ハンターハンター359話のあらすじやネタバレ!読んだ感想も

ハンターハンター359話がやってきました。

ヒソカ編とも言えるVSクロロ戦も一旦の収束を見せるもののまだVS旅団戦が見られるということで楽しみですが、今度はクラピカ主体の暗黒大陸への渡航編がスタートですね。

これからがクラピカの大変なところとなりますし、
クラピカがどうやって王妃たちを守りつつカキンの継承戦に関わっていくのかが見所となります。

毎回思いますが富樫先生は展開作りが本当に上手いというか、やっぱり天才ですね(笑)

ハンターハンター359話のネタバレをしていきますのでネタバレが嫌いという人はご注意ください。

今回から合わせて感想なども入れながら紹介していきますので、すでに読んでしまったという人も良ければぜひ見て行ってください。

ハンターハンター359話「出航」。
さっそく行ってみましょう。

スポンサーリンク

ハンターハンター359話のネタバレ&感想

ついにクラピカたちを乗せたブラックホエール(BW)1号が出航です。

血塗られたカキンの継承戦もスタートです。
クラピカが王妃と王子を守り切れるのかが見所です。

一般の人たちはとりあえず新大陸がゴールとなりますが、12支んたちは中継地点を経て暗黒海域まで行く予定となっています。

現状ではノヴが人材の輸送をしているのですが、ノヴはキメラアントで懲りていてそれ以上へは行けませんのでさらに輸送部隊の人材が必要となっています。

ノヴの能力はやはり貴重だったわけです。
キメラ編でもストレスで禿げてまで良くやってくれたと思いますよ。今回も暗黒大陸以上の輸送ができないのはしかたないでしょう。

ビヨンドは相変わらず拘束、そして12支んのメンバー3人が監視についていますが、その中には裏切り者のサイユウがいます。

ビヨンドの監視に3人もいらないんじゃないかと揉めているところです。

サイユウが監視を減らそうと画策しているところですね。

そしてクラピカですが、ある問題が起きていました。
jjkk
トイレで護衛の一人が謎の死をとげていました。
全身の血が抜かれて干からびた状態でトイレで死んでいました。

侵入者というよりも内部に敵がいるのではないかと踏んだクラピカは護衛に念能力が使える者はいるかと正直に答えて欲しいと訊きます。

ですが実は応募してきた護衛でカキンの王の継承戦を知っている者はいませんでした。

なので事情を知らない者はカキンの内輪揉め程度だろうと、念能力者だとバラすのはその内輪揉めに巻き込まれるのはごめんだと言うような連中だけでした。

つまり王の護衛だけを目的にしていて、継承戦で王同士が殺し合いなどしているなど夢にも思っていないのです。

この現状をクラピカは重く受け止めます。
王の護衛など軽いと思っている連中しかいないので、現状クラピカの力になれる護衛は皆無で間違いないでしょう。

そして護衛が次々と同じ要領で殺されていき、クラピカはしかたなく鎖の能力を発動させて嘘をついたものを殺すと脅します。

果たしてクラピカは内部に潜んだ侵入者を発見できるのでしょうか?

同じく潜入しているセンリツは護衛している継承戦候補の女の子が自分の振る舞いに嘘をついていることを見抜きます。

強気な態度の女の子ですが果たしてどんな思いを秘めているのでしょうか?

いきなりクラピカは問題ばっかりで心労がきつそうですが、どうなっていくのか楽しみばかりですね。

以上ハンターハンター359話のネタバレと感想です。

最後に

ハンターハンター359話のネタバレと感想でした。

やっぱりあらすじのネタバレと感想は分けた方が良いような気がしましたので次からはやめます。

クラピカのカッコイイところがこれからも見れると思いますが、どうやって次々と襲いかかる襲撃を乗り越えていくのか楽しみでしかたないですね。

続きを楽しみにしましょう。

シロップ
最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ漫画ゲーム大好きで、いろいろな人が気になっているんじゃないかという話題を取り上げています。参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。