背筋をピン!と56話のあらすじやネタバレは?読んだ感想も

背筋をピン!と56話です。

リオがプロを諦めようと考え、そして土井垣と踊る最後の大会になるのですが勝負から降りているとライバルである沙羅から言われて、さらに後輩たちの踊りを見て改めていろいろと気付きます。

果たして土井垣とリオは咲本組に勝つことができるのでしょうか?

ここではあらすじをネタバレで書いていきます。
ネタバレが嫌いだという人はご注意ください。
感想なども書いていますので良ければ読んでいってください。

背筋をピン!と56話「綾辻理央②」。
さっそく行ってみましょう。

スポンサーリンク

背筋をピン!と56話のあらすじやネタバレ

リオは競技ダンス部を作って1年が経ったころを思い出していました。

八巻と秋子が入ってきて、人の教えることでさらにダンスをより深く知ることができて新たな楽しみ方もわかりました。

そして秋子は沙羅に似ていて、秋子や沙羅はリーダーである男の子とよくケンカしぶつかっていたのを見ていたのと、土井垣の姉から咲本組に勝てないのはリオの自己主張が足りないからだと言われていたので自己主張できない自分がここに居ていいのかと迷うようになっていました。

10年もやってきてリオは一度も土井垣とケンカなどしたことがありませんでした。

土井垣も優しく、リオにできないことを言ったり怒ったりもしてきませんでした。

そしてそれが土井垣とコンビを組んでいて良いのかという思いに繋がります。

さらに八巻と秋子が素人ながら全国5位に入賞したとき、主役になれるのはこういう子たちなんだというのを再認識します。
gkkgk
ですがリオは土屋たちのダンスを見て気付かされました。
競技ダンスは男女で1組なんだと。

リオは始まる前に土井垣に言われた「勝つわよ」という言葉について考えていました。

土井垣にそんなことを言われたのは初めてだったからです。

自分のレベルに合わせて全力を出し切れずにいる土井垣に申し訳なく思っていて、勝手に自分だけ勝つことを諦めていたのに、土井垣はずっとリオと一緒に勝つことを考えてくれていたのです。

ずっと土井垣は自分と一緒に勝つことを考えてくれていたことが嬉しく、そして恥じました。

これが自分が最後のダンスになる大会ではなく、
土井垣と2人で踊るダンスが終わることなのだとようやく理解します。

「最後に一度でもいいッ…!沙羅たちにッ 勝ちたいッ……!!」

土井垣と一緒に勝ちたいんだという思いを改めて土井垣に伝えます。

土井垣はリオがその気になってくれたならできると、リオから勝ちたいという思いが聞けて嬉しいと改めて勝ちにいくことを伝えます。

「勝つわよ…!リオ…!!」

果たして土井垣とリオは優勝できるのでしょうか?
ここまでが背筋をピン!と56話のあらすじのネタバレです。

背筋をピン!と56話の感想

ついにリオがやる気を出しました。
秋子や沙羅たちと比べて、そして同じく4歳からずっとやってきた土井垣と比べての劣等感や自己主張ができない自分などをずっと気にしていてプロになることを挫折しました。

ですが自分がではなく、ダンスは男女で1組なのだということを後輩である土屋たちのダンスを見て気付かされます。

自分のダンスではなく、土井垣とのダンスが終わるのだということを気付き、そして土井垣がずっと自分と一緒に勝とうとしてくれていたことに改めて気付かされたというわけですね。

良いお話ですね。
このまま土井垣と一緒に優勝して、そしてリオが自信を取り戻して、さらに土井垣からプロポーズして一緒にプロを目指すという話にして欲しいですね。

ずっと一緒にいたからこそ気付かない思いや伝わらない思いというものもありますよね。

土井垣はそれに気付いていますし、リオにはしっかりと伝えないといけないということも気付いていると思いますので今回の大会で2人が最後になるということはないんじゃないかと勝手に思っています。

問題はどうやって2人が力を出していくのか。
気になるところですね。
背筋をピン!と56話の感想でした。

最後に

周りの力のある子たちと自分を比べてプロになることを諦めようとし、そして勝負をするという思いさえも捨ててしまっていたリオですが改めてライバルである沙羅や土屋たちのダンスを見て気付かされます。

土井垣と一緒に勝ちたいという思いをしっかりと土井垣本人に伝え、2人で咲本組に勝とうと改めて決意します。

果たしてどうやったら2人は優勝できるのでしょうか?

続きを楽しみにしましょう。

シロップ
最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ漫画ゲーム大好きで、いろいろな人が気になっているんじゃないかという話題を取り上げています。参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。