ハンターハンター351話のあらすじやネタバレ!読んだ感想も

ハンターハンターの351話がやってきました。
連載再開から2話目ということで、どんどんこのまま更新していって欲しいですね。

いつまで続くかはわかっていませんが、奥さんが手伝っているんじゃないかとも噂になっているのですが無理はしない程度にぜひ続けて欲しいですね♪

350話を振り返ると、
クラピカは王の護衛の募集にメンバーを揃えて応募して、狙いである王子NO.4へ近づけるように画策します。
hgkgjkh⇒ハンターハンター350話のあらすじやネタバレ!読んだ感想も

そして無事みんな王の護衛に付きましたね。

ここからはあらすじをネタバレで書いていきますので、ネタバレが嫌いという人はご注意ください。

感想なども書いていきますので良ければ見てくださいね。

ハンターハンター351話「死闘」。
さっそくいってみましょう。

スポンサーリンク

ハンターハンター351話のあらすじのネタバレ

天空闘技場にてある2人が戦いを繰り広げようとしていました。

休みがちの死神が戻ってきたという実況で紹介されたのはヒソカ、そして新たにフロアマスターとして初の試合を迎えると紹介されたのはなんとクロロ。
jjijiji
ついにヒソカの願いが叶い、そしてクロロもデスマッチを提案しました。

そしていきなり試合開始で使ったのは、
携帯する他人の運命【ブラックボイス】
これは旅団のメンバーである操作系の能力でしたね。

ヒソカとのバトルをさけていたのは能力の数を揃える時間を作るためだったようです。

そしてその能力で審判にアンテナを刺してヒソカを襲わせます。

審判の後ろに隠れるようにして、ヒソカに迫ってヒソカにもう一本アンテナを刺そうとします。

アンテナを刺されてしまえば、いかにヒソカと言えど抵抗不能の負けとなります。

なんとかヒソカも応戦するのですが、いきなり審判の体が爆発します。

驚いたことにクロロにはもう一つの能力が発動していました。

番いの破壊者【サンアンドムーン】
両手を使い、両手の刻印が触れ合うと爆発する能力だと言います。

さらに、
栞のテーマ【ダブルフェイス】
本を閉じていても奪った能力を使えるようになっていました。

もともと右手で使う能力である「盗賊の極意【スキルハンター】」でしたが、両手を開けないと使えない能力を盗んだことで調整することになり、両手が空いた状態でさらに能力が使えるようになっていました。

さらにそれを踏まえてあと3つ能力を紹介すると言います。

ヒソカを舐めているわけでもなく、勝ちにも拘っていると話すクロロは、ヒソカに自分の手札を見せても勝負するのかよく考えろと言い聞かせます。

果たしてクロロはどういうつもりなのか?
そしてヒソカはそれに対して果たして勝負できるのか?

ここまでがハンターハンター351話のあらすじのネタバレです。

ハンターハンター351話の感想

ようやく2人の戦いが見られますね。
これって過去の話でしたっけ?
確かアルカのときにはヒソカとクロロは戦っていたというのをイルミと話していたような気がしますが?

だとヒソカの勝利ってことなのかな?
それとも関係ない今現在の話なんでしょうか?

それとは別にクロロがたくさん能力を披露しようとしていますが、その狙いがちょっとよくわかりませんね。

とにかくさらに強くなっているというのはわかりますが、以前ヒソカがカストロと戦ったときにメモリの話をしていましたので、それだけの能力を使うのにもやはり限界があるのではないかと予想しています。

まだこれからという感じで終わっているので、
早く続きが読みたいですね。

これが過去の話ならヒソカが勝つのだと思いますが、決着は結局着かなかったという可能性も十分考えられますね。

ていうかヒソカには苗字があったんですね(笑)
モロウかな?モローかな?
詳しくはまた明かされるかもしれませんね。

ハンターハンター351話の感想でした。

最後に

ハンターハンターはやっぱり面白いですね♪
戦いでこれだけの文章がたくさん出てきて、ワクワクする内容というのはすごいです。

そして描かれることになったヒソカ対クロロということで、楽しみですね。

続きを楽しみにしましょう。
⇒352話はこちら

シロップ
最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ漫画ゲーム大好きで、いろいろな人が気になっているんじゃないかという話題を取り上げています。参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。