二日酔いに効く朝の食べ物まとめ!吐き気があるときの対処法も

お酒を飲む人なら誰でも経験があると思いますが、二日酔いは本当に辛いものですよね。

お酒を飲んでいる時は、天国にいるように気持ち良く飲んでいますが、その翌日の朝は地獄が待っています。

そこで今回は、二日酔いに効く朝の食べ物と、吐き気があるときの対処法、さらには世界の意外な二日酔いに効く朝の食べ物などを、調べてみましたので良ければ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

二日酔いの原因とその対処法

まず二日酔いの原因ですが、このようなものが原因となります。

アデノシン
脱水症状と頻尿
低血糖症
アセトアルデヒド
胃の塩酸分泌
酸素不足
メタノール

この中でおきやすい症状は、アセトアルデヒドによるものと脱水症状によるものです。

それでは原因別に対処法などを見ていきましょう。
futsukayoi
■アデノシンの対処法
アデノシンが原因の二日酔いは、頭痛が特徴です。
アルコールには血管を拡張する働きがありますが、そのため血管が炎症を起こして、頭痛の原因となります。

まず対処法としては血管を収縮させることです。

それにはコーヒーなどが代表格ですが、牛乳にも血管収縮作用がありますし、すぐ痛みを止めたい時には、頭痛薬という手もあります。

■脱水症状の対処法
脱水症状の原因としてアルコールには利尿作用があるので、摂取した水分以上の水分が尿として出てしまいます。

脱水症状は頭痛やだるさ、吐き気や食欲不振などの症状があります。

対処法としてはこれは水分補給につきます。
特にスポーツドリンクは、尿で失われたミネラルなども補給しますし、吸収も速いので二日酔いには最適な飲み物です。

また、薄めの味噌汁も水分と塩分などの補給をしてくれます。

これらの飲み物は、二日酔いの時に飲むと、普段以上においしく感じますが、これは人体の自然の要求によるものなのでしょうね。

■低血糖症の対処法
症状は頭痛やだるさと筋肉痛などです。
お酒のアルコールは全て肝臓で処理されますが、アルコール分を処理している間は、他の働きにまで手が回りません。

そのため、糖分が不足となり、低血糖症が起こるのです。
対処法としてはやはりスポーツドリンクやジュース類を飲むのが一番でしょう。

■アセトアルデヒドの対処法
アセトアルデヒドが原因の二日酔いは、頭痛、だるさと吐き気や疲労感などがあります。

アセトアルデヒドは、肝臓によるアルコールの分解過程で生じる物質ですが、欧米人に比べて日本人はアセトアルデヒドを分解する酵素の分泌が少ないため、アセトアルデヒドが残ってしまう場合が多いのです。

