ものの歩37話のあらすじやネタバレは?読んだ感想も

ものの歩37話です。

しばらく更新ができませんでした。
もし続きを見たかったという人がいたとしたら申し訳ありませんでした。今後もちょくちょく更新していきますので良ければ見てくださいね。

ここではあらすじをネタバレで書いていきます。
ネタバレが嫌いだという人はご注意ください。
感想なども書いていますので良ければ読んでいってください。

ものの歩37話「運命」。
さっそく行ってみましょう。

スポンサーリンク

ものの歩話のあらすじやネタバレ

将棋は愛で指せという師匠からの教えを守って、笑顔を取り戻していつも通りに指せたことでなんとか勝利を掴んでいけた信歩ですが最終戦は天才と言われている藤川名人も「神の子」と言うほどの子が相手でした。

負ければ1次試験のボーダーに届かなくなってしまう信歩にとって最悪の相手でした。

その斑木王四郎はなぜ笑っているのかと信歩に訊きます。

信歩は勝敗は気にせず将棋を楽しむことにしたからだと答えて、王四郎は自分の片方の目が見えないことを信歩に教えてくれます。

学校にも行けず兄たちから教えてもらった将棋だけを病室でずっとやってきたという話でした。

そして将棋が楽しいかどうかを答えようとしたところでしたが対局が始まってしまいます。

いかに自分の戦法に持ち込むかが大事だと信歩は力戦志向で挑み、それに対して王四郎も受けて立ちます。

2人はまったく同じタイプで、将棋の定跡を外してわざとねじり合いに持ち込んで読みの正確さで一気に寄せる戦いをします。

王四郎の病気は一億人に一人の病気でした。
なぜ神様は自分を選んだのかと思う王四郎は、見える目を閉じて見えない目を開くと駒の銀河が見えるのでした。

信歩も王四郎が自分と同じタイプなのがわかりました。

ですが指している将棋も楽しい、自分の全力も出せていて集中もできている、なのに得意の終盤でまったく王四郎に勝てる気がしませんでした。
thjvgj
唯一の取柄だと思っていた終盤で歯が立たず、信歩は負けてしまいました。

これで3勝3敗と4勝2敗のボーダーに届かなかった信歩ですが、これで今年の試験は落ちてしまったのでしょうか?

ここまでがものの歩37話のあらすじのネタバレです。

ものの歩話の感想

新たに登場した新キャラが信歩と同型の思考を持つどころか全てを見通す千里眼を持つようなチート級のモンスターでした。

これで3勝3敗というわけですが、あくまでボーダーなので最後に勝ち抜き戦などをやるかもしれませんね。

ですがこれからずっとこのチート級の相手をしていくということで、信歩の挫折回などが出てきそうですね。

信歩は人よりも取柄があってそれを自信に変えてきたところもあって、それがこの漫画のサクセスストーリーが見えるところでしたからね。

チート級の相手が出てきたということで、
これからどうなるのかという楽しみが出てきたわけですね。

とりあえずは奨励会員になった先が見たいので、
どんどん進めてもらいたいですね。
ものの歩37話の感想でした。

最後に

ボーダーである4勝2敗に残念ながら届かなかった信歩。

このまま一次試験で不合格になってしまうのでしょうか。

続きを楽しみにしましょう。

シロップ
最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ漫画ゲーム大好きで、いろいろな人が気になっているんじゃないかという話題を取り上げています。参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。