたいと思います。

ものの歩として将棋を題材にした作品はとっても良かったです。

ものの歩は最終回で終わりということで残念というのが感想ですね。

最後に

改めましてものの歩は最終回です。
単行本などは後から出ますので買って確認しましょう。

番外編などがあればみなとが中心の話になるでしょうね。楽しみに待っておきましょう。

そして私個人としては絵がとっても好みだったので次回作にはとても期待しています。

次はどんな漫画になるのか楽しみにしましょう。

シロップ
最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ漫画ゲーム大好きで、いろいろな人が気になっているんじゃないかという話題を取り上げています。参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。