対処法としてはアセトアルデヒドの分解には、しじみやひまわりの種、ゴマなどがよいと言われています。

昔からしじみ汁は二日酔いの特効薬として、有名ですね。

■胃の塩酸分泌の対処法
これが原因の場合は、吐き気、食欲不振や下痢などの症状がおきます。

アルコールは胃酸の分泌を促しますが、胃酸に含まれる塩酸が、これらの症状の原因となります。

対処法としては昔からの民間療法として、しょうがと重曹がこれに効くとされています。

しょうがは胃酸の分泌を抑え、重曹は胃の中の酸を中和する働きがあります。

■酸素不足の対処法
酸素不足が原因の二日酔いは、頭痛や疲労とだるさなどがおこります。

対処法としてはこれには酸素吸入が即効性があるようです。

また、横になって身体を休ませたりすることも効果があります。

■メタノールの対処法
この場合の症状は、頭痛、だるさと吐き気や体の痛みですが、普通の二日酔いとは違う違和感があります。

これは果実から作ったお酒を飲んだ時に起こりやすいのですが、そのお酒は、ブランディー、ワイン、テキーラなどが代表格です。

メタノールはいわば工業用アルコールで、エタノール(薬用アルコール)と違い、本来は飲用にするものではありません。

しかし、大半のお酒には微量ながら含まれていますし、ワイン、ウィスキー、テキーラ、ブランデーなどには特に多く含まれています。

それでこれらのお酒を飲み過ぎると、メタノール中毒の状態となるのです。

対処法としては、これはメタノールの多いお酒をさけるか、量を控えるのが、一番でしょう。

メタノールの全くないのは純粋なエタノール(無水薬用アルコール)ですが、少ないものは、このようなお酒があります。

ウォッカ
ジン
ラム
泡盛

いずれも蒸留酒で、醸造酒はメタノールの含有率が高いものが多いようです。

また、果物や野菜或いはフルーツジュースは避けるのも、一つの方法です。

果実類にはメタノールが含まれるものが多いからです。

また、水分の補給には、スポーツドリンクはさけ、ミネラルウォーターなどが良いとされています。

二日酔いに効く朝の食べ物とは?

二日酔いに効く朝の食べ物ですが、これが二日酔い対策として、昔から伝えられているものが多いようですね。

昔の人は長い体験で、二日酔いに効く食べ物を知っていたのでしょう。

二日酔いを早めに治すには、脱水症状、低血糖を改善し、肝臓機能の向上を計る必要があります。

前項と重複する所もありますが、二日酔いに効く朝の食べ物を挙げてみます。

脱水症状と低血糖には、やはり水分と糖分の補給でしょう。

スポーツドリンクや、ミネラルウォーター、味噌汁やしじみ汁、野菜や果物のジュースなどが効くようです。

ただし、メタノールが原因の二日酔いには、野菜や果物のジュースはよくありません。

■梅干し
food_umeboshi
梅干しには、肝臓を活性化するピクリン酸と、疲労回復に効果があるクエン酸が含まれています。

二日酔いで食欲がない時でも、梅干し茶漬けならサクッと食べられますね。

■アロエ類(ヨーグルトやジュースなど)
アロエには肝臓の解毒作用を強化する働きがあります。

ビタミン、ミネラル、アミノ酸などが豊富に含まれていますので、肝臓機能の強化には最適です。

■柿
柿は多くの果糖を含んでいます。

果糖は肝臓の代謝機能を高めてくれるので、二日酔いには大変よい食べ物です。

■ニンニク
ニンニクには、アルコールの分解に役立つビタミンB1が豊富に含まれています。

にんにくの成分であるアリシンやメチオニンは、毒素を体外に排出する効果があります。

■トマト
トマトの糖分やアミノ酸が、アルコールを分解する手助けとなります。

◆ブロッコリー、カリフラワー、大根、キャベツなど

これらのアブラナ科の野菜は、肝臓の解毒機能を促進します。

■納豆
納豆にはビタミンB2が豊富に入っていますが、ビタミンB2は肝臓の働きを助けて、
アルコールの分解を早めます。

■大根おろし
大根おろしにはビタミンCが豊富に入っています。

このビタミンCもまた、アルコールの分解に効果があります。

■カレー
カレーに含まれるターメリックという香辛料がありますが、これはウコンのことで、ウコンは、アセトアルデヒドの分解に効果があります。

とはいえ、朝からカレーというのは、二日酔いの時にはすこしきついかもしれません。

◆肉うどん
二日酔いをなおすのに必要な栄養素を全て含んでいます。

ただ、朝から肉うどんはちょっと・・・という方も多いかも知れませんね。

二日酔いで吐き気があるときの対処法

この吐き気にも、色々な原因によるものがあります。

脱水による吐き気
アセトアルデヒドによる吐き気
低血糖症による吐き気
胃酸過多による吐き気

この吐き気については、吐いてしまった方がよいという説と、吐いてはいけないという説の両方があります。

いずれにしても、吐かなくて済むのなら、無理に吐こうとする必要はないでしょう。

これらのいずれの原因による吐き気でも、もっとも効果があるのは水分の補給でしょう。

ただ、冷たい水は酔い覚めにはおいしいのですが、身体への吸収が遅いので、二日酔いの吐き気の時には、体温程度の微温湯がよいようです。

これに梅干しや塩昆布、あるいはハチミツを少量入れると、さらに効果があります。
二日酔いで食べ物はちょっと・・・という人でも、水分をとるだけで随分と違います。

二日酔いの朝の食べ物は、水分を補給して体調が多少なりともよくなってからでも、よいのではないかと思います。

医師への調査によれば、880人の医師の56%が、二日酔い対策に効果があるのは、「水分補給」と回答しているそうです。
water_shizuku
水をたくさん飲むことで身体の代謝が活発になり、血液中のアセトアルデヒドの濃度を下げる効果があります。

