見たい夢を見る方法やコントロールするには?夢を見る人の特徴も

布団に入った後、誰もが主役になれるのが夢ですが、いつも見たい夢を見ている訳ではないですよね?

時には怖い夢や嫌な夢を見るということもあります。でも、せっかく夢を見るなら、自分が見たい夢が良いですよね。

自分だけの世界観を味わえるのが夢の良いところです。

それだけに、自分で夢をコントロールできる方法があるとしたら、良いと思いませんか?

実は自分で夢をコントロールすることができる人がいるようなのです。

しかも、何も特別なことではなく、誰でもできることをするだけです。ちょっと試してみたくなりますよね?

今回は見たい夢を見る方法やコントロールするにはどうしたら良いのかや、夢を見る人にはどんな特徴があるのかなど気になったので調べてみました。良ければ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

自覚すれば、夢をコントロールできる?

一般的に夢は脳が情報整理をしている時間と言われています。

もちろん、これが正しいとは言えません。
むしろ、夢については分かっていないことの方が多いと言えます。

ですが、見たい夢を見るために、
自分で夢の内容をコントロールする方法はいくつかあります。

その中でも、夢を見ている時に「これは夢だ」と自覚することが見たい夢を見れるようになるためには最も良い方法だと言われています。
figure_ta-da
夢であることを自覚する状態を「明晰夢」と呼びますが、この状態になると、起きている時と同じように考えた通りに夢をコントロールすることが可能になるというのです。

ですが、科学的根拠がないため、明晰夢を見るための方法は多くの方の経験則になります。その点だけは納得しておいてください。

この明晰夢を見ることができるようになるには、現実に近い状態で夢を見ることが良いとされています。

やり方はとても簡単です。
次の方法を試してみましょう。
・布団に入った後、眠る時と同じように目を閉じます。
・半分眠り始めた時に、一度起きようとします。
・現実であることを確認したら、再度眠ります。
・これを数日間繰り返して、意識を保ったままで夢を見るようにしていきます。
このような方法を繰り返していると、自分で夢に入った瞬間を自覚できるようになります。

すると、見たい夢を思い描くだけで、夢の内容をコントロールすることができます。

こちらは霊能者が勧める見たい夢を見る方法ですが、少し難しいかも知れません。そこで、もう少し簡単な方法を紹介しましょう。

イメージを脳に焼きつけよう
オーソドックスな方法ですが、見たい夢のことを布団に入ってから考えるという方法があります。

つまり、脳に見たい夢の内容を印象づけることで、夢をコントロールしていく方法です。

これは脳が寝ている間に情報整理をしているということをヒントに考えられた方法です。実行する時は、脳の処理能力を万全に引き出すためにリラックスすることを心がけましょう。

眠る前にお風呂に入ったり、アロマや音楽を聞いてリラックスしたりすることが良いと思います。

夢の記録を取ろう
夢を意識するようになると、見たい夢を見ることができることに近づきます。

これは眠る前に見たい夢をイメージすることに近いと言えます。

最も効果的な方法としては、夢の内容を記録しておくことです。

そして、眠る前にイメージした夢の内容も併せて記録しておけば、イメージと実際の夢のズレが分かりますよね。そうすることで、徐々にイメージした通りの夢に近づいていけるのです。

もちろん、記録しなくても記憶しているだけでも効果はあります。そういう努力をすることから始めることが大切です。

また、記録したり、記憶したりしておけば、脳に強くイメージを残せます。そのイメージを脳が夢の内容として再現する可能性が高くなるため、普段から見たい夢のことを考えておくという方法も効果があります。

例えば起きたらすぐに見た夢の内容を忘れないうちに日記に書いてしまうとか、友達も誘って実際に見た夢の内容をお互いに言い合ったりして見たい夢を意識していくことなどが挙げられます。

夢を見る人には特徴があるの?

いくつか方法を紹介しましたが、夢を見ないという人にはどうしようもないですよね。

ですが、夢を全く見ないというのは、実は思い込みです。人は必ず夢を見ているものなのです。

なので実際には夢を見る人には特徴はありません。

また、夢を見ることが精神的な安定には必要であると主張する心理学者がいるように、夢を見ないというのは考えられないことなんです。

では、どうして夢を見ない人がいるのでしょうか?

夢は脳が情報整理をしていると考えられているという話をしましたが、ここに関係があると思われます。
suimin_nonrem
つまり、夢は脳が情報を整理している過程の部分的な内容であり、一時的な物であると推測できます。

ですから、それを脳が記憶することは無駄と言える訳です。

それよりも整理が終わった情報の方が大切なため、夢は忘れて良いという判断になり、夢を見終わった途端に忘れる方がいる訳です。

要するに、夢を見ない人は夢を見ていない訳ではなく、見た夢を忘れているだけなのです。

夢を見る人に特徴があるわけではなく、夢を見ているのを覚えているかどうかが問題なわけです。

どんな時に夢を見ているの?

人間の睡眠には「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」があります。

これを交互に繰り返していますが、夢を見るのは浅い眠りである「レム睡眠」の時と言われています。

そして、このレム睡眠の間に夢を見るということから、レム睡眠の最中に目覚めると、夢を記憶している可能性が高いと言えます。

ですから、夢を見る人に共通する特徴があるとすれば、レム睡眠の最中に目覚めているのではないかと推測できます。

同様に、ノンレム睡眠の時に目覚ましなどで起こされたり、レム睡眠が終わった時に起きたりしている方は、夢を見た記憶がないため、夢を見ないと思ってしまうと言えます。

いろいろ試してみて、自分のレム催眠の時間がいつなのか把握することも大切なことだと思います。

まとめ

見たい夢を見る方法としては、夢であることを自覚する明晰夢を見ることができるようになることが最も効果が高いと言えます。

それ以外にも、見たい夢のイメージを脳に強く焼きつけたり、夢を記録しておいたりすることも効果があります。

いずれにしても、夢を見ない人はいないので、色々な方法を試してみましょう。

いくつも試していれば、夢の内容をコントロールする方法も身につくかも知れませんよ。

大事なのは見たい夢をコントロールできるという意識を持って、見たい夢を強くイメージしていくことですね。

ぜひ今日からやってみましょう♪

シロップ

最後まで読んでいただきありがとうございます。
アニメ漫画ゲーム大好きで、いろいろな人が気になっているんじゃないかという話題を取り上げています。参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。