ハンターハンター352話のあらすじやネタバレ!読んだ感想も

ハンターハンター352話やってきました。
連載が順調に再開されて嬉しい限りですね。

351話を振り返ると、
ヒソカとクロロがなんと天空闘技場で戦うところが描かれていました。
jjijiji⇒ハンターハンター351話のあらすじやネタバレ!読んだ感想も

ヒソカとの戦いを引き延ばし、ヒソカと戦うための準備をしてきたクロロですが、果たしてヒソカとクロロはどんな戦いをするのでしょうか?

ここからはあらすじをネタバレで書いていきますので、まだ本編を読んでいないという人はご注意ください。

ハンターハンター352話「厄介」。
さっそくいってみましょう。

スポンサーリンク

ハンターハンター352話のあらすじのネタバレ

能力には一長一短があり、クロロはいろんな戦い方がある中で自分はさらに能力を増やすことができると話します。

そして必ず勝てる条件が揃うまで待つと。
ヒソカは逆にそんな相手の心を折ることが自分の絶頂だと話します。

クロロの他の能力はさらに「人間の証明【オーダースタンプ】」。

これは人間ではなく、人形を操作する能力。
あまり複雑な命令はできないが数は多く操れるものです。

なんとさらにクロロは団員の能力「神の右手悪魔の左手【ギャラリーフェイク】」を奪っていました。

死んだジャッジを複製し、
人間の証明を持っていた持ち主は死体は操れなかったのですが複製した人形なら動かせるということで、その複製したコピーに「ヒソカを壊せ!」と命令します。

さらに最後の1つは「転校生【コンバートハンズ】」。

右手で触れると相手がクロロになり、左手で触れるとクロロが相手の姿になります。

さらにさらにクロロは、
自分の盗賊の極意は盗んだ相手が死ぬと能力が消えるのですが、能力者の死後も本に残る能力があると言います。

それは死によって強まる念だと。
その能力の持ち主は流星街の長老で、能力である番いの破壊者は一度刻印されたら消えないもので本を閉じようが消そうが関係なく爆発するまでそのままです。

クロロが今まで能力の説明をしていたのは、
挑発しているわけではなく100%自分が勝つことをわかっているからでした。

それでもやるのかと問いに「勿論」とヒソカが答えると「人とは本当に面白いな」と言いながら戦闘に入ります。
kkoh
クロロは観客席へ行き、ヒソカが距離をつめるとアンテナを刺して観客を操作して死角を作って来ます。

能力である転校生で誰かと入れ替わり潜伏するというのは面倒だなとヒソカも感じました。

クロロがわざわざ場所を天空闘技場に選んだのもその利点があるからでした。

ここまでがハンターハンター352話のあらすじのネタバレでした。

ハンターハンター352話の感想

相変わらずハンターハンターのセリフが多い(笑)
とっても面白いので全然構いませんがようやく説明も終わって、あとはお互いの駆け引きでの戦いが行われるということでこれからが本当の楽しみですね。

ヒソカにとっても相手の思惑を潰すことに生きがいを感じると、今回のクロロの作戦もしっかりと分析しながら戦っていますがクロロはヒソカに対してはしっかりとした対策があるようで次が楽しみで仕方ないですね。

たった1戦ですが、
新たな能力のオンパレードで正直ついていけないという感じがするのですがヒソカに対して圧倒的な自信を持つクロロがどのように能力を使ってくるのか楽しみに見ていきましょう。

ハンターハンター352話の感想でした。

最後に

ついにクロロのすべての能力の説明が終わり、ヒソカとの本当の戦いが始まりました。

ヒソカにとっても待ちに待った戦いということですが、クロロはヒソカに対してしっかりと対策をしてきているようですしどんな戦いになるのか楽しみですね。

続きを楽しみにしましょう。
⇒353話はこちら

シロップ
最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ漫画ゲーム大好きで、いろいろな人が気になっているんじゃないかという話題を取り上げています。参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。