この水分は、スポーツドリンクやお茶、ミネラルウォーター、味噌汁やしじみ汁、野菜や果物のジュースなどで補給できますが、味噌汁やジュースも受けつけないような重度の吐き気の場合は、只の水またはミネラルウォーターがよいようです。

また、既に嘔吐した場合でも、水を飲むことで脱水状態の改善の他に、嘔吐した分の水分補給ができますし、可能であれば水分をとるべきでしょう。

また、水を受けつけないほどの強い吐き気の時に、まず横になって身体を休め、多少なりとも回復してから水分を取るようにします。

市販の二日酔いの薬やドリンク類は、このようなものがありますが、いずれも二日酔いになってから飲むよりも、予防としてお酒を飲む前に飲んでおいた方が、効果があるようです。

ノ・ミカタ
新ヘパリーゼドリン
ハイチオールCプラス
ウコンの力ウコンエキスドリンク 10

ぜひ予防もしっかりして二日酔いにならないようにしましょう。

世界の二日酔いに効く朝の意外な食べ物

世界各国にも日本とおなじく、民間伝承的な「二日酔いに効く」食べ物がありますので紹介します。

しかし、中には「こんなもの食べたら、二日酔いがよけいひどくなるんじゃないか」と思わせるような、はやくいえばゲテモノも多いようです。

古代ローマの「カナリアの唐揚げ」、スコットランドの「エナジードリンクで茹でたソーセージ」、フィリピンの「孵化直前のあひるの卵」など、文字で見ただけで「オェッ!」と来そうなものがありますね。

それでは世界各国の、二日酔いに効く朝の意外な食べ物を見てみましょう。

■イギリス
英国スタイルのブレックファースト
ベーコン、卵、ソーセージ、マッシュルーム、トマトにトースト・・・
濃厚です、そしてボリュームあります。

これを完食できるようなら、二日酔いではないということになりますね。

■フィリピン
孵化直前のあひるの卵
バロットという奴ですね。
しかし、二日酔いの朝に、目の前にこれを出されたら・・・

■イタリア(シチリア島限定)
牛のペニスをビーフジャーキー

これを囓るのだそうです。
あまり食欲はそそられませんが・・・

■モンゴル
羊の目玉入りトマトジュース

この羊の目は酢漬けにしたものだそうです。

■古代ローマ
カナリアの唐揚げ

なぜカナリアでなければならないのかは、わかりませんし、試してみたいとは思えませんね。

■古代ギリシャ
羊の肺とフクロウの卵

調理法は不明ですが、知りたいとは思いません。
知らない方が幸せになれるでしょう。

■ハンガリー
スズメのおしっこを入れたブランデー

スズメのおしっこなんて、どうやって採取するのでしょうか。実際に試した人は本当にいるんでしょうか。

■ペルー
魚のアラのスープ

初めてまともに食べられそうなものが出てきました。
このスープにはライム、レモンを絞ったものと、ニンニクとショウガを入れるのだそうですが、これなら効き目はありそうですし、おいしそうですね。

なお、これらの「世界の二日酔いに効く朝の意外な食べ物」を、実際に試して見るのはあまりおすすめしません。

ですが実際に自分が二日酔いになった際に効く食べ物は何か試してみるのは面白いと思いますので、ぜひ自分なりに二日酔いに効果のある食べ物を探してみてくださいね。

まとめ

今回は二日酔いに効く朝の食べ物と、吐き気があるときの対処法などを、まとめてみました。

注意点としては、通常の二日酔いの場合と、メタノールによる二日酔いとでは、取った方が良いものが、違う場合があるという点です。

果物や野菜のジュースは、通常の二日酔いには非常に効果がありますが、メタノールによる場合は、むしろ害があると言われています。

なによりもよい最良の対処法は、「飲み過ぎない」ということにつきるようですね。

次の日の朝につらい二日酔いを抑える方法を今後も考えていきましょう。

シロップ
最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ漫画ゲーム大好きで、いろいろな人が気になっているんじゃないかという話題を取り上げています。参